FC2ブログ
http://payanpu.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

paya

Author:paya
野山に出かけて花を愛でるのが大好きな一家です。

訪問者

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

2014.04.13/ 21:24(Sun)
半月前の3月30日に撮影しました。

シュンラン(春蘭) ラン科シュンラン属 北海道(奥尻島)~九州(種子島)に分布
シュンラン (37)

名前の由来は
中国原産のラン科の『春蘭』によく似ているということで、
この漢名春蘭を日本読みにしてシュンランの和名になりましたが、
中国春蘭は、日本には自生しないそうです。

もしくは、春に咲く蘭ということで春蘭と言われる説もあるようです。

別名は「ジイサンバアサン」「ジジーババー」
「ホクロ」「ホクリ」「ホックリ」「ホッコリ」の他、
「ヤマデラボウサン」(何故?山寺坊さん?)とか、あるそうです。

別名の由来は、この点々模様を“ほくろ”にみたてたものだそう。
シュンラン1
花期3~4月 多年草

花に顔を近づけてみると化粧品の様な香りがほのかにしました。

シュンラン (20)

花茎は淡い緑の膜のような鱗片に包まれ、その上に普通一つの花をつけます。
花も黄味を帯びた緑色で、西洋蘭に比べて地味ですが、
愛好家も多く、観賞用として多くの品種がつくられています。

「盗らないでください」と看板が掛かっているにもかかわらず
残念なことに、この場所では盗掘の跡がありました

シュンラン (9)

『野菊の墓』には薬用として登場したり、
めでたい席の『蘭茶』等として食用にもなるようですが、できれば、
1年待って、春先にやっと開いた花なので(1株に沢山咲かせるでもないし)
花の寿命を全うさせてあげて欲しいと思うのは・・・私だけじゃないですよね。

もちろん、根っこごと持ち去るのは論外で

11月末に実がありましたので写真を追加しました。
シュンラン11-10
大きいです。 指3本分位の長さかな。

参考文献
『山野草カラー百科』主婦の友社 1991年、『日本の野草』小学館 1991年
『花とみどりのことのは』幻冬舎 2001年、『身近な野草・雑草』主婦の友社 2011年
『野草検索図鑑』学習研究社 1985年
スポンサーサイト



 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(8) 
 
Comment
 

シュンランの香りは

とてもいいですよねw
かなり香る気がします。
母に塩漬けにしてくれと頼まれた!のですが、やめときますw
(香りのいいお茶になるからとのこと)
私の行くところでは、森林管理の人?が、ばさばさ刈り取った形跡があります。(松くい虫の退治用の細道作りのためみたい)

雨上がりなのか、しっとりして、きれいなシュンランです。

NAME:きくちゃん | 2014.04.14(月) 00:09 | URL | [Edit]

 

今年は会わなかったなぁ

先日飯田山で 去年会った場所を覗いてみましたが
株もなくなっていました。

会いたいなぁ

NAME:のけぼし | 2014.04.14(月) 00:54 | URL | [Edit]

 

Re: シュンランの香りは

きくちゃん、こんばんは。

きくちゃんは手作りで蘭茶が作れるんですね。
すご~い。
桜茶なら飲んだことあるけれど、
蘭茶の香りはあの花の香りがそのままなのでしょうか。

刈られる前に花が採取できたら
どうせ刈られるんだものねぇ・・・
刈ってそのまま捨てられるのも可哀そう(;_;)

NAME:paya | 2014.04.14(月) 22:18 | URL | [Edit]

 

Re: タイトルなし

のけぼしさま、こんばんは。

会いに行った株が無くなっていると
ショックも大きいですよね(>_<)

まだ時期は大丈夫なのでしょうか?
この写真はどれも
のけぼしさんのフィールドで見た花なのですが・・・。

NAME:paya | 2014.04.14(月) 22:26 | URL | [Edit]

 

こんばんは

緑に緑の保護色で一見目立ちませんけど、
お洒落上手はやっぱり蘭科の特徴ですね。

それがどうして行くところによってはジイサンバアサンなのか?
呼び名がいろいろあるということは、
それだけ昔から親しまれ来た証拠でもありますね。

この花を最初に食べようなんて気を起こした人は、
たぶん食べちゃいたいほど可愛かったのかも知れませんね。
…ですが、盗掘はいただけません。

NAME:dechnocrat38 | 2014.04.15(火) 03:51 | URL | [Edit]

 

Re: こんばんは

dechnocrat38さま、こんばんは。

ラン科の花は、地味でも品がありますよね。
なんだか高級感が漂います。

それ故に?狙われる対象となってしまって、
小さくても、地味でも、蘭と名が付けば
それだけで盗掘されてしまいます。

春蘭はとても珍しいというほどでもありませんが、
県別にみると絶滅危惧種としている県もあります。
親しまれた花が減るのは寂しいですね。

咲いている時に香りだけ楽しませてもらって、
ご馳走さまでした。で、済ませたいですね(^^)

NAME:paya | 2014.04.15(火) 22:15 | URL | [Edit]

 

おはようございます♪

私も度々山の中で
「花を盗らないでください」と
呼び掛ける看板を目にします。
花泥棒は罪にならないと言いますが
それとは、全く意味が違います!

野山にひっそりと咲くからこそ美しいのに、
とても残念な気持ちになりますね。

春蘭。
私もいつか出逢ってみたいです。

NAME:こっぺ | 2014.04.16(水) 06:26 | URL | [Edit]

 

Re: おはようございます♪

こっぺさま、こんばんは。

野草を掘り盗った跡を見るとガックリします。
なんせ、明らかにおおきなスコップで
掘ってあるのがハッキリわかるので・・・
移植ゴテみたいな可愛いもんじゃなく、ごっそりです(ーー;)

春蘭は林の中にたまに生えていますよ(^^)
こっぺさんは山登りをされるので、
気を付けて探されると見つかるかもです。
(どっちかというと、高山より、低山がいいです)

NAME:paya | 2014.04.16(水) 20:16 | URL | [Edit]

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2020 ぱやんぷ一家参上, all rights reserved.