FC2ブログ
http://payanpu.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

paya

Author:paya
野山に出かけて花を愛でるのが大好きな一家です。

訪問者

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

2015.06.15/ 22:09(Mon)
今回は、父ちゃんバージョンで、5~6月に見かけた生き物たちです。

ルリタテハ
1ルリタテハ2
濃い黒褐色の翅の表面に瑠璃の和名通りの鮮やかな水色の
帯模様が入るのが特徴で、平地の森林内や周辺部に生息しています。
最近は、あまり見かけることがありませんでした。

ベニシジミ
2ベニシジミ7
日当たりの良い草原でよく見られる小さな赤褐色のチョウです。
3ベニシジミ11
いろんなところで見かけるかわゆい蝶です。


クロアゲハ
4クロアゲハ2
黒色大形のアゲハチョウのなかでもっとも普通の種で、
山地より村落や住宅地で普通に見かけます。
5クロアゲハ6


オビヒトリ(蛾)
オビヒトリ
ひっくり返って、死んだふりをする憶病な蛾だそうで、確かにすぐに死んだふりをしました。
お腹からお尻は真っ赤な線と黒い点々の模様があり、とってもカラフルです。
飛んで火に入る夏の虫を地で行く虫ということが書いてあり、火取蛾、 燈取蛾、 
灯取蛾、火盗蛾 灯盗蛾とも書いてありました。
光源の周囲を渦を描くように飛び回る走行性かがあり、とっても目立つ蛾で
焚火などに集まると、自ら飛び込んで焼け死ぬこともあるそうです。


アオサギ
アオサギ3
どこを見ているんでしょうね?
余所を見ている様だけど、こんな風でも魚が捕れるのが不思議です。


トノサマガエルとアカハライモリ
トノサマガエルイモリ
子供の頃はどちらも普通にいて当たり前だったのに、
いつの間にか絶滅危惧種に名前を連ねていました。
世の中の環境はどういう速さで変化しているのでしょうか・・・・恐ろしさを感じます。


最後は・・・タヌキの子供なのですが・・・
タヌキ5
疥癬(かいせん)症にかかっているようです。
全体が入るとあまりにも可哀想な姿なので、トリミングしています。
スポンサーサイト



 
編集[管理者用] Trackback(0) 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2020 ぱやんぷ一家参上, all rights reserved.