FC2ブログ
http://payanpu.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

paya

Author:paya
野山に出かけて花を愛でるのが大好きな一家です。

訪問者

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ハナハタザオの近くに、属は違いますが同じアブラナ科の
ヤマハタザオが生えていましたので、比較してみました。

ヤマハタザオ(山旗竿) アブラナ科ヤマハタザオ属
北海道、本州、四国、九州に分布  花期5~6月
山野の日当たりのよい所や林縁に生える越年草
51ヤマハタザオ1
スリムでひょろひょろ~っとしたお花です。


初めてハナハタザオらしき株を見つけた日に、
ヤマハタザオの撮影もしまして、その時の写真です。
5月2日撮影
52ヤマハタザオと
名前は似ていますが、こうして並べてみると、全く違いますね


毛の様子です。
ハナハタザオの毛は男性のすね毛の様な?湾曲した形で、
ヤマハタザオの毛は叉状毛(さじょうもう:毛先がまたになって分かれたもの)が生えています。
53ヤマハタザオの毛と
毛の違いも特徴的ではありますが、肉眼では難しく
ルーペ等で拡大してみないとなかなか見えません。


葉の様子です。
ハナハタザオの葉は、細長い感じで、
ヤマハタザオの葉は、ハナハタザオよりも幅が広く、
葉の基部は耳状となって、茎を抱いています。
54ヤマハタザオの葉と

蕾の様子です。
ハナハタザオは、がくにも毛が生えていますが、
ヤマハタザオのがくはつるつるです。
55ヤマハタザオの蕾と
撮影の日も、ハナハタザオは7月1日で、
ヤマハタザオは5月2日と、2カ月の違いがあります。


花の形は、アブラナ科に特有な花冠の形で、4枚の花弁が1対ずつ対生して
十字形をしてるので『十字形花冠(じゅうじけいかかん)』というそうです。
57花1
アブラナ科は6本の雄ずい(ゆうずい:おしべ)をもっていますが、
そのうちの4本が他よりも長いものを『4強雄ずい』といい、
内側に長い4本と外側に短い2本があり、
これもアブラナ科の植物に特徴的なものなのだそうです。
56ヤマハタザオ2


ほんの5~6分の間に入れ代わり立ち代わり
ジガバチの仲間(上)と、ハナバチの仲間(左下)と、ヒラタアブの仲間(右下)が訪れていました。
58蜂

ハナバチの背中にランの黄色い花粉塊がついているのを見られても分かりますように、
この場所の周りはまだ自然が残っています。
(ちなみに、この山では、同じ時期に4種類のラン科の植物を見かけました。)

この場所にこれから先も環境の変化が無いようにと、
色々な方のお力をお借りしました。
ぱやんぷ一家だけではとても無理なことで、本当に有り難いことでした。

追記
残念ながら、ここは植林の予定地で変更がきかず、野焼きが中止されるそうです。
地元の方のご協力で除草剤は撒かれずにいますが、
日当たりのよい場所を好むこの花にとって
これからこの場所は住みにくい環境になっていくでしょう。
どうにかして助けてあげられるものなら・・・。
自然の物に人の手を加えることは不自然なのでしょうか?
しかしこの場所の環境が変わることもまた人の手によるものなのに・・・。


もしブログをご覧になられて
この花に、お心当たりがあられれば、
土地の造成や、除草剤を撒かれる等からの脅威から
あなた様の近くの花も守ってあげて欲しいのです。

訪れてくださる方も少ないブログで、弱小な力ではありますが
自分ではアピールできない植物に代わって
伝えることができて、少しでも力になれればいいな・・・と、そう思うのであります。

その他
※根については、掘って調べていませんが、図鑑によると
「根は白色で主根は地中に真直に入り、痩せた側根を出す。」そうです。

※腺毛のあるものを、ネバリハナハタザオと呼び、
本州(神奈川県の小田原)の記録があるそうです。

種ができましたら、そちらの方もアップできればと思います。

以前の記事はこちらからどうぞ
ハナハタザオ その1
ハナハタザオ その2 茎、葉
ハナハタザオ その3 花


参考文献
『新牧野日本植物図鑑』北隆館 2008年
『原色日本植物図鑑 草本編Ⅱ』保育社 1994年
『日本の野生植物 草本Ⅱ 離弁花類』平凡社 1982年
『新訂増補 原色日本野外植物図譜2 夏・高山植物』誠文堂新光社 1983年
『レッドデータプランツ 絶滅危惧植物図鑑』山と渓谷社 2003年
『レッドデータプランツ 日本絶滅危機植物図鑑』宝島社 1994年
『観察する目が変わる植物学入門』ベレ出版 2012年
スポンサーサイト



 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(10) 
 
Comment
 

最近

私の頭は混乱しています。
それは植物の価値、みたいなことについて、です。
啓蒙は必要なんだと思うけど、どういう価値観で啓蒙するのか、
みたいなことで…。

NAME:きくちゃん | 2014.07.19(土) 05:32 | URL | [Edit]

 

Re: 最近

この植物は大切にして、
こちらはどうでもいいというのではないのですが、
絶滅の危機に瀕しているものに関しては、
みすみすほっておいて無くすくらいなら
手を貸してあげてもいいのかな?と思います。
それを人間が招いたのだとすれば尚更かな?
と思うのですが・・・どぅでしょ?

以前聞いた話では、
その植物がどんな薬になるかも分からないし、
(美しいからとか、有用だから、
ということばかりででは無いですよ(;^^A)
まだ未知なものがあるだろうに
人は除草剤等で邪魔になるからと枯らしてしまう。
(他国のお話ですが)森林伐採で焼いて農地にしてしまう。

日本も、車が無かった時代は牛馬が働いてくれていたわけで、
ガソリンの代わりに餌となる草が必要だったため
草原があちこちにあったのですが、
車にとって代わり、草原は杉林や荒れ地となり
環境が変わってしまったために、
生きていけなくなった動植物が出てきます。
絶滅してしまったものは無理でしょうけれど
まだ生きているものなら、何とか残したいというのが心情です。

きくちゃんみたいに花に詳しい人ならいいのですが、
花に関心の無い方からみれば、
多分、大根の花との区別もつかれないでしょうe-263

絶滅危惧種が自生していても、どんな扱いを受けるかわかりません。
引っこ抜かれる前に「まてよ?これ・・・」と
思い出してもらえたら幸いだなと思いまして・・・。
(長くなってごめんなさい(>_<;))

NAME:paya | 2014.07.19(土) 14:23 | URL | [Edit]

 

絶滅危惧種を

大切にするのは、わかります。
それはいいのですが、もっと統一的な価値観というか、
方向性が欲しい気がします。社会の中に、あるようで、ないような…。
いろんな場面で、優先されることが違っていると、
混乱しちゃうということでw

NAME:きくちゃん | 2014.07.20(日) 04:27 | URL | [Edit]

 

おはようございます

ハナハタザオ・・という花があるのさえ 知りませんでした
いつの日か 会ってみたいものです


この花を守りたい 守らなくては
と思った時から
花に対する愛おしさと 苦しみが始まりますね

頑張りましょう

NAME:のけぼし | 2014.07.20(日) 08:22 | URL | [Edit]

 

Re: 絶滅危惧種を

3年前だか…に、熊本に絶滅種してしまった種ができたそうで、
生えている場所をご存じだったのに、守れなかったそうです。
知らないうちに工事で取り除かれたそうで・・・。

価値観は考え方や、その人の立場によって違いますし、
違いがあるのは仕方のないことだと思います。

工事の人からすれば、価値の無いただの“草”だったでしょうねe-263
それを価値あるものと思う人が、守るしかないのかな・・・。

NAME:paya | 2014.07.20(日) 23:45 | URL | [Edit]

 

Re: タイトルなし

のけぼしさま、こんばんは。

私も、全く知らない花でした。
そもそも九州に無いことになっているので
調べてもらいに行った時には、
最初はありえないと言われました。
今でも一部、学者先生方には色々と言われているようでして・・・

全ての人が大切に思うのなら
特別に守ってあげる必要などないのに、
世の中には自分だけの利益を思って
行動する人がいるから怖いです。
今後保護がいらないくらいに
数が増えてくれればいいのですが・・・。

ありがとうございます。
できることはしてあげたいと思います。

NAME:paya | 2014.07.21(月) 00:08 | URL | [Edit]

 

一番の問題は 知らない人が多いということだと思います。

野山の草花に 限らず 生き物にも
関心がない人が多く
外来種の迷惑な草花も
貴重で絶滅しかかっている草花も
「ふ~ん そう  だからなに?」
という人があまりにも多く

野山を管理する人でさえ 貴重なものということを
知らずに仕事をしている人が多いようです。

またまた 盗掘犯が捕まったみたいですね
罰金100万円 でもまだ軽いように思います


健全な野山がいつまでも 見られますように!

NAME:のけぼし | 2014.07.21(月) 10:07 | URL | [Edit]

 

Re: タイトルなし

のけぼしさま、こんばんは。

そうですね・・・小さくて目立たない花なら仕方ないですが、
ロクオンソウのように目立つ植物にも
除草剤がかけてありますし、
シオンが草刈りされて倒れているのも見たことがあります。

かと思えば・・・昨日は、車道の、のり面に
花が奇麗だったからか、
希少だとご存じだったからか、
ツクシマツモトだけ刈り残してあるのも見かけたりで、
“粋”さを感じました。

盗掘は県内の人達だったそうで、情けない話ですよね。
たまたま盗掘現場に通りかかり
発見された方が詳しい方でよかったです。
罰金プラス、顔や名前も公表して
阿蘇に出入り禁止にして欲しいくらいです。

NAME:paya | 2014.07.21(月) 20:51 | URL | [Edit]

 

こんばんは、初めまして。
私は熊本在住ですが、先日新聞記事でハナハタザオのことを知ったばかりでして、まさか発見者様のブログに巡り合えるとは思わず、びっくりしてコメントしてしまいました。

熊本県人として、阿蘇の山野草は熊本の宝だと思います。
ブログ主様の今後のご活躍を影ながら応援しています。
スレ汚し失礼しましたm(. .)m

NAME:通りすがりの熊本人 | 2014.07.25(金) 22:05 | URL | [Edit]

 

Re: タイトルなし

通りすがりの熊本人さま、こんばんは。

初めまして。つたないブログにお越し頂き、
コメントまでいただいて、ありがとうございます(^^)

ハナハタザオは、私もまさか新聞沙汰(?)に
なるとは思ってもおらず、びっくりしています。

でも、阿蘇の花々を守ろうと心血を注いでいらっしゃる方から
希少な植物を皆で守らなければいけないという意識を高めるには、
先ずは存在を知ってもらうことが大切ではないか?ということで
こういう運びとなりました。

誰もが、通りすがりの熊本人さまのように、
阿蘇の山野草を貴重な宝だと思えれば素敵ですよね。
後世の人達に残せるように大切守っていきたいですね。

NAME:paya | 2014.07.26(土) 00:25 | URL | [Edit]

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2020 ぱやんぷ一家参上, all rights reserved.