FC2ブログ
http://payanpu.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

paya

Author:paya
野山に出かけて花を愛でるのが大好きな一家です。

訪問者

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

2014.10.19/ 20:59(Sun)
前回のツユクサシュスランの森では、こんなお花にも会えました。
1~2輪しか咲いていなかったのですが、
初めて会ったお花で嬉しかったです。


ツルギキョウ(蔓桔梗) キキョウ科ツルギキョウ属
本州(中西部)、四国、九州に分布  漢名 金錢豹 
山地にややまれに見られるつる性の多年草です。
ツルギキョウ1011-4
咲き始めは おしべ先熟で、
真ん中のめしべの周りを5個のおしべががっちり見えないくらいに囲んでいるそうです。

上の写真の花は、もうめしべが現れて、先端が5つに裂けているので
両性期~雌性期(しせいき)あたりではないかと。


花期は8~11月です。
もう花の盛りは終わりに近いのか、実があちこちにできていました。
ツルギキョウ1011-13-10
果実は液果で、扁球形(へんきゅうけい)で径1cmほどです。
5室からなり、熟すと紅紫色になるようです。
基部には宿存萼(しゅくぞんがく)が、くるんとねじれて残っています。

でも、まだつぼみもありましたよ
ツルギキョウ1011-18
葉は対生または互生してして葉柄は長いです。

「葉身は卵状の心臓形で表面は白色を帯びる」と図鑑に載っています。
茎も葉も、白っぽい粉白色(ふんぱくしょく)で、特に裏面は白っぽかったです。
ツルギキョウ1011-31-15-21
葉の先端は鈍頭で、縁は波状、質は薄く、長さは3~5cmほどです。

花冠は長さ1.5cmほど
先端は5裂してそり返り、白く、内部は淡紫色~紫色。

紫色・・・う~ん・・・紫というよりは「えんじ色」か「海老茶色」という感じです。
ツルギキョウ1011-8-30
花は葉のわきに1個ずつ鐘形(しょうけい)のものをつけます。

ツルギキョウ1011-35
全体的に無毛でした。 傷つけると白液が出ます。

香りは・・・あいた~! 嗅いで来るのを忘れました


「ややまれに見られる」かぁ・・・次は何処で出会えることやら

参考文献
『新牧野日本植物図鑑』北隆館 2008年、
『里山・山地の身近な山野草』主婦の友社 2010年
『野草検索図鑑』学習研究社 1985年
スポンサーサイト



 
編集[管理者用] Trackback(0) 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2020 ぱやんぷ一家参上, all rights reserved.