FC2ブログ
http://payanpu.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

paya

Author:paya
野山に出かけて花を愛でるのが大好きな一家です。

訪問者

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

2014.11.10/ 22:34(Mon)
ムラサキシキブとコムラサキとヤブムラサキに会いましたので、
それぞれと、比較も続けてご紹介いたします。

 都合上以前出した写真と被ることもございますが・・・
1回目はムラサキシキブをば。


ムラサキシキブ(紫式部) クマツヅラ科(シソ科)ムラサキシキブ属
北海道(南部)、本州、四国、九州、沖縄に分布  花期6~8月
低山地や平地に生える落葉低木です。
ムラサキシキブ1025-22
木の高さは2~3mぐらいです。

葉は対生し、長楕円形で長さ3~13cm 幅1.5~6cm

先は尾状に尖り、ふちに細かい鋸歯があります。
ムラサキシキブ1025-12
基部はくさび形(一端が広く他端に至るにしたがってしだいに狭くなっている形)で、
長さ2~7mmの葉柄があります。

葉の両面ともほぼ無毛です。
若い時は微細な星状毛があり、のちに無毛となるのだそうです。
ムラサキシキブ1025-16-10-9
(あっ!何か付いてますが、これは葉の一部ではございません

葉の裏面には帯黄色の腺点があるそうですが・・・見えません

花序(実)は腋生(葉の付け根の所から生えるか、)
またはやや腋上生し、6~15mmの柄があります。
ムラサキシキブ1025-7
葉柄の基部に接して花序の柄が出るというのは、コムラサキとの違いの一つです。

幹は灰褐色。 果実は径3~4mmほどの球形で、秋10~11月に紫色に熟します。
(果実のガク片は5つに裂ける)
ムラサキシキブ1124-4

花の写真はありませんが・・・
 花冠は筒形で長さ3~5mm
 淡紅紫色で先が4裂し、雄しべが突き出る。


観賞用に庭などに植えられるほか、
材が硬いので、農具やこうもり傘の柄、箸等に使われたそうです。

次回はコムラサキです

3種を並べた記事はこちらから→ムラサキシキブとコムラサキとヤブムラサキ

参考文献
『日本の野生植物 木本Ⅱ』平凡社 1989年
『野山の樹木観察図鑑』成美堂出版 1998年
『街の樹木観察図鑑』成美堂出版 1999年
スポンサーサイト



 
Genre: 趣味・実用 Theme: 散策・自然観察 Category: 樹木
編集[管理者用] Trackback(0) 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2019 ぱやんぷ一家参上, all rights reserved.