FC2ブログ
http://payanpu.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

paya

Author:paya
野山に出かけて花を愛でるのが大好きな一家です。

訪問者

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

2015.06.01/ 16:54(Mon)
5月22~24日に会ったお花の残りの分です。


シライトソウ(白糸草) ユリ科シライトソウ属
本州、四国、九州に分布  花期 5~6月
山地の林内、木陰に生える多年草です
シライトソウ3-2
阿蘇は林より草原の方が沢山咲くみたいです。  甘~い良い香りがします。
去年は少し詳しく載せています→シライトソウ


イブキトラノオ(伊吹虎の尾) タデ科イブキトラノオ属
北海道、本州、四国、九州に分布  花期5~8月
山地の湿原に生える多年草です
イブキトラノオ20
近くで見るとこんなお花です
イブキトラノオ
螺旋状に並んでいるんですね。
地味なお花ですが、近づいてみると結構奇麗です。


バイカイカリソウ(梅花錨草) メギ科イカリソウ属
本州(中国地方)、四国、九州に分布  花期 4~5月
山地の草原、疎林内に生える多年草です
バイカイカリソウ4
お花のピークはワラビ狩りの頃が一番かな・・・
今年は会えないかと思っていましたが、少しだけ残っていてくれました。


ケルリソウ(毛瑠璃草) ムラサキ科キュウリグサ属
別名ケカメバソウ(毛亀葉草)
熊本県に分布  花期 5~6月頃
阿蘇の草原に生える多年草です
ケルリソウ8
似たものにチョウセンカメバソウというのがあり、
やはり日本では阿蘇にしか生えません。
毛が立っている方がケカメバソウで、
伏せている方がチョウセンカメバソウだそうです。
どちらも会ってみましたが、毛だけで判断するのって結構難しいです。
ケルリソウ11
もう少し水色なのですが・・・薄い水色は色が飛んで私には撮影が難しいです


レンリソウ(連理草) マメ科レンリソウ属
本州、九州に分布  花期 5~6月
やや湿り気のある草地に生える多年草です
レンリソウ1
お花は指の爪の大きさぐらい
茎には翼があるので平たい感じです
葉は先端に巻きひげがついていて、
小葉はやや硬めでしっかりしていて大きさも大きいです。
レンリソウ6-5-3
奇麗ですよね。 お仲間にスイートピーとかがあります。

名前の由来は小葉が奇麗に対生する様子から、
男女の契りの深さに例えて「連理草」という名前がついたそうです。
スポンサーサイト



 
編集[管理者用] Trackback(0) 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2020 ぱやんぷ一家参上, all rights reserved.