http://payanpu.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

paya

Author:paya
野山に出かけて花を愛でるのが大好きな一家です。

訪問者

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
2017.01.07/ 22:21(Sat)
古いネタですが・・・昨年の10月に会ったお花です。

まだ去年に会ったお花が残っていますので、
えっちらおっちらとアップしていきたいと思いますです


昨年の10月の記事「気になった木2」でボンテンカをご紹介したのですが、
こちらはよく似ていて、オオバボンテンカといいます。


オオバボンテンカ(大葉梵天花)  アオイ科ボンテンカ属
九州(南部、屋久島、種子島、奄美大島)に分布  花期 夏~秋
道ばたや空き地などに生える小低木です
1オオバボンテンカ1

茎は直立(けっこう斜上していますが・・・)して分枝し、高さ50cm~200cmになります
3オオバボンテンカ28

葉は互生し、長さ3~10cmの柄があります
2オオバボンテンカ3-2
葉は広卵形、またはほぼ円形で、多少角ばり、
浅く3~5裂するか、または分裂せず、長さ4~5cm、幅4~8cm
上面は星状毛が散生し、裏面には星状毛が密生、ときに散生する。裂片は3角形、鋭頭または鈍頭
オオバボンテンカ3-6
葉裏の写真が無かったので、どちらも表面です

花は葉腋に1個または数個が束生してつき、長さ5mmほどの有毛の柄をもつ
オオバボンテンカ9-12-13
がくは5裂し、裂片は三角状披針形で、長さ約5mm  花の径は2.5cmほどでした

雄ずいと花柱は筒状に合生しています。
4オオバボンテンカ7-8
拡大してみると、袋の様な葯が割れて、中からピンク色の花粉が顔を出していて、
先端にはイソギンチャクみたいな形の柱頭がありました。

花弁は5個あり、淡紅色で三角状倒卵形または倒卵形で、長さ5~6mmになり下部で合着
5オオバボンテンカ14-12-18
蝶が蜜を吸いに来ていました。
セセリチョウのとまっている場所が花には都合がいいみたいで、足には花粉がついています。
シジミチョウのとまり方だと、蜜を持って行かれ損かも?

さく果はほぼ球形で5つの分果よりなり、全面にかぎ状の剛毛がやや密に生えている
種子は腎形、長さ約4mm、灰褐色をなす
6オオバボンテンカ4-5-5
奇麗なピンク色でしょ 可愛かったです
7オオバボンテンカ27
10月28日鹿児島県にて撮影

ボンテンカの名前の由来は、
「梵天花はインドの花の意味で名付けられたのであろう」とのことです。


参考文献
『原色日本植物図鑑・木本編Ⅰ』保育社 昭和54年  『新牧野日本植物図鑑』北隆館 平成20年
『新日本植物誌顕花編』至文堂 平成4年  『九州の野の花』西日本新聞社 1997年
スポンサーサイト
 
Genre: 趣味・実用 Theme: 散策・自然観察 Category: 樹木
編集[管理者用] Trackback(0) 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ぱやんぷ一家参上, all rights reserved.
まとめ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。