FC2ブログ
http://payanpu.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

paya

Author:paya
野山に出かけて花を愛でるのが大好きな一家です。

訪問者

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

2014.09.09/ 23:00(Tue)
8月中に会った花はとりあえずは今回までです。

昨夜は中秋の名月だったというのに、いつまでも夏を引きずってすみません
それにしても、昨日は眩しいくらいのお月様で綺麗でしたねぇ。
今夜は満月だそうで、今夜の月もとっても綺麗です。

ではでは、水田に生えていた草花・・・水田雑草ですね


ヒルムシロ?(蛭蓆、蛭筵) ヒルムシロ科ヒルムシロ属
日本全土に分布  花期6~10月
池、沼、用水路、水田などで見られる水生多年草です。
41ヒルムシロ?831-3
ヒルムシロも色々種類があるのですが・・・・・
まだ見分けができません
昨日のイトイヌノヒゲに引き続きすみませんが、
ここでは単にヒルムシロとさせてください


アゼトウガラシ(畦唐辛子) アゼナ科アゼナ属
本州、四国、九州、沖縄に分布  花期8~10月
水田や湿地で見かける一年草です。
42アゼトウガラシ831-1
名前の由来は、畦で多く見かけ、果実が唐辛子に似ていることからとのことです。


キクモ(菊藻) オオバコ科シソクサ属
本州(宮城県以西)、四国、九州、沖縄に分布  花期8~10月
水田や浅い沼などに生える多年草です。
43キクモ831-11(15)
葉が菊の葉のようなのでこの名前が付きました。


ヘラオモダカ(箆面高) オモダカ科サジオモダカ属
日本全土に分布  花期8~10月
水田や池、沼、湿地に生える多年草です。
44ヘラオモダカ831-14
オモダカ属は雌雄が別につく単性花ですが、
サジオモダカ属は1つの花に雄しべと雌しべがある両性花です。
45ヘラオモダカ831-18(8)
水田雑草ですが、カスミソウのように綺麗でした。


コナギ(小菜葱、小水葱、鴨舌草) ミズアオイ科ミズアオイ属
日本全土に分布  花期9~10月
水田、休耕田などで見かける一年草です。
46コナギ831-14
カエルさんが葉に乗っかっていました

昼ちょっと前に通りかかった田んぼで見かけ車を停めました。
この田は、コナギの花つきのいい株にたどり着く前に、
上に載せています水田雑草が他にも色々生えていて
手前で足止めを食っていると、父ちゃんから
「早く撮らないと閉じてきよるよ~!」
あらら花は午前中しか開花していないようです。

花の中を見ると黄色い雄しべが5つと、雌しべと、あと1つは?
何か枯れたような青いこれは・・・?
47コナギ831-38
これも雄しべの1つで、コナギには
黄色い雄しべが5つと、青紫色の雄しべが1つ、計6つの雄しべがあるそうです。

コナギは稲作と一緒に日本にやって来たそうで
稲と切っても切れない御縁なのでしょうね。

とはいえ、隣の田んぼには稲以外、1本の草も生えていませんでしたが・・・。

ちなみに・・・
こちらは江津湖の公園で撮影しました。
ミズアオイ(水葵) ミズアオイ科ミズアオイ属
北海道、本州、四国、九州に分布  花期7~10月
水田、池、沼、水路などに生える1年草です。
ミズアオイ824-10
雄しべがコナギと同じ感じですね。

ミズアオイもかつては水田雑草だったようですが、
今ではコナギのように簡単には会えません。

水田雑草が生えると収穫量に影響が出るのは分かるので
難しいところなのですが・・・。
草1本生えない田んぼのお米・・・そこで育ったお米と知ったら・・・
口にするのは怖いかなぁ・・・。

撮影はミズアオイが8月24日、他は8月31日です。
スポンサーサイト



 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
 
Comment
 

あっ!カエルさん^^

アゼトウガラシって 味も辛いのかなぁ^^

名前にはそれぞれに由来があって
「なるほど!」と納得させられるものばかり。
由来を調べると より楽しいですね。

久しぶりにアマガエルを見ました(●^o^●)カワイイ

NAME:こっぺ | 2014.09.10(水) 08:54 | URL | [Edit]

 

Re: あっ!カエルさん^^

こっぺさま、こんばんは。

アマガエルさん、可愛いですよね♪
アゼトウガラシは・・・多分、辛くないかも?です(^^)

名前の由来って面白いですよね。
以前我が家である花を見て
「この花に名前を付けていいと言われたら何にする?」
という話しになりました。
いざ考えてみると、なかなか難しいんですよね。
植物にピッタリの名前を付けられた先生とか凄いですよね。

NAME:paya | 2014.09.10(水) 20:20 | URL | [Edit]

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2020 ぱやんぷ一家参上, all rights reserved.