FC2ブログ
http://payanpu.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

paya

Author:paya
野山に出かけて花を愛でるのが大好きな一家です。

訪問者

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

2014.06.26/ 22:39(Thu)
昨日に引き続き、森の中で出会った腐生植物です。

こんなジメジメして土が肥えた森には、きっと何かある!と思いながら、
目を皿のようにしてキョロキョロしながら散策すると・・・

あった!あった!やっぱり何かありましたよ~

このどこかに咲いていますが、わかられますか?
1ムヨウラン
分かられなかった方は、一番最後に○で囲ってありますので、
その辺りを見てみてくださいね

アップにすると、こんなお花です。
7ムヨウラン
ガクと花弁はほぼ同形らしいですが、開花具合がいまひとつ
もっとちゃんと開くようです。
唇弁の内側には黄色いビロード状の密毛が生えています。

ムヨウラン(無葉蘭) ラン科ムヨウラン属
本州、四国、九州に分布  花期5~7月

こうしてみると、花の感じがサイハイランに似てたりして・・・。
3ムヨウラン
一見、枯葉と見まがうほどの地味な色ですが、枯れているわけではないですよ

4ムヨウラン
2本立っていました。

こういう楽器があったような・・・・・
鼓笛隊がつかう鉄琴? 最近は見かけませんが、まだあるのかなぁ・・・。

小さい方です
5ムヨウラン

高さは大きい方が50cmくらい、小さい方が25cmくらいでした。
6ムヨウラン
ご覧のとおり、シダの葉は見えますが、ランの葉が見当たりません。

葉が退化し、わずかに鱗片葉をつけるだけで
緑の葉が無いことから「無葉蘭」といいます。

とくに何かに利用されることは無いそうで、無用蘭とも書きます。(嘘々
冗談はさておきまして、緑色の葉が無いので、光合成をせず
「菌根を形成し、生活に必要な有機物を菌類から得ることで生活をする植物(Wikipediaヨリ)」です。

8ムヨウラン
樹が茂った森なので、薄暗く、しかもこの姿なので
少しの風でゆ~ら、ゆ~ら・・・写真が撮り難くてしょうがなかったです

一枚目の写真のウォーり・・・じゃなかった、ムヨウランの花の場所の〇印です。
2ムヨウラン (24)
簡単?でしたよね

でも、これを広い森の中から探し出すとなると・・・・・・ねぇ

撮影は6月13日です。
6月24日に同じ場所に行ってみましたが、茎だけが立って、なにもついていませんでした。

8月3日にまた確認したところ、実ができていました。
ムヨウラン実
花数よりも1つ少ないけれど、5つ中4つもできていてよかったな
スポンサーサイト



 
Genre: 趣味・実用 Theme: 草花 Category: 6月に会った花
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
 
Comment
 

こんばんは

植物界の生けるアンティークは
ランの形をしているだけにいい味出てますね。

人間界の生けるアンティークは、あまり誉め言葉にはなりませんがね。

特に使い道が無いから無用蘭、…ですか。…パチパチパチ。

ですが、オジサンの貴重なコメントネタを先取りされちゃったら辛いっス!

NAME:dechnocrat38 | 2014.06.28(土) 00:01 | URL | [Edit]

 

Re: こんばんは

dechnocrat38さま、こんばんは。

ランは花も、葉だけの姿でも
品があっていいですね。
あ!ムヨウランには
葉はないですけれど(^^;)

動植物(自分を含めて)いずれもアンティークは
味があっていいと思いますです(^^)b
噛めば噛むほど味が出るスルメみたいな・・・。

「無用蘭なの?」とは娘から出た言葉でした。
オバちゃんとしては、
これは是非使わねばe-420でしたので( ̄m ̄* )ムフッ♪

NAME:paya | 2014.06.28(土) 22:39 | URL | [Edit]

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2019 ぱやんぷ一家参上, all rights reserved.