FC2ブログ
http://payanpu.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

paya

Author:paya
野山に出かけて花を愛でるのが大好きな一家です。

訪問者

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
2016.06.17/ 14:16(Fri)
前回の続きです。


フタリシズカ(二人静)  センリョウ科チャラン属(センリョウ属)
北海道、本州、四国、九州に分布  花期 4~6月
山地の林内に生える多年草です
フタリシズカ1-1-2
ヒトリシズカより花期が遅く、
この近くに生えていたヒトリシズカは下の写真のように実になっていました。


ヒトリシズカ(一人静)  センリョウ科チャラン属
北海道、本州、四国、九州に分布  花期 4~5月
山地の林内や草原に生える多年草です
ヒトリシズカ2-1
3月末~4月初め頃には、こんなお花が咲いていました→3月末~4月初めに会った花


ミヤマハコベ(深山繁縷)  ナデシコ科ハコベ属
北海道、本州、四国、九州に分布  花期 5~7月
山の渓流沿いや、やや湿った林内に生える多年草です
ミヤマハコベ27-5-3-12
ハコベに似ていますが、花は大きめです。
萼の裏や花柄に毛が生えています。茎には1列に並んだ毛が生えていました。


地震のこと6

深夜に本震がきた16日。
夜が明けて・・・電気の復旧は結構早くて、確か・・・朝には使えるようになっていたと思います。
(2ヶ月も経つと、記憶があやふやに )

我が家はすぐでしたが、益城の婆ちゃんのお隣は、前震から5日後に電気が復旧しました。
婆ちゃんちは、家がもうダメなので、その数日後、納屋の方に復旧しました。


食事は水道が使えないので、ご飯は炊けませんでしたが、
冷凍ご飯があったので困りませんでした。


ラップを、お皿やお椀に敷いたり。
これは、東日本大震災から学ばせていただいた知恵・・・助かりました。


一番困るのはトイレなのですが・・・買い置きしていた期限切れのペットボトルの水と、

我が家は、日頃から雨どいの下にバケツを置いておいて、
雨水をペットボトルに移して溜めて、花の水撒きに使っています。何本もそういうのがあったのと、
水道が復旧するまでに降った雨をまた溜めて、どうにかまかなえました。


後悔したことは、
水の期限が切れていたのを知っていたのに、新しく買わずにいたことと、
前震があった後、水道が使えるうちに
水を浴槽か、洗濯機にでも溜めておかなかったということ。


本震後の午前中、自転車で飲み物を買いに出かけましたが、
店はどこも開いていないし(前震後に開いていた店も閉まっていました)、
自販機も水とお茶はどれも売り切れでした。


その後、給水車に水を貰いに行きましたが、ポリタンクは持って無いし・・・
持ち帰れたのは期限切れのペットボトルが空になったものの分と、水筒2つ分。
(テレビでは容器も貰われていたのが映っていましたが、あれってどこの地域だったのかな・・・
 母ちゃんが貰いに行った給水車ではそういうのは無かったです)

無くなったら婆ちゃん家に行くついでに井戸水を貰って来たり。


復旧はかなり先だろうと半ば諦めていたのですが、
翌日の17日の夕方には水道が復旧していました。
(濁っているので飲食はできませんでしたが)トイレとシャワーが使えるようになりました。


風呂桶には、早速、今度こそもしもの為の水を溜めておきました。
(最近は、洗濯機の方に溜めていますが・・・)

我が家の断水は幸いにも2日間だけでしたが、
娘は前震から2週間水道が使えなかったので大変でした。

水は運ぶのも重たくて大変・・・
もし、マンションの上の方の階で、停電や故障でエレベーターが使えなかったら・・・
実際、そういう方は沢山いらっしゃったのではないかと思います。

次回につづきます。
スポンサーサイト
 
編集[管理者用] Trackback(0) 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2018 ぱやんぷ一家参上, all rights reserved.
まとめ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。