http://payanpu.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

paya

Author:paya
野山に出かけて花を愛でるのが大好きな一家です。

訪問者

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
2016.10.22/ 00:00(Sat)
鳥取県で大きな地震がありましたね。
熊本地震の揺れを思い出して心臓がざわざわとしました。

不安な夜を過ごしていらっしゃる方が沢山いらっしゃると思うと胸が苦しくなります。
暫くは頻繁に揺れが来るかと思います・・・用心されて下さいね。
どうか、これ以上の被害が出ませんように・・・。



今回のお花は9月に会いましたが、カテゴリを『10月に会った花』にしています。
24日に会って、まだ蕾だったので、10月の初め頃が見頃ではないかな・・・と。


ハチジョウシュスラン(八丈繻子蘭)  ラン科シュスラン属
本州(岩手県、関東地方南部)、四国、九州、沖縄に分布  花期 9~11月
常緑広葉樹林の林内に生える多年草です
ハチジョウシュスラン31

9月10日頃、宮崎県の林縁で出会いました。
ハチジョウシュスラン13-20-6
たまたま数日前に図鑑で写真を見ていて、この花に会ってみたいよ~ん・・・と思っていたところ
何気に通った道で、何気に見たらあった! という具合でして、とってもラッキーでした

でも、まだ蕾も蕾。 またここに花を見に来るには遠すぎる・・・と諦めていたら、
今度は鹿児島県で会えました。

まさか生えているとは思いもしなかっただけに、よけいに嬉しい ・・・まぁここも蕾だったけれど・・・。

少し開き加減の花があったので、写真右上に拡大してみました。 なんだかヒヨコみたいです
ハチジョウシュスラン33-14-13
茎は匍匐して上部は立ち上がり、開花時の高さ10~20cm 
花柄には毛が生え、小型の花を密生し多数つけます。

花は緑色を帯びた背萼片と、白色でやや紅色を帯びた側花弁とで兜状になり長さ4mm
唇弁は広卵形で基部は胞状にふくれ、淡黄色
(花の色は、汚れた白色とも書いてあります)

苞は線状披針形で縁に毛があり、鋭尖頭

葉身は長さ3~4cm 幅2~3cmの卵形を3~4枚つけ、中脈に白色の帯状の斑が入る

ハチジョウシュスラン29-4-7-9

変種が多いそうで、

オオシマシュスラン・・・・・葉に模様が無く、暗緑色の物
                (伊豆大島)

カゴメラン・・・・・・・・・・・・・葉の表面に脈に沿って網目状の白い模様が入る物
                関東地方、九州(壱岐、南部)、種子島、屋久島、奄美大島、沖縄


ヤクシマシュスラン・・・・・ハチジョウシュスランのように葉の表に白斑があるが、よりやや長め
                花は紅赤色で、唇弁の胞状にふくれた部分が白色
                九州南部、屋久島

シライトシュスラン・・・・・葉の中脈に細い1白条がある  唇弁の舷部および距が細長い
               屋久島


葉の模様とか形とか、産地とか、色とか見分けるポイントはあるようですが、
実ははっきりどれなのか、素人の私にはよくわかりません

多分、ハチジョウシュスランなのではなかろうかと・・・いうことで・・・
スポンサーサイト
 
編集[管理者用] Trackback(0) 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ぱやんぷ一家参上, all rights reserved.
まとめ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。