FC2ブログ
http://payanpu.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

paya

Author:paya
野山に出かけて花を愛でるのが大好きな一家です。

訪問者

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

2014.04.29/ 14:27(Tue)
アケボノスミレ スミレ科

北海道(南部)、本州、四国、九州の太平洋側に分布
山地の明るく日当たりのよい林の下や草原に生えます。
アケボノスミレ3

アケボノスミレの特徴は、葉が花に遅れて開きます。

ただでさえ花が大き目のスミレなのに、
葉があまり茂っていないので花が目立ちます。

後日行ったら開いていた葉があったので撮影してきました。
アケボノスミレ1

葉は、心形で先は短く尖り、へりに低い波状の鋸歯があります。

春の葉は長さ、幅ともに4~8cm
両面、とくに下面に毛が多い・・・らしいですが、確認してきませんでした

夏の葉は12cmにもなるそうです。

スミレの仲間は、花期が終って夏になると、
急に大きな葉を出すようになるものが多いです。
大きくなるだけでなく、形が変わったりもします。


距は長さ幅ともに4mmほどの大きな袋になります。

4月23日に載せたナガバノスミレサイシンと同じ
『スミレサイシン類』ですので距の形が似ています。
9アケボノスミレ


アケボノスミレは、葉が目印です。
開いていない葉が目印というのはヘンな話ですが、
初めて山道で出会った時に、葉が開いていなかったので
アケボノスミレだと判りました。

この写真は、その初めて出会ったアケボノスミレです。
スミレの同定は難しいので咲いていても諦めることが多いのですが、
見つけた時はとっても嬉しかったです
アケボノスミレ4
ピンクに近い紫色をしていました。
図鑑には淡紅紫色とか、淡紅色~紅紫色と書いてあります。

花期3~5月 多年草

写真は4月21日~27日ですので、4月の後半に撮影したものです。

追記
9月5日撮影の夏の葉の様子です。
アケボノスミレ 夏葉0905-2
縦10cm、横9cmくらいでした。
全部が全部、こういう大きな葉ではなく、普通サイズの葉も一緒についていました。
スポンサーサイト



 
Genre: 趣味・実用 Theme: 草花 Category: スミレ科
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(6) 
 
Comment
 

お久しぶりv-290数日したら5月!
野山で色んな花を見かけるようになったばってん、知識のない私らは、名前のわからんv-356
こん前は、湧蓋山に登ったよ。キスミレやリンドウや馬酔木はわかったけど、赤い花や白い花...「paya先生に聞いてみらなん!」って旦那と話しながら歩いたたいv-106聞かなんって思いながら、写真撮るのを忘れたばってんね。

payaちゃんのブログば見だして、花に目の行くことの多なった。前は景色ばっかりだったけんね。別の楽しみば知ったたい。ありがとねv-290

そういえば、ババがブログの事知りたがっとったばい。

NAME:きゃろっぱけ゛ | 2014.04.29(火) 14:51 | URL | [Edit]

 

Re: タイトルなし

きゃろっぱげちゃん、こんにちは。

山に登ってますねぇ(^。^)
私は最近はさっぱりですたぃe-263

この前ちょこっと斜面を往復しただけで
翌日は足がこわって大変だったば~ぃ。

涌蓋山に今頃咲く赤い花や白い花・・・なんだろか?
私ゃ初心者だけん、
色んな人のブログとかば見て
勉強させてもらいよるだけだけん
まだまだですばい。

ババちゃんからは連絡があったんで、
恥ずかしながら・・・で告白しときました(^^;)

NAME:paya | 2014.04.29(火) 17:16 | URL | [Edit]

 

コメントを

読むのが楽しいwww
熊本弁?のイントネーションで読んでるつもりになってたりしますww
子供の頃には相当になまっていたけど、思えば方言で文字を書いたことがない…。今では方言も聞けば分かるという程度…。バイリンガルだったのに…。
で、スミレですが…スミレサイシンは、花が終わっていました。そちらには種類が多くてうらやましい。葉が遅く出る感じで、なんとなくサイシン節は似ているのかな。

NAME:きくちゃん | 2014.05.01(木) 03:51 | URL | [Edit]

 

おはようございます

こんな風に地ベタからいきなり茎が伸びて花を咲かせる赤紫は、
当地でもよく目にする無印の一つでした。
これがアケボノスミレなんですね。
今度は遅れて出る葉っぱの方もよく観察したいと思いますが、
おかげさまで、また一つお利口になりました。

NAME:dechnocrat38 | 2014.05.01(木) 04:09 | URL | [Edit]

 

Re: コメントを

きくちゃん、こんにちは。

きくちゃんはどんな方言を話されてたのかな?
使わないと忘れてしまうものなのよね・・・
以前テレビで熊本のお年寄りが
車の方向指示器のことを
「アポロ」って言うってやってたんだけど
それ見て、あ~そうだったねぇ・・・と思い出しました(^^;)
もう死語になっとるばってんね。

この際、きくちゃんも熊本弁マスターして
バイリンガルに返り咲く?
今居る所で熊本弁を使うと
きっと色々と楽しいと思うわ~♪

図鑑には「葉に先だって開く花や、
短い袋のような距、他、地下茎や托葉等(省略)
共通の特徴をもつ点でスミレサイシン節とする」
と、書いてあるので、
同じ仲間わけにしてあるんでしょうね。

いや、それよか、私、図鑑が古いんで『節』って言葉
ネットで見かけんし・・・なんでかな?
もう死語?って心配して使えんかったです。
同じころの図鑑には
「花柄」を「花梗」ってあまり使わない言葉で書いてあるし・・・
よかった、ブログの方、訂正しときますです。
ありがと~

NAME:paya | 2014.05.01(木) 15:26 | URL | [Edit]

 

Re: おはようございます

dechnocrat38さま、こんにちは。

少しでもお役にたてて嬉しいです。

かえって葉っぱが出てからの方が
私的には同定が難しいので、
開花の頃に出会えてラッキーでした。

dechnocrat38さんのお近くに生えるようでしたら、
花の時期に見つけられて場所を確認されると
葉が大きくなっても
見分けがつくようになられるかもしれませんね(^^)

NAME:paya | 2014.05.01(木) 16:13 | URL | [Edit]

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2020 ぱやんぷ一家参上, all rights reserved.