http://payanpu.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

paya

Author:paya
野山に出かけて花を愛でるのが大好きな一家です。

訪問者

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
今年は色々な所でハスノハカズラを見かけたのですが
鹿児島で、偶然よく似ているミヤコジマツヅラフジにも会えました。

最初はミヤコジマツヅラフジの存在も知らず
「なんかこの前見たハスノハカズラと感じが違う・・・?」だったのですが

車に戻ってから図鑑を見て
「しまった!もっとよく写真を撮って来るんだった」後悔先に立たずでした。

「またハスノハカズラがあった~」と適当にしか撮影してこなかったのですが、
一応並べてみますです


先ずは其々を・・・

ハスノハカズラ(蓮の葉葛)  ツヅラフジ科ハスノハカズラ属
本州(神奈川県以西)、四国、九州、沖縄に分布  花期 7~9月
海岸に近い山地、低地の道端、林縁などに生える常緑のつる性の木です
1ハスノハカズラ8-3
低地ではないのですが、熊本県内では内陸の石灰岩の山の下や、福岡県では平尾台で、
宮崎県では海にそんなに近くない山の登山口近くなどでも見かけました。


ミヤコジマツヅラフジ(宮古島葛藤)  ツヅラフジ科ミヤコジマツヅラフジ属
本州(近畿地方南部、中国地方西部)、四国、九州、沖縄に分布  花期 8~10月
暖地の海岸林に生えるつる性の木です
2ミヤコジマツヅラフジ24

ミヤコジマツヅラフジをハスノハカズラだと思ってしまったのは、葉のつくりが似ているからです。

こんな感じで葉の柄が縁からでは無く、ハスみたいに面から出ています。 
こういう出かたを『盾状』というそうです。
6ハス62ミヤコ2

表から見るとこんな具合です。
4ハス61ミヤコ18
上は葉の大きさを同じくらいの写真にしていますが、本当は大きさの比的にはこの位の差があります。
5ハス61ミヤコ1
実物大では無いですよ・・・
ハスノハカズラは大きいものでは、手のひらから大きくはみ出るくらいの横幅があります。

裏面の毛の様子です。
7ハス9ミヤコ21
ミヤコジマツヅラフジをハスノハカズラだと勘違いした時には全く気付きませんでしたが、
こうして比べると、結構毛深いです。    ハスノハカズラは、全体に無毛です。

ハスノハカズラも下の写真みたいに雫の様な形ばかりなら見間違うことは無かったのでしょうけど、
同じ株の中でも葉の形には多少の違いがありますので、てっきりそうだと思い込んでしまったのでした
3ハス13ミヤコ23

よ~く見ると、葉の端から柄が付いている所までの長さの割合が違います。
8ハス61ミヤコ18
裏からが分かり易いのでしょうけど・・・なにしろろくな写真がないのです


ハスノハカズラ
  葉柄は盾状に付く
  葉は三角状卵形、長さ4~12cm、幅3~10cm
  鈍頭で、裏面はやや白色を帯びる


ミヤコジマツヅラフジ
  葉柄はやや盾状に付く
  葉は三角状心形、長さ幅ともに3~9cm
  基部は通常やや心形となり、
  表面はまばらに毛があり、裏面は若い時には軟毛がある

『ハスノハカズラとミヤコジマツヅラフジ』次回は花と実です
スポンサーサイト
 
編集[管理者用] Trackback(0) 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ぱやんぷ一家参上, all rights reserved.
まとめ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。