FC2ブログ
http://payanpu.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

paya

Author:paya
野山に出かけて花を愛でるのが大好きな一家です。

訪問者

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

今回は葉の様子です。
でも、サイヨウシャジンとツリガネニンジンは変異が多いらしく
写真はあまり参考にはならないかも知れませんが・・・。

サイヨウシャジンです。
10サイヨウシャジン24-11-27
たまたまかも知れませんが、鋸歯が結構そろっていて奇麗な印象です。

ツリガネニンジンらしきものです。
11ツリガネニンジン?サイ7サイ2ツリ5ツリ21ツリ17
鋸歯が奇麗だったり揃っていなかったりと、印象がばらばらでした。

マンシュウツリガネニンジンの葉です。
例外はありますが、ほぼ3~4枚の輪生です。
12葉73-66-64

葉には艶があり、サイヨウシャジンの写真と比べると、鋸歯がやや粗い感じがします。
13マンシュウツリガネニンジン7-15-67-63-9

下部の葉は、とくに気に掛けなかったものでこんな写真しかないのですが、
写真で見た感じは広卵形っぽいかなぁ・・・と。
14マンシュウツリガネニンジン25-7

葉の毛は、細かい毛で、表には脈上にと、他はまばらに生えていて、
裏は主脈には生えているようです。
15葉68-70

次回はマンシュウツリガネニンジンを
3種の内、九州では一番多いサイヨウシャジンと並べてみますです
スポンサーサイト



 
編集[管理者用] Trackback(0) 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2020 ぱやんぷ一家参上, all rights reserved.