FC2ブログ
http://payanpu.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

paya

Author:paya
野山に出かけて花を愛でるのが大好きな一家です。

訪問者

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

2013.10.27/ 23:56(Sun)
年に1~2回(場所によっては1回)、
春と秋に装飾古墳が公開されるということで、
去年、初めて行ってみたのですが、
全然知識が無くても、現地で説明していただけるので、
結構面白くて、今回は違うヶ所に行ってみました。

先ずは、山鹿市鹿央町にある装飾古墳館を目指して出発
ここにある、横山古墳を見学。
6世紀後半のもの。
『双脚輪状文(そうきゃくりんじょうもん)』という
模様が描いてありました。
元々は、植木町にあったそうですが、
新幹線工事に伴い、こちらに移設されたそうです。

次にチブサン古墳(国史跡)へ。6世紀ころのもの。
チブサン古墳1
ここは有名なので、団体さんも見学に来られていました。
写真は撮影禁止なので、外にあったレプリカですが、
内部はこんな感じです。
チブサン古墳2
目玉みたいな模様が女性の乳房にも見えるので、
「チブサ」の古墳ってことで「チブサン古墳」と呼ばれるようです。

次の町への移動の途中にあった、
鍋田横穴群(国史跡)にちょっと寄ってきました。
ここはいつでも自由に見学できます。
鍋田古墳1
こんな風に61基あって、そのうちの16基に装飾があるそうです。
鍋田古墳4
靫(ゆき 矢を入れる道具)を描いてあるのかな?
鍋田古墳2
人も、弓も描いてあるようです。
子供の落書きみたいですけど、ちゃんと昔の人が彫った装飾だそうです。
7世紀頃のものです。
鍋田古墳3
穴の大きさはそんなに大きくないです。
中の様子も覗けます。
鍋田古墳6

次は、和水町の肥後民家村の所にある、塚坊主古墳(国史跡)へ。
塚坊主古墳2
写真が不鮮明で判り難いですが、
円や、三角、菱形の模様が描いてあります。
(白い『人』の字の様なものは、水が滲みたかなにかで、模様ではありません)
塚坊主古墳1
6世紀前半のものだそうです。

上に樹が生えていますが、江田船山古墳(国史跡)です。
塚坊主古墳と同じ所にあります。
江田船山古墳1
5世紀後半の古墳です。
扉はありますが、開けると電気のスイッチがあるので、
いつでも見学できるようです。
江田船山古墳2
ここの出土品は、歴史の教科書にも出てくるくらいの品物です。

次につく前に、またちょっと寄り道して、玉名市の
青木磨崖梵字群(あおきまがいぼんじぐん)を観てきました。
青木梵字2
神社の横の岩壁に彫ってありました。
青木梵字1
青木梵字3
鎌倉時代後期に彫られたもので、20ほどあるそうです。
崩れているものもあります。
青木梵字4

次は、玉名市にある永安寺東古墳(国史跡)です。
向かって右の小さい方です。
左の大きい方は、永安寺西古墳で公開はされていません。
永安寺東古墳1
保存整備される以前は、入り口部分がむき出し状態だったそうです。
永安寺東古墳2
6世紀後半のもの。赤い三角模様がはっきりと見えます。
永安寺東古墳3

最後は、永安寺東古墳のすぐそばにある大坊古墳(国史跡)です。
6世紀前半~中頃
大坊古墳3
赤や黒などで円や三角を描いてありました。
大坊古墳1
出土品の一部は玉名市立歴史博物館「こころピア」に展示してあるそうです。
大坊古墳2

時間があったので、ついでにもう一か所
熊本市植木町の田原坂にも行ってきました。
田原坂3
西南の役の激戦地です。
ジオラマが作ってありました。
田原坂1
友人が植木町の出身なのですが、
以前「今でも(約30年前の話しです)
 畑から鉄砲の弾がでてくる」と言ってたように記憶してます。
田原坂2
今は公園化されて、大変な戦いがおこなわれた場所だと
信じられないくらいです。
スポンサーサイト



 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2019 ぱやんぷ一家参上, all rights reserved.