http://payanpu.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

paya

Author:paya
野山に出かけて花を愛でるのが大好きな一家です。

訪問者

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
9月に宮崎県にこのお花に会いに行ってきました。

10日だったので、まだちょっと早いのでは?とも思ったのですが、咲いていてくれましたよ~


キバナノツキヌキホトトギス(黄花の突抜杜鵑草)  ユリ科ホトトギス属
山地の常緑樹林内の崖に生える多年草です
九州(宮崎県尾鈴山)  花期 9~10月
1キバナノツキヌキホトトギス37
尾鈴山の固有種で、崖の岩などに下垂して生えます

黄色の花が葉腋から1~2こずつ出て、上向きに咲きます
2キバナノツキヌキホトトギス11-25
花被片は斜めに開き、長さ20~25mm

茎は長さ50~90m 無毛 上部は屈曲し、節間は短い
3キバナノツキヌキホトトギス34-44-21-22
葉も両面無毛で、左右2列に並び、披針形、長さ8~17cm 鋭尖頭で、
基部は茎を抱いて合着し、茎は葉の下部を突き抜けています

花柄は花より短く、曲がっていて、腺毛が密生します
4キバナノツキヌキホトトギス15-24
外花被片の下部にも腺毛があり、基部は円形に膨らみがあります

雄ずいは6、花糸は花被と同長で無毛
5キバナノツキヌキホトトギス27-17
花柱は花被と同長で、3裂し、裂片には腺状突起があり、先は2裂します

6キバナノツキヌキホトトギス40

歩道は山蛭が多くて、しょっちゅう立ち止まってチェックしなければなりませんでした。

開けた日が当たる場所だろうが何だろうが、何回チェックしても必ずくっ付いているんですよ

怖くて、ここでゆっくり昼食なんてとんでもなく、写真もおちおち撮っていられないくらいでした。

でも・・・盗掘ヤローから希少なこの花を守ってくれているのかなぁ・・・なんてことも思いました
スポンサーサイト
 
編集[管理者用] Trackback(0) 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ぱやんぷ一家参上, all rights reserved.
まとめ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。