FC2ブログ
http://payanpu.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

paya

Author:paya
野山に出かけて花を愛でるのが大好きな一家です。

訪問者

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

2014.06.05/ 23:00(Thu)
シライトソウ(白糸草) ユリ科シライトソウ属

本州、四国、九州に分布
山地の林内、木陰に生える

阿蘇では草原でよく見かけます。
1シライトソウ

草原といっても、ガンガン日が当たる南側というよりは、
北向の斜面が多いです。
2シライトソウ

林の中にも咲いていますが、点々・・・というぐらい。
2シライトソウ6

花は下から咲き上がっていきます。
3シライトソウ

長さ5~20cmの
穂状花序(すいじょうかじょ:
 長い主軸に花柄のない花を多数穂状につけるもの)に
両性花と雄花を多数つける

アップですが、写真がいま一つですみません
4シライトソウ
この、一つ一つが花です。・・・・・って、どれ?・・・ですよねぇ

白い(全体的に白ですが…)線状の特に長いのが
花被片(「花びら」と思っていただくと分かり易いです)で
丸い緑の子房の上方に4つずつついています。
長いといっても、1本の長さが1cmほどで、幅1mmほどです。

花被片は下方にも2本ありまして、そちらは
退化して小さくなり、ときに消失するそうで、
超小さいってことになりますので写ってないかもです。

雄しべ6個、雌しべはごく短く、子房は丸く、
花柱は深く3裂する。
雄しべがまたちょっと分かり難い(なにせ全部白)けれど、
花柱が3裂しているのは、辛うじて分かられるかも?・・・と。


葉は披針形(平たくて細長く、先のほうがとがり、基部のほうがやや広い形)
または線形で、花茎につく葉は互生です。
5シライトソウ
根生葉は、革質(革のように硬い性質)でロゼット状に集まり、
長楕円形または倒披針形(披針形を逆さにした形)で鈍頭。
長さ3~14cmです。

果実は長楕円形のさく果(いくつかの部屋に分かれて種が入っている形の実)です。
6シライトソウ
実は、小さな虫が沢山ついているように見えました。
6月22日撮影


名前の由来は、細くて白い花の様子からです。
7シライトソウ

属名Chionographis(キオノグラピス)はギリシャ語で
chionは雪
grapheは筆を意味しているので「雪の筆」ですね。
こちらの方が綺麗な名前だけど・・・
クリンユキフデという花もあるし・・・紛らわしいっか

花を見つけたら、近づいて
鼻孔を大きく膨らませて、思いっきり深呼吸してくださいね。
それはそれは芳(かぐわ)しい香りがいたします

花期5~6月 多年草

撮影は5月26日~(去年の)6月8日です。
スポンサーサイト



 
Genre: 趣味・実用 Theme: 草花 Category: 5月に会った花
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(4) 
 
Comment
 

なんだか

とってもおもしろいですw
こういう花は好きかも。ちらちらした感じが…。
葉も、根生葉がしっかりしているところがいいw
香りもいい花って、大好きですw
だけど、見たことないです…。
(だから、、草原が…w)

NAME:きくちゃん | 2014.06.05(木) 23:59 | URL | [Edit]

 

こんばんは

出ました、試験管ブラシ!…って感じですね。
こんな花のつき方をする植物は、科目を越えて他にもあったような気がしますけど、
シライトソウの右に出るほどの試験管ブラシは他にはないでしょうね。
毎度トンチンカンな品評ですけど、何かその筋の賞を差し上げたいような…。

NAME:dechnocrat38 | 2014.06.06(金) 01:18 | URL | [Edit]

 

Re: なんだか

きくちゃん、こんばんは。

シライトソウは、通常は林縁らしいので、
草原が無くても大丈夫です(^^)
斜面が好きなのかな・・・
林縁も草原も林内も、
斜面で見かけることが多かったように思います。

> 香りもいい花って、大好きですw
なおさら、見つかるといいな~
是非、香りを楽しんでいただきたいです。

NAME:paya | 2014.06.06(金) 22:54 | URL | [Edit]

 

Re: こんばんは

echnocrat38さま、こんばんは。

サラシナショウマや、オオバショウマ等も
形だけで考えれば試験管ブラシそっくりですが
大きさから考えれば、やはりシライトソウが
一番洗いやすそうですね。

そっくりで賞でしょうか(^^;)

トンチンカンかなぁ・・・?
クスッと笑えるオヤジギャグが光ってて、
毎回楽しませていただいております(^^)b
『オオスゴユリ』あたりは、本当に新種だったら
正式な名前になればいいのにと思うくらい
センスがいい!と思いましたです。

NAME:paya | 2014.06.06(金) 22:57 | URL | [Edit]

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2020 ぱやんぷ一家参上, all rights reserved.