http://payanpu.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

paya

Author:paya
野山に出かけて花を愛でるのが大好きな一家です。

訪問者

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
2017.01.31/ 22:19(Tue)
去年の一番最後に会ったのは、このお花でした。


マルバテイショウソウ(丸葉禎祥草)  キク科モミジハグマ属
四国(高知県)、九州(中部以南)に分布  花期 11~12月
低山地の林下や林縁に生える多年草です
1マルバテイショウソウ57

「葉は、若い時は葉柄とともに汚白黄色の長い軟毛が密に生えているが、
 伸びると上面はふちに褐色のくま取りを残して淡緑色の光沢に富むようになる」
2マルバテイショウソウ2-3-3
夏に小さな蕾を付けた花茎が上がってきていました

「葉は長柄があり、葉柄は長さ4~9cm 褐色の長い軟毛を密生し、葉身は卵形、
 長さ5~10cm、円頭、基部は深く心形、全縁または微凸があり、両面に密に褐色毛がある」
3マルバテイショウソウ122-4-63

「花茎は30~60cmで、密に褐色毛がある。
 頭花は穂状につき、側~下向きに咲き、幅1cm、花柄は2mm」
4マルバテイショウソウ37-49-103-42-115
「小花は頭花あたり3個で白色。花冠は5裂して先はねじれ、長さ12~13mm、筒部は6.5mm
 総苞はやせた筒状で長さ7~17mm」
5マルバテイショウソウ51
キッコウハグマとお仲間で、丈は比べ物にならないくらい大きいものもありますが、
お花は(マルバテイショウソウの方がやや大きめだけど)小さくてよく似ていました。

「そう果は倒披針形で少し扁平、長さ5mmでねた褐色毛がある。
 冠毛は淡褐色、長さ8~10mm、絹状の光沢がある。」
6マルバテイショウソウ72-84
右の写真は、多分、閉鎖花だと思います。
12月11日撮影

葉を発見してから足掛け2年、ようやく花に会うことができました


参考文献
『日本の野性植物 草本Ⅲ 合弁花類』平凡社 2000年
『新牧野日本植物図鑑』北隆館 平成20年
『九州の野の花』西日本新聞社 1997年
『レッドデータプランツ』山と渓谷社 2003年
『野草検索図鑑 2 双子葉の野草Ⅰ』学習研究社 1985年
スポンサーサイト
 
編集[管理者用] Trackback(0) 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ぱやんぷ一家参上, all rights reserved.
まとめ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。