FC2ブログ
http://payanpu.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

paya

Author:paya
野山に出かけて花を愛でるのが大好きな一家です。

訪問者

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

2014.02.21/ 22:49(Fri)
間谷山は、上益城郡山都町にある山です。

以前、甲佐岳に登りに行った時に、
そのまた奥に甲佐岳より高く見えていたので気になっていました。

熊本市中央区から山都町に向かって445号線を走り、
「山都町北中島交差点」から右折して県道152号線に入ります。

3.4km行くと、県道223号線へ入る道がありますので、そこで左折です。
1山への道の目印1-1
(あれ?反対側は見所が沢山?

5.4km進むと林道へ入る道がありますので、そこを右折です。
2山への道の目印2
曲がったところです。
3山への道の目印3
4km程進むと本峰の登山口になります。
4本峰登山口1
入り口辺りはちょっと茂っていましたが、
先の方は植林されて日が当たらないせいか、
灌木も生えて無い踏み跡がはっきりわかります。
5本峰1
10分ほどで一番高そうな所に出たのですが・・・山頂らしき印がありません。
6本峰2
帰ってネットで見ると、2年前には臼杵市山岳会のプレートと、
宮崎の山本さんの杭があるようですが・・・何故か無い
でも、場所はここで間違いないようです。

以前登った山鹿の『西岳』も
臼杵市山岳会のプレートが無くなっていたのですが、
どうして?

臼杵市山岳会の方が持ち帰ったのかな?
それとも、金属だから缶の回収みたいに
お金にでもするつもりで誰かが持ち去ったとか?
・・・・・想像力が乏しくてそれ以上浮かびませんで・・・

一旦、車まで戻り、次は先にある西峰を目指したのですが、
登山口がとうとうわかりませんでした。

これは、次回の宿題です

Uターンして、来た林道を戻り、今度は東峰へ向かいました。

ネットで調べると、ここからのようですが・・・とりあえずここから登り始めました。
7東峰登山口1
駐車した辺りには「熊本県立矢部高等学校 万谷演習林」と書いた標識があり、
右に入る(車では無理そうな)小さな道もあります。
写真の「県有林森林作業道」の標識の右に見える未舗装の道は
工事の途中っぽかったです。

リボンを頼りに進んでくと、軽く登った後すぐに下り、
「あれ?」
さっき車で走ってきた林道に出てしまいました。
9東峰へ

本峰方面を向くと、すぐにまたリボンがありましたので、そこから入ります。
10東峰登山口3

また10分で山頂に到着。
11東峰
最近樹を伐採されたようですが、展望はありません。

ここには宮崎の山本さんの杭もあるはずなのですが、
見当たりません。

伐採された樹と一緒に置いてあるかもしれないと
探してみましたが、見つけることはできませんでした。

山頂から先に進み下ってみると、やはりさっきの林道に出ました。
12東峰より
よく見ると、ここにピンクのテープがありました。
(分かり易いように、写真のテープの色を濃くしてみました)
ここからだと、2~3分で山頂かもです。

車まで、歩き始めから50分くらいで戻りましたので、
途中林道に出た所や、山頂のすぐ下辺りに駐車すれば、もっと短距離で登れます。

この山は、山頂付近に林道が通ってたので、
林道に出たり、山道に入ったりしながらの登山道があるようでした。
そういえば、ピンクのテープが林道脇に有ったり、
奥を覗くと山の中に有ったり・・・が、ずっと続いていました。
(もしや、それも地籍調査?)

途中で見かけた植物です。

ツクシショウジョウバカマ ユリ科 九州に分布
ツクシショウジョウバカマ

ミヤマウズラ ラン科 北海道、本州、四国、九州に分布
ミヤマウズラ

蕗のとうが出ていました
ふきのとう
天ぷらにして美味しくいただきました
スポンサーサイト



 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2020 ぱやんぷ一家参上, all rights reserved.