FC2ブログ
http://payanpu.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

paya

Author:paya
野山に出かけて花を愛でるのが大好きな一家です。

訪問者

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

前震から2週間が過ぎて、ようやく気持ちも少し落ち着いてきました。

まだ余震が毎日ありますし、就寝してからも毎晩余震が来るので
必ず目が覚めます。
倒壊するかも?という不安は未だに無くなりません。

それと・・・相変わらずいつも揺れている感覚も無くなりません。
頭の中がふわふわと揺れている感じと、足元が揺れている感じと、どちらもあります。

近所の建物の被害が少なかったスーパーでは、
豊富にあるわけではないんですけど
肉や魚などの生鮮食料品も手に入るようになりました。

普通の値段で売ってあるのが(当たり前と言えば当たり前なのでしょうけれど)嬉しいです。

娘夫婦の所も、ガスが一昨日から、水は昨日から使えるようになりました。



前震があった日、日中はとてもいい天気でした。
父ちゃんがたまたま休みだったので、朝から花散策に出かけていました。

お目当ての花までたどり着けなかったけど、
苔むした岩と新緑の奇麗な森でお弁当を食べながら、父ちゃんがしみじみと
「気持ちいいね~」と言っていたのが、遠い遠い昔のような気がします。
森4
森への途中の道は足場が元々ほぼ無かったので、今回の地震で行けなくなったかも・・・。


途中で会った、雪が載っかった様に花が咲いていた奇麗な樹です。
マルバアオダモ3
ネットで調べるとマルバアオダモという木らしいです。
マルバアオダモ5

マムシグサの団体さんも。
マムシグサ2
あ!マムシグサといえば、今年初のニョロさんにも、この日会ったのでした

夜、写真のデータをハードに保存し、
「次はどこに行こうか?」なんて話しをしていた時に、前震がきました。

強い揺れと停電と、暗い中、皿などが割れる音、
暫くして鳴りだした緊急地震速報の音・・・とても長く感じました。

電気はすぐに復旧したので、
食器棚から飛び出して割れた物を父ちゃんがさっさと片付けてくれて、
倒れた物を立て直して、掃除機かけて・・・

酒を飲んでいた父ちゃんを職場へ送るため、準備をしていると、
娘夫婦が1Km半程を歩いて我が家へやって来ました。

「こんな時は車は使ってはいけないから」と。
これから職場へ徒歩で向かうと言います。
娘の職場はそうでもないけど、娘婿が向かう先は遠いのに・・・


母ちゃんは父ちゃんを送って、婆ちゃん家の様子を見に行って、
また父ちゃんの職場へ・・・でも、今夜は帰れそうにもないとのこと。

独りで車中で眠れない夜を過ごしました。(明け方ちょっと寝ましたけどね)

一晩中鳴り止まないサイレンの音とヘリコプターの音・・・。
大きな揺れが何回もきました。

明け方、娘夫婦も、父ちゃんも(5Kmの道のりを)歩いて帰ってきて、
朝から3人とも通常の時間に出勤。
2週間前のことです。
長かった1日。長かった2週間でした。


前震も怖かったけど、本震はもっと怖かったです。
揺れの強さももっと大きくて、揺れている時間も長かったし、
それらプラス、裏切られた感も強かったので。
まさか2回も来るとは思わないですよね。

3回目も来るかもしれない・・・そう思っている人は私以外にもきっと多いでしょう。
まだまだ不安が拭えない日が続きますが、
収まるまでお互い用心しましょうとしか言えないです。

調理中に揺れたらすぐに火を止めるとか、
ストーブやファンヒーター等火を使うものを消すとか・・・

母ちゃんは余震が来る度に鳥籠を抱えてオロオロしていました。ダメだなぁ・・・。
2015年11月9日
ちなみに、オカメインコを2羽飼っていますが、予知能力は全く無しです。
揺れ始めると、母ちゃんと一緒に毎回驚いています
スポンサーサイト



 
Category: 未分類
編集[管理者用] Trackback(0) 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2020 ぱやんぷ一家参上, all rights reserved.