FC2ブログ
http://payanpu.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

paya

Author:paya
野山に出かけて花を愛でるのが大好きな一家です。

訪問者

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
どちらも4月の初めに会ったお花です。 (古いネタですみません )

コミヤマカタバミは、色々な山で何回か見かけていたのですが、
そっくりな、大きい葉を持つ花に会いました。


もしかするとミヤマカタバミ

ミヤマカタバミは、図鑑やネットでは分布に九州を書いていないものもありましたが、
分布域に載っているものもありました。


なので、多分ミヤマカタバミだろうということで、2種を並べてみます。

確信が無いので、ミヤマカタバミを御存じの方がいらっしゃったら
是非ご教授お願いいたします。


 (はっきりミヤマカタバミだと同定できていないので、
 写真にはコミヤマカタバミの名前だけ入れてあります)

お花のアップです。 ミヤマカタバミは花がよく開いていなかったのですが・・・
               左がコミヤマカタバミで、 右がミヤマカタバミです。
1コミヤマカタバミ7ミヤマカタバミ?2
花の形はとても似ていますが、ミヤマカタバミの方が大きかったです。

高さはコミヤマカタバミは下の写真の様に小さいです。
この個体の花茎は4cmないくらいでした。
2コミヤマカタバミ14-8
この写真では分かり難いですが、茎に苞というのがどちらの花にもあります。


もう一種、オオヤマカタバミというのが九州でも見られるらしいのですが、
そちらは苞が花の萼のすぐ下に付くそうです。


ミヤマカタバミの高さは12cm程ありました。
3ミヤマカタバミ?14-8-5


上はコミヤマカタバミで、下はミヤマカタバミの葉です。
4コミヤマカタバミ20ミヤマカタバミ?10

左のコミヤマカタバミの葉が明らかに小さく、形も微妙に違います。
5コミヤマカタバミ11-9
コミヤマカタバミの小葉の縁の方が丸みがあり、ミヤマカタバミの縁はやや鋭角ぎみに尖った形です。


毛の様子です。 
6コミヤマカタバミ17-18ミヤマカタバミ?14-24
大きいけど、ミヤマカタバミの毛の方が、滑らかそうなイメージかなぁ・・・
より密に生えているようです。
7コミヤマカタバミ19ミヤマカタバミ?24



コミヤマカタバミ(小深山傍食、小深山酢漿草、小深山片食) カタバミ科カタバミ属
北海道、本州、四国、九州に分布  花期 4~6月
亜高山の針葉樹林体付近の木陰に生える多年草
8コミヤマカタバミ21


ミヤマカタバミ(深山傍食、深山酢漿草、深山片食)  カタバミ科カタバミ属
本州、四国、九州に分布  花期 3~5月
山地の林内、木陰に生える多年草
9ミヤマカタバミ?3
別名エイザンカタバミ

花も似ていますが、名前も「コ」が付くか付かないかなので、読んでいて少々ややこしいですよね
スポンサーサイト
 
編集[管理者用] Trackback(0) 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2019 ぱやんぷ一家参上, all rights reserved.
まとめ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。