http://payanpu.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

paya

Author:paya
野山に出かけて花を愛でるのが大好きな一家です。

訪問者

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
ま~だ9月に会ったお花のつづきです。
今年の花や山が、今年中に終わる気がしなくなってきました・・・いや、もう確定です


ミカワタヌキモ(三河狸藻)  タヌキモ科タヌキモ属  
本州(関東~近畿地方)、九州、沖縄に分布  花期 8~9月
浅水中に生える水生の食虫植物で多年草です
ミカワタヌキモ129
タヌキモとミミカキグサの中間的な生活様式を持つ多年草だそうです

水面すれすれの泥上を匍匐して、捕虫囊をつけた地中葉で固着
ミカワタヌキモ18-54
写りがかなり悪いですが、右肩の写真に捕虫囊が見れます

高さ5~8cmの花軸を水上に出して、径5~6mmの黄色い花を咲かせます。
ミカワタヌキモ44-123
花後ほとんど生長しないそうです

萼は長さ約2mmで、巨は前向き、下唇と同長か、またはやや長い
ミカワタヌキモ35-39-16-25
別名イトタヌキモ



ヒメタヌキモ(姫狸藻)  タヌキモ科タヌキモ属
北海道、本州、四国、九州に分布  花期 8~9月
浅い古池に生える水生の食虫植物で多年草です
ヒメタヌキモ12-4
水をはじくようにして花茎と花が水面に浮いていました。
花はごくまれにしか咲かないそうで、自生地の管理の方にラッキーだったと言われました。

もや~っと藻の様に見えているのはヒメタヌキモの葉や茎、捕虫囊などです。

ミカワタヌキモは、越冬芽をつくらない南方系の種で、
ヒメタヌキモは、冬、越冬芽をつくって本体は枯れるそうです。



ミカワタヌキモを食べている青虫がいました。
ミカワタヌキモ124
虫を食べる植物を食べる虫もいるんですねぇ
スポンサーサイト
 
編集[管理者用] Trackback(0) 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ぱやんぷ一家参上, all rights reserved.
まとめ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。