FC2ブログ
http://payanpu.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

paya

Author:paya
野山に出かけて花を愛でるのが大好きな一家です。

訪問者

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

2015.06.12/ 23:31(Fri)
ツクシマムシグサ(筑紫蝮草) サトイモ科テンナンショウ属
本州(三重県)、九州に分布  花期 4~6月
山地の林内に生える多年草です   別名ナガハシマムシソウ
1ツクシマムシグサ9
仏炎苞の舷部の先の方が極端に細くなって長く伸びていて
これはマムシグサとは違う!・・・と分かり易いです。

テンナンショウ属の部位の名称です
2ツクシマムシグサ3
ツクシマムシグサには葉は1~2つつきます。
(この写真の個体は葉が沢山あるように見えますが
 こう見えて、1つついていることになります。)

上から見下ろすと舷部の特徴が分かり易いです。
3ツクシマムシグサ7-5
仏炎苞から覗いている付属体が細いのも特徴の一つです。

他に舷部が細長いものにアオテンナンショウというのがあるようですが、
そちらは付属体が明らかに太いようです。

5月1日に蕾に会いました。既に舷部が際立っています。
4ツクシマムシグサ1-3
開く前から舷部の基部は、もう白っぽいんですね。

草丈は20~70cm
5ツクシマムシグサ3
こんなに小さいのもあれば、こんなに大きなものも。同じ種類とは思えないですよね。
6ツクシマムシグサ11-9

似たものにツクシヒトツバテンナンショウというのがあります。
7ツクシヒトツバテンナンショウ9-8
ツクシヒトツバテンナンショウ(筑紫一葉天南星) サトイモ科テンナンショウ属
九州(大分、熊本、宮崎、鹿児島)に分布  花期 4~6月
山地の林内に生える多年草です    別名タシロテンナンショウ

ツクシマムシグサと同じ様に舷部の基部が白いことと、付属体が細いのですが、
舷部の先が細長く伸びません。

撮影は一昨年~今年の
ツクシマムシグサ(蕾以外) 5月27日~6月14日
ツクシヒトツバテンナンショウ 6月16日 です。
スポンサーサイト



 
編集[管理者用] Trackback(0) 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2020 ぱやんぷ一家参上, all rights reserved.