FC2ブログ
http://payanpu.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

paya

Author:paya
野山に出かけて花を愛でるのが大好きな一家です。

訪問者

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

昨日のつづきです。

昨日の記事の十字路から、蕗嶽(つわたけ)320mへ向かいます。

帰りがけ下から撮った蕗嶽です。
10蕗嶽5

蕗嶽で会った季節外れのシハイスミレ(かな?)と、ツワブキです。
17シハイスミレ3ツワブキ2

山の様子は下の >>>Read more からどうぞ。 

蕗嶽も登ったかと思えば下り・・・
鋸嶽蕗嶽33
下ったかと思えばまた登り・・・
鋸嶽蕗嶽35
何回か繰り返して・・・。

あの階段を登ると頂上かな? ワクワク
11鋸嶽蕗嶽42

と思いきや、「太郎丸・次郎丸嶽、今泉地区、牟田峠」方面へと、蕗嶽への分岐でした。
12鋸嶽蕗嶽45-47
ここまでは、鋸嶽、白嶽、湿地への十字路から、15分程です。

分岐はまた一旦下り、そして登ります。
13鋸嶽蕗嶽100
シダの緑が奇麗な道だね 左がコシダで右がウラジロです。

ウラジロの裏は勿論白いけど、コシダの裏も白いです。
14コシダウラジロ58-55

シダの道を登ってちょっと行けば、分岐から約8分で山頂に到着です。
14鋸嶽蕗嶽93-70
山頂には四等三角点がありました。

蕗嶽も眺めが良くて、有明海や、八代、天草五橋、宇土半島が見えます。
15鋸嶽蕗嶽65
送電鉄塔が島から島へ、海を跨いで続いている様子も素晴らしか~

遠くを見る分には眺めが良いね~!でも、足元を覗くと腰が引けました。
16鋸嶽蕗嶽76
腕には鳥肌がぶつぶつ・・・

帰りは5分で先程の分岐まで戻り、そこから十字路までまた15分。

十字路を直進して今度は白嶽湿地へ出て、湿地の遊歩道を駐車場まで戻ります。
(計っていないのですが、湿地歩きは17分位かと・・・)
平坦だし、なにより湿地を眺めながら歩けるので超楽しいです。

フトヒルムシロの葉が浮かぶ沼の上にはヒモヅルが下がっています。
18白嶽湿地 フトヒルムシロ6

オオミズゴケは紅葉していて、モウセンゴケはまだ所々に蕾があり、
黄色いミミカキグサもまだ沢山咲いていました。
19モウセンゴケ3オオミズゴケ9ミミカキグサ5

下の赤い実は、オオアリドオシかと思って写真を撮ってきたのですが、
棘がとても短いのでなんだか違うみたい・・・。

アリドオシの仲間に棘が短いジュズネノキ(数珠根の木)というのがあるそうで、
でも、葉がもう少し長いし・・・マルバジュズネノキというのもあるようなので
そちらもネットで調べてみたのですが画像は見当たらず・・・
20ジュズネノキ(マルバ)orオオアリドオシ?6-3-4
同定はできませんでしたが、多分、そこらへんではないかと・・・・・どこらへん?


後で山の本に「マムシが多いので注意」と書いてあるのを読んでビビりました
父ちゃんに話したら「管理棟にもマムシ注意って書いてあったよ。
でも、言うと行かないというかもなんで黙っていた」って
知らぬが仏・・・なのか、知っていた方が良かったのか・・・
とにかく遭わなくてよかった。

トータルで、移動時間は約1時間40分でした。

写真を撮ったり、ゆっくり眺めたりしたのも入れれば、2時間半位の山行きでした。
歩き始めが13時40分からだったので、程よい時間で終われました
スポンサーサイト



編集[管理者用] Trackback(0) 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2020 ぱやんぷ一家参上, all rights reserved.