http://payanpu.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

paya

Author:paya
野山に出かけて花を愛でるのが大好きな一家です。

訪問者

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
2016.09.28/ 21:57(Wed)
8月後半に会ったお花です。

コウリンギク(紅輪菊)  キク科キオン属
(Wikipediaには「今は別属とされることが多い」として
 「Jacobaea属」(日本語ではわかりません)と書いてありました)
九州(大分県)に分布  花期 8~10月
山地の湿り気のある草原に生える多年草です
コウリンギク78

根出葉は開花時に枯れ、茎には多数の葉が付き、
中部の葉は卵状長楕円形、または長楕円形で、
柄は無く、長さ8~10cm、幅4~6cm
羽状深裂し、裂片は2~6対ほどで、欠刻(切れ込み)がある。
コウリンギク11-16-25-23
茎には縦にすじがあり、写真の茎には写っていませんが、
部分によって多少の差がありますが蜘蛛毛が生えています。
葉裏にも少し蜘蛛毛がみられました。

頭花は径2~2.5cmで、黄色。 多数散房状につく
舌状花冠は長さ15mm、幅3mm
コウリンギク8-55-73
総苞は半球形で長さ6mm
基部に線状披針形で長さ3~5mmの多数の小苞片がある。
総苞の付け根にも蜘蛛毛がありました。

茎は高さ65~160cm 上部で分枝します。
コウリンギク6-54

大陸系遺存植物だそうです。

同じく最後の氷河期に九州に南下した植物に、
名前の似た「タカネコウリンギク(高嶺紅輪菊)」があり、大分県と熊本県に分布します。

タカネコウリンギク(高嶺紅輪菊)  キク科コウリンカ属
九州(大分県、熊本県)に分布  花期 8月のお盆頃
山地の草原に生える多年草です
タカネコウリンギク16-31

名前は似ていますが、花の色、反り返った咲き方、葉の形の何れも似ていません
スポンサーサイト
 
編集[管理者用] Trackback(0) 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ぱやんぷ一家参上, all rights reserved.
まとめ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。