FC2ブログ
http://payanpu.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

paya

Author:paya
野山に出かけて花を愛でるのが大好きな一家です。

訪問者

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

2014.04.18/ 16:51(Fri)
レンプクソウは緑色で目立たない花ですが、
なかなか味のある形をしています。

4月6日撮影
レンプクソウ(連福草) 別名 ゴリンバナ  漢名 五福花
レンンプクソウ科レンプクソウ属 北海道~九州に分布 多年草
レンプクソウ1
別名や、漢名にあるように
茎先に小さな5個の花を横向きに4個、上向きに1個つけます。
小指の爪位の大きさかな・・・まぁ・・爪のサイズも色々ありますが

この時は娘が一緒に来れなかったので
サイズが分かり易いように比べている手の写真が無いのが残念

低い個体で6cm、背の高いものでも15cm位の大きさでした。
レンプクソウ5

根生葉は長柄があり、3~9個の小葉に分裂し、茎とほぼ同長。
茎葉は1対で対生し、3裂する。
・・・・・文字で読むと分かり難いしピンとこないですね
レンプクソウ3

パッと見、ケマンのような・・・セリのような・・・葉なのですが、
それがまた群生していると綺麗で目を引きました。

図鑑には
 本種はスイカズラ科のガマズミ属やニワトコ属に近縁であり、
 最近はこれらの属をレンプクソウ科に含めることがあるが、
 主に草本であることを重視して
 中国産のSinadoxaなどと共に独立の科とされることが多い。
 また、本種はかつては1種だけでレンプクソウ属を構成すると
 考えられていたが、現在は東アジアを中心に数種が認められている。
と書いてあります。

大分と熊本にはマンセンレンプクソウといわれるものもあるようですが、
レンプクソウと染色体が違うとか・・・見た目で判断できればいいけれど・・・う~む・・。

3月16日撮影 まだ葉が1枚出ただけです
レンプクソウ7

3月28日撮影 つぼみの写真です。
レンプクソウ6
5つの花が、まだギュッとしていますね。でも、もう並びがハッキリしています。

上向きの花は、4裂し、雄しべは8個
横向きの花は、5裂し、雄しべは10個あります。
レンプクソウ2

上向きの花だけ4裂っていうところが、
よくできてるなぁと感心するのですが、
(下から4枚来るのを上手く避けるつくりかな?と思うのです)
けど・・・隣りどうしは・・・ま、まぁそれは何枚でも当たるもんは当たりますもんね

こうしてみてみると、1枚目の写真もそうですが
5個一斉に開くのではなく、順に開くようです。

咲く場所は図鑑では、山地林内に生えると書いてありますが、
林の中でも、日当たりのいい土手でも見かけました。

4月上旬に花を咲かせ、5月下旬には地上部は枯れて休眠してしまう
スプリング・エフェメラルです。

レンプクソウ (26)

和名は、その昔、たまたま福寿草の根に
本種の長い地下茎がからまっているのを見た人が、
連福草と名づけたものといわれています。

ってことは、その時もし、他の根に絡まっていたら・・・
なんてこと、つい考えちゃいますよね



参考文献
『新牧野日本植物図鑑』北隆館 2008年、『身近な野草・雑草』主婦の友社 2011年
『野草検索図鑑』学習研究社 1985年
スポンサーサイト



 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(6) 
 
Comment
 

蕾の形も

おもしろいですね。
ナツトウダイも真ん中に咲く花と周りの花とでは蜜腺の数が違ってたりして、
植物って不思議な規則性…。
花と手の写真を撮ろうとすると、爪に土がつまっていたりして、途方に暮れるときがありますw
小さなモノサシを買ってみたりもしたのですが、自立しないし…w

NAME:きくちゃん | 2014.04.19(土) 06:37 | URL | [Edit]

 

おはようございます♪

珍しい構成の花ですね。
でも もしかすると私もどこかで
見たことがあるのかも。
そんな気がする葉です。

レンプクソウ。
またひとつ花の名前を覚えました。

次回の山登りは
どんな花と出会えるか
楽しみです(*^^*)

NAME:こっぺ | 2014.04.19(土) 07:49 | URL | [Edit]

 

こんばんは

連勝複式、…と言えばまるで馬券ですが、
それとは関係のないレンプク草なんですね。

決して目立つ植物でもなさそうですが、
こんな花よく見つけられますね。
名前の特定だけでも大変だろうと思うのですが、
それを探り出すのもまた楽しみのうちなんでしょうね。
おかげさまで、こちらも勉強させてもらってます。

NAME:dechnocrat38 | 2014.04.19(土) 22:37 | URL | [Edit]

 

Re: 蕾の形も

きくちゃん、おはようございます。

丁度今朝、娘と植物の規則性みたいな話題で
野菜のロマネスコの話しをしていました。
昨日は山でフデリンドウの葉の並びで・・・
その植物なりのきっちりした理由があっての
決まり事で当たり前なことなのでしょうが、
人から見れば不思議で面白く、また美しく感じますね(*^_^*)

私も、これからは娘が忙しくなったのでモノサシ等に頼らにゃんなぁ・・・
と思っているのですが、そっか・・・自立しないのねe-263
父ちゃんに被写体が見えるように
「ここ押さえとって~」とか頼みたくても先に行ってて
遠くにいることが多くて困っちゃうんですよねぇ(>_<)

NAME:paya | 2014.04.20(日) 11:05 | URL | [Edit]

 

Re: おはようございます♪

こっぺさま、おはようございます。

私も、レンプクソウを見た時に
この葉って見たことあるかも?と思いました。
花は目立たないのですが、葉を覚えると見つけやすいかな・・・
でも、似たような葉が多くて、
花が咲いていない時期って同定が一段と難しいですよね(>_<)

こっぺさんの県には黒髪山ってありますよね。
そこにしか生えない植物もあるので
是非行ってみたい山なのですが、遠くてなかなか・・・。
こっぺさんがもし登られる時は
前もってその時期に何が咲くか調べられて行かれると
見つける楽しさが倍増するかも知れませんね(^^)

NAME:paya | 2014.04.20(日) 11:17 | URL | [Edit]

 

Re: こんばんは

dechnocrat38さま、おはようございます。

連勝複式・・・馬券のことは全く分からないのですが
パソコンでは「連複」で変換がこれしか出ないので
「連福」を「連複」と間違えそうですね(^^;)

この花はたまたま見つけたのですが、
図鑑に書いてあるような林内でなくて私もビックリしました。

一旦目が慣れてしまうと
ここにも、あそこにも、となるので、
最初の1つ目が見つかるとあとはしめたものです。
普通は、其々に咲きそうな場所というのがあるので、
アレが咲いていないかな?と思いながら探しています。

案の定、在った時はしてやったりで、
意外な場所で出会った時は、またそれなりに嬉しい
宝探しのような気持ちです(^^)

NAME:paya | 2014.04.20(日) 11:47 | URL | [Edit]

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2020 ぱやんぷ一家参上, all rights reserved.