FC2ブログ
http://payanpu.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

paya

Author:paya
野山に出かけて花を愛でるのが大好きな一家です。

訪問者

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

2016.03.15/ 22:58(Tue)
1月31日には熊本県葦北郡芦北町にある笠山(かさやま 別名 牧山 567.3m)に登ってきました。

1笠山121

山頂近くに『雨ヲラビ岩』というのがあります。
2笠山76
下山後、木の伐採をされていた方に
「ヲラビ」ってどういう意味でしょうか?とお尋ねしました。

その方もご存じ無いようでしたが、
岩の上で、明治ぐらいまでは太鼓や鐘を鳴らして雨乞いがされていたことや、

この山の別名は『牧山』と言うのですが、
以前は今のような林では無く草原で、佐敷の方まで石垣を組んで柵を作ってあり、
馬を放してあった。ということを教えていただきました。
江戸時代、細川家の馬の牧場があったそうです。

山頂を散策して西の方に斜面を下ってみた時、
もう崩れていてはっきりと形を成しませんが、
人工的に造られた石積みがあるな・・・と思っていたので、お話を聴いて納得でした。

ちなみに「おらぶ」をネットで調べたところ「叫ぶ、大声を出す」ような意味があるそうです。
「雨(雲)を大声で呼んで、降るように拝んだ」のが名前の由来ってことかな?

山の様子は下の >>>Read more からどうぞ。 

登山口へ熊本市内からは、国道3号線を田浦方面へ。

赤松トンネルの入口手前を左折して県道272号線に入ります。
3笠山1

2.4Km進んだ先、横居木地区内の左側に笠山の案内が出ています。
4笠山7
看板がやや分かり難いので、上にある青い三角の看板も目印にされて下さい。

上の写真の所を右折すると、すぐにまた案内があり、左折して細い道へ。
5笠山8
後は、登山口までずっと矢印が案内してくれます。

登山口には馬頭観音がありました。 地域の方の憩いの場のようです。
6笠山13-17

ここの道の傍らに車を駐車して出発。
7笠山26

林道は、途中、倒木がありますが、広くて歩き易い道です。
8笠山31

3分程歩くと山への取り付き地点があります。
9笠山35

ここからは急登の杉林の中をえっちらおっちら。  先には階段もあります。
10笠山39

6分登って来ると、正面に大きな「雨ヲラビ岩」があるので、
下をたどって先に進むと岩の上へと、山頂へとの分岐があります。
11笠山45

先ずは「雨ヲラビ岩」へ。  ぐるっと景色が見渡せます。
12笠山49
折角なので、ここでお昼ご飯にしました。 ちなみに山頂は展望はほぼありません。

景色を堪能したら、来た道を少し戻って今度は山頂へ。 約5分です。
13笠山112-98
山頂には一等三角点と、なにやら八角柱の大きめのコンクリート製の物が。

『天測点』?
14笠山103-108-104
ネットで調べると「天文測量の位置を決定した地点」で、
今から約60年ほど前に全国の48箇所に設置されたそう。
そのうちの7箇所が九州に在り、その1つがこの笠山なようです。

天測点は今は使われていないそうですが、
山で「これなんだろう?」って初めての物に会うと楽しいですね。

登りのトータルが20分。
復路は16分

実動は36分でした。

ついでと言っては何ですが・・・可愛かったので
オレンジ鉄道1
帰りに横を走っていた肥薩オレンジ鉄道の列車です。
スポンサーサイト



編集[管理者用] Trackback(0) 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2020 ぱやんぷ一家参上, all rights reserved.