FC2ブログ
http://payanpu.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

paya

Author:paya
野山に出かけて花を愛でるのが大好きな一家です。

訪問者

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

シロモジ クスノキ科 落葉低木 本州の中部地方以西~九州に分布
31シロモジ 実1
山道を歩いていると花の様な格好の実が落ちているのを見つけて
上を向くと、こんな実が樹に沢山付いています。
果皮が剥けて、花びらのよう。

よく見ると、樹に偏った付き方をしています。
後ろから覗いてみるとこんな感じでした。
30シロモジ 実2
横から裂けてくるから、偏った所で樹に付いていたのですね
4月頃、淡い黄色い小さな花がつきます。

名前の由来は、花がクロモジに似ているので
その対比でこの名前が付いたそうです。


ミヤマシキミ ミカン科 常緑小低木 本州の関東以西、四国、九州に分布
32ミヤマシキミ 実1013 雁俣山
3月~5月に白い小さな花を付けます。
下の写真はまだ蕾の方が多いので赤っぽいですが・・・。
33ミヤマシキミ 花331
去年の12月の末、冬枯れの国見山を登山中に
雪が降ってきて、白と赤と緑のコントラストがとても綺麗でした。
34ミヤマシキミ 実1223 国見山


次はさて・・・これは・・・・どんぐり?
直径3~4㎝くらいの大きさです。
ブナ科の・・・・何の樹かしら
35ナラメイガフシ914
『どんぐり』で検索しても似たような実が無く、
さんざん探していたら
『実』ではなく、虫が『芽』に寄生してできた
コナラメイガフシという虫えい(ちゅうえい、虫こぶ)とのこと。
中にはナライガタマバチの幼虫が棲んでいるらしいです。

虫の寄生などの刺激により
植物の葉や茎などが異常成長し、
特殊な形状になったものらしいのですが・・・

虫えいといえば、今まで気持ち悪いイメージしかなかったけど
この形はきれいでビックリでした
スポンサーサイト



 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2020 ぱやんぷ一家参上, all rights reserved.