FC2ブログ
http://payanpu.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

paya

Author:paya
野山に出かけて花を愛でるのが大好きな一家です。

訪問者

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

2016.02.27/ 22:07(Sat)
1月10日は、熊本県上益城郡甲佐町にある
「中嶽(なかだけ 267.7m)」に登ってきました。

下益城郡美里町にある『佐俣の湯』の裏(北側)に見える山です。

佐俣の湯の入口から見た中嶽です。
1中嶽142

近くには『二俣橋』があります。
2二俣橋12

登山口への途中、八角形(六角形?)のスケルトンなトンネルのようなものがあります。
3中嶽5
昭和39年までは、ここに鉄道が通っていたそうで、その名残だそうです。
ここも、『二俣橋』も、以前『ナニコレ珍百景』に出たんですよ~

山の様子は下の >>>Read more からどうぞ。
 

登山口へは、国道218号線と国道443号線が出合う『美里町小筵(こむしろ)』交差点から
国道443号線を甲佐町方面へ100m入ると、橋があります。
橋を渡ったら、橋のたもと(二俣五橋の矢印や、高速道路の案内があります)で右折します。

200m入ってくると、広くなっている所で、(ちょっと分かり難いですが)左に分かれた道があります。
4中嶽1
『防火水そう』の標識が目印です。 進んで行くと、途中にスケルトン八角トンネルがあります。

ちなみに、左に入らずにそのまま道なりに進むと『二俣橋』があります。
お時間があられる時は是非そちらにもどうぞ。

この道は先は行き止まりです。
5中嶽141

行き止まりまで歩いて行くと、やはり鉄道の名残ですが、鉄橋の橋脚も残っています。
3中嶽136
この周辺は「美里町フットパス」のコースになっていました。

さて、登山開始です。 お宮の向かって右隣りに踏み跡があるのでそこから出発。
6中嶽9

と思ったら、このありさまで、間違ったかと思ったのですが、
先を行く父ちゃんから「テープがある!」との声。
7中嶽11

上にお宮があるからもう少し道がいいかと思っていたのですが、とっても荒れています。 
8中嶽17

印はあるのですが、まばらで古いので、行きつ戻りつしながら印を付けつつ登って行きます。
9中嶽117

山頂の半分ぐらいの高さになってくると印がはっきりしてきました。
やっぱり取り付き位置が違ったのかな・・・という不安もあって下山時にはまた少し迷うことに・・・。

倒木も。 でも、この辺は踏み跡がありました。
10中嶽111

上宮手前で見上げると、以前は何だったのかな?壊れた建物らしきものが見えました。
11中嶽102

崩れかかった短い石段を登り上がると『向山三右衛門稲荷大明神』がお祀りしてあります。
ちなみにここも荒れていたので簡単ですがお掃除して・・・日当たりのよいここで昼食としました。
12中嶽36
ここから右手に進みたいのですが、向かって右は写っていませんが、岩で進めません。
お稲荷様の裏を通って右(東)へ進みます。

尾根に上がってからも荒れていますが、起伏は少ないのできつくありません。
13中嶽97
杉や檜の林を暫く歩き、その後、尾根の南端近くに沿って歩きます。

途中、露天風呂みたいな大きな猪のぬた場があってビックリ。 
14中嶽41

竹が茂っている所は南斜面に回り込んでよけます。
16中嶽89

ゆるやかにカーブして進路が北から西向になると、石灰岩が多く現れる林になります。
17中嶽43

それから間もなく山頂に到着です。 四等三角点があります。
18中嶽69
自然林の中に石灰岩がぽこぽこと・・・ここからの眺望はありませんが、
静かで自然の中に居る気持ち良さがある山頂でした。

山頂をもう少し先の西へ進むと、甲佐町や緑川が見えます。
19中嶽53

下山後、北側から見た中嶽です。 赤い矢印が三角点がある辺り。
青い矢印は、お稲荷様がある辺りです。
20中嶽149

上宮のお稲荷様の横では、ムラサキシジミが日向ぼっこをしていました。
21中嶽ムラサキシジミ100

時間は、かなり迷ったのと、いつものごとく印を付けて行きつ戻りつしたので
往路は、お稲荷様までが1時間。
お稲荷様から三角点までが1時間。 計2時間かかりました。

復路は30分、30分で計1時間。

我が家はそんなこんなで合計で3時間かかりましたが、
多分2時間位で往復できるのではないかと思います。
スポンサーサイト



編集[管理者用] Trackback(0) 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2020 ぱやんぷ一家参上, all rights reserved.