FC2ブログ
http://payanpu.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

paya

Author:paya
野山に出かけて花を愛でるのが大好きな一家です。

訪問者

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

2016.02.20/ 19:11(Sat)
最近色々と忙しくて・・・やっと今年の山をアップです。

今年初は、海彦山彦さんのHP『海の風 山の風』を参考に
玉名郡和水町の花簇山(花牟礼山 はなむれやま 342.1m)と、
隣りの城山(320m)に登ってきました。

尖っている左が花簇山で、右が城山です。
1花簇山城山10

花簇山と城山一帯は『日平(ひびら)城跡』で約430年前まではお城があったそうです。
2花簇山29
1月7日だったので、祠にはまだ門松が飾ってありました。

山の様子は下の >>>Read more からどうぞ。
 

登山口へは、国道3号線を植木へ。
植木町一木交差点から左折して県道3号線に入ります。

植木町一木交差点から約9.1km先の産交バス『萩原』バス停先を左折して橋を渡ります。
3花簇山4

高速の下をくぐり、道なりに1.2Km進み、カーブミラーの所から右折。
4花簇山9

曲がってちょっと進むと丁字路なので、そこを左折して3.5Km行きます。
5花簇山11
念の為、丁字路のアップです。
6花簇山12

3.5Km来ると『日平城跡入口』の標柱があります。
普通車は、車道を10m程進んだ先に駐車場があります。
7花簇山15
入口は少々不安になる道幅ですが、この先はやや広くなるので、軽自動車なら入って行けます。

入口奥にある方の駐車場です。
8花簇山23
ここ↑を通り過ぎて一旦軽く下り、

土手に土を削った階段を作ってあるのでそれを登るとここ↓に出ます。
9花簇山27

正面に写っている説明看板によると、
 「1582年12月11日に薩摩の島津勢に攻め落とされ、城主の小森田氏は戦死。
 落城後、島津は玉名を攻めるための拠点としては遠いこの日平城を放置した。」
だそうです。 

井戸や堀、土塁など当時の面影を残します。
10花簇山42



花簇山の山頂には、祠の手前下を通って進みます。
11花簇山43

登り上がると山頂です。 四等三角点があります。
12花簇山51-48

すぐ隣りに城山が見えているので、そちらを目指して先へ進みます。
13城山(和水町)2

おっ!近い近い♪ と思ったら・・・一旦だ~~~っと下らなければならないもよう。
時間は12時・・・弁当を車に置いて来たことを後悔。 飲み物さえ持ってきてないのに・・・
しかし、車まで取りに帰るのも面倒なので、えぇい!そのままGo
14城山(和水町)4
でも、多分登山道と思われる道は倒木で進めず
通れる所を探しつつ進むので結構時間をくいました。

印を付けたり道の整備もしつつ、30分かかってやっと鞍部まで。
15城山(和水町)9
たどり着いてホッとするのもつかの間、今度は登りが待っています。

滑りそうな急斜面を真っ直ぐ10分登ると城山山頂です。
16城山(和水町)22

山頂の確認後、とりあえずスルーして先に北峰へ向かいます。
17城山(和水町)27

2~3分程で北峰に到着。
18城山(和水町)30
これといって展望も無く・・・リボンだけ結んで山頂に引き返しました。

城山山頂です。
19城山(和水町)35-37
山頂には三角点は無く、たまに見かける宗像山歩会さんの私票があるのみでした。

城跡の見学や、迷ったのも入れて、1時間50分程の山行きでした。

この後、遅い昼食をとり、「国見山」に行こうと車道を先に進みましたが、
地理院地図に載っている道は途中で無くなり、行き止まり。

引き返して「かむろ山」へ向かいました。
スポンサーサイト



編集[管理者用] Trackback(0) 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2020 ぱやんぷ一家参上, all rights reserved.