FC2ブログ
http://payanpu.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

paya

Author:paya
野山に出かけて花を愛でるのが大好きな一家です。

訪問者

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

2015.06.20/ 22:58(Sat)
6月の半ばに会ったお花です。

ミヤマタゴボウ(深山田牛蒡) サクラソウ科オカトラノオ属
本州、四国、九州に分布  花期 6~7月
山地の林内の湿り気が多い所に生える多年草です
4ミヤマタゴボウ4
別名ギンレイカ(銀鈴花)  花は半開で、全開はしません。


ツルアリドオシ(蔓蟻通し) アカネ科ツルアリドオシ属
北海道、本州、四国、九州に分布  花期 6~7月
山地のやや湿り気のある所に生える常緑の多年草です
5ツルアリドオシ5-10
大きな岩にすだれの様に下がって見事でした。


サワハコベ(沢繁縷) ナデシコ科ハコベ属
本州、四国、九州に分布  花期 5~7月
山地の林下、林縁の湿り気のある所に生える多年草です
6サワハコベ11


一見ガクだけの様なハコベがありました。
その場所のは周辺全部がそういうハコベでした。

アオハコベかと思ってよく見てみたら(アオハコベはこういう花です→「通院帰りに」)
花弁がついていて、サワハコベの花弁が小さく退化したもののようです。
7サワハコベ16-25-18-8
以前他の場所で写した花の写真を比較の為に載せましたが、
(3つの花の写真は何れも違う場所での撮影です)
こうやって見ると違いがあるものなんですね・・・。
サワハコベ5-1-30
図鑑によると花弁の切れ込みが浅いのが特徴らしいのに、
深かったり、花弁が小さかったりと
未だに基本的なサワハコベに会ったことがありません

追記
ブロともさんがサワハコベの写真を掲載していらっしゃるので、
まともな花弁の様子はこちらをご覧ください切り撮りLittle Garden
スポンサーサイト



 
編集[管理者用] Trackback(0) 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2020 ぱやんぷ一家参上, all rights reserved.