FC2ブログ
http://payanpu.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

paya

Author:paya
野山に出かけて花を愛でるのが大好きな一家です。

訪問者

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

2015.03.10/ 21:02(Tue)
2月19日は上益城郡山都町と上益城郡美里町の境にある
万坂山(663.7m)へ行って来ました。
1万坂山92
北側を走る県道219号線からの写真です。

登山口へは国道218号線を熊本市内から山都町に向かって進みます。

美里町から山都町へ入る辺りにある『万坂隧道』を抜けた先に
熊本バスの『万坂峠』のバス亭があり、
下り車線の方のバス停傍にV字に上がる道がありますので、その道から上がります。
2万坂峠入口
上がった先の田んぼの中の道を、万坂峠の電波塔に向かって進みます。

進んで行くと両側から草が繁っている細い道に入り、
道が下りになる手前に、右に入る道があります。
3万坂山74-76
真っ白い板が落ちていたので登山口って書いて木につけてきました
車はこれ以上は行けませんので、この脇にとめて出発しました。

すぐに電波塔の下に出ます。
ここは『万坂峠』というそうで、国道が通るまでは交通の要所だったそうです。
4万坂峠
万坂峠を真っ直ぐ進み山に入ります。

以前は巻いて上がるちゃんとした道があったようですが
今は結構荒れていまして、ススキに隠れてちょくちょく顔を出す
木苺の刺が引っ掛かって進めません。
5万坂山56
ちなみに写真は通れるようにした後なので、すっきりしていますが、
どちらに行っても薮だったので、
巻く道を整備するか、直登を整備するか・・・ここで結構悩みました。

林の縁の方がススキが無いし、直登が距離は短くて済むし
急な所もありますが、まだこっちがマシかなぁ・・・と。

10分位、檜と雑木が混生した林の縁を登り、竹林に変わります。
7万坂山45
竹林に入ると後は山頂までほぼ穏やかな登りです。

竹林の次は檜林になります。
檜林の縁の方を進んで行き、最後、林に入り登り上がると山頂です。
8万坂山41

山頂には三等三角点がありました。
9万坂山山頂
国体でここに登ったようです。 15年と3か月前かぁ・・・結構前ですね。
多分、踏査競技とかいうのが行われたっぽいです。
(とうさきょうぎ:登山で、地図をもとに
 定点の位置をチェックしながら進み所要時間を競う競技・・・かな?)

南側の見晴らしは無いのですが、
北側は伐採されて幼苗がまだ低いので結構見えます。
10万坂山山頂北側
北側のすぐ下には未舗装の道がきていますが、
たまたま来られていた地籍調査をされている方にお尋ねしたら
私有地で一般の人は入れないとのことでした。

もっとよく見たかったので、山頂の少~し東の方に行ってみました。

以前登った山が見えました。
11万坂山山頂から
行きも帰りも印を付けたり枝を掃ったりの移動で時間がさっぱり分からないのですが、
そういう事をしながらでも片道1時間でしたので、
往復で50分ぐらいじゃないかと思います。
スポンサーサイト



 
編集[管理者用] Trackback(0) 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2020 ぱやんぷ一家参上, all rights reserved.