http://payanpu.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

paya

Author:paya
野山に出かけて花を愛でるのが大好きな一家です。

訪問者

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
2016.06.28/ 21:44(Tue)
5月の末、隣の県の薄暗い森の中を散策中に出合いました。
(会ったのは5月ですが、まだ咲き始めだったのでカテゴリは6月にしています)

クモキリソウかな?と思ったのですが、
帰ってからよくよく手持ちのクモキリソウの写真と見比べると、全然違う・・・

セイタカスズムシソウでした。

図鑑やネットの写真と雰囲気が違うので迷いましたが、
九州の人の写真はこの色と形なので大丈夫そう


セイタカスズムシソウ(背高鈴虫草)  ラン科クモキリソウ属
北海道、本州、四国、九州に分布  花期 6~7月
山地の林下に生える多年草です
1セイタカスズムシソウ2
花茎は高さ10~40cmで直立

唇弁はスズムシソウのように強くそり返らず、
倒卵形 円頭で微凸端 縁に細歯牙があり平坦 長さ7~9mm 幅4.5~5.5mm
2セイタカスズムシソウ12-17

淡緑色、または帯紫色の多数の花をまばらにつけます
3セイタカスズムシソウ33-4
花が下から上へ先進んでいくにつれて花茎は伸びます

葉は広楕円形で2個  鈍頭 基部はくさび形  長さ6~12cm  幅2.5~6cm
基部は鞘状の柄となる
4セイタカスズムシソウ55
スズムシソウに似るが、花茎の高さが高く、
花数は多いが形は小さく、まばらにみえる点も違いだそう。

他には、裏側に隠れた側萼片の先がスズムシソウより長く出ることだそうです。

スズムシソウの他に似たものに

  (フガクスズムシソウ 花期 5~6月
  樹上(主としてブナ)に着生し、高さ3~10cmで全体が極めて小さい
  唇弁が強く反り返る  唇弁に紫色が必ず出る)があるそうです。


葉を見てクモキリソウと勘違いしてしまったので、クモキリソウと
ついでに他のクモキリソウ属の花も、写真がある分はセイタカスズムシソウと一緒に並べてみました。
5クモ3-9セイタカ13コク37-78ジガ2
コクランは暗紫色が普通ですが、緑の個体もあるので一緒に並べてみました。
花期がほぼかぶるので、少し紛らわしいです。

他にササバランも似ていますが、生える場所が草原なので
まず間違えることはないかと・・・。
スポンサーサイト
 
編集[管理者用] Trackback(0) 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ぱやんぷ一家参上, all rights reserved.
まとめ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。