FC2ブログ
http://payanpu.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

paya

Author:paya
野山に出かけて花を愛でるのが大好きな一家です。

訪問者

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

2014.02.19/ 23:31(Wed)
最後に『白山』へ行きました。

2月17日の『耳取山』の2枚目の写真にある、
馬頭観音の三叉路まで戻り、
そのちょっと下の広くなっている所に駐車しました。

行は「自然観察コース」から登りました。
31白山1
畑の脇を、人ひとりが通れるような細い道が延びています。

やがて畑から離れていって、林の中になります。
32白山2
道は整備されていて、途中、
自然のことについて学習できる看板などがあり
読みながら進むのも楽しいです。

鼻歌が出そうなくらいの穏やかな道を17~8分来ると、
分岐に出ますので、左に進みます。
ここからやっと登り始めます。
34白山4
分岐から12分登って来ると、山頂に到着です。

新幹線の線路や、薄っすらですが、先日登った『甲佐岳』
後日載せる『間谷山』、2年前に登った『雁回山』が見えました。
36白山6

山頂には「遊目台」というのがあります。
江戸時代に宇土支藩の五代藩主が
巨石を碁盤に見立てて目を刻ませ、
終日碁に興じたという故事に由来するそうです。
35白山5
石に碁盤の目らしきものが刻んであります。

帰りは「市街地展望コース」を下りました。
37白山7
こちらの方が階段が多くて大変
帰りで良かった~

38白山8
蜜柑畑に出て下って行くと、車道に出ますので、
そこを左に曲がって進むと馬頭観音の所に戻ります。
39白山9
50分で山頂を通って1周できます。

こんな物を見かけました。
何でしょう?
40ワナ1
横に下げてある掲示のアップです。
41ワナ3
そういえば、タイワンリスが繁殖して
農作物に被害が出て困っていると以前ニュースで見ていましたが、
こんなふうに罠をしかけてあるんですね。
41ワナ2
餌は栗でした。ちょっとカワイイ。
でも・・・悪い子なんですよね・・・日本に来なければ
捕らわれずとも済んだのに、被害に遭う人も、リスもどちらも可哀そうですね

帰り、白山の下にある「轟水源」に寄りました。
42轟水源
ここから取水して、市街地の一部に給水されているそうですが、
現存する石管水道では日本最古とのことです。
スポンサーサイト



 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
 
Comment
 

再度おはようございます

こちらは一転春ののどかさですね。
道もよく整備されている様子で、
本当に鼻歌の一つも出そうな雰囲気ですが、
そうなると見晴らしまでよくなるんですね。

タイワンリスも元はと言えば誰か連れて来た輩がいるということですね。
温暖な土地柄にしたたかさがマッチングしたんでしょうけど、
増え過ぎれば駆除も止むを得ないのかも知れませんが、
複雑な気にもなりますね。

NAME:dechnocrat38 | 2014.02.20(木) 09:30 | URL | [Edit]

 

Re: 再度おはようございます

dechnocrat38さま、もひとつこんばんは、です(^^)

こちらの山は、中世の頃お城があったかもしれないそうです。
この見晴らしですので、なんだかうなずけますよね。

宇土半島のリスも、江津湖に繁殖してしまったウォーターレタスも、
元はといえば、人間のせいなのでしょうね・・・
人間が持ち込んでおいて、増えすぎると邪魔だという
駆除される生き物からすれば、なんて自分勝手な言い分。

持ち込んだ人間と、被害を受ける人間は
同じ人ではないのでしょうが・・・
他にもブラックバスだとか、ジャンボタニシだとか
安易に取り入れちゃいけない例が残念ながら沢山ありますよね(-_-;)

NAME:paya | 2014.02.21(金) 00:19 | URL | [Edit]

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2020 ぱやんぷ一家参上, all rights reserved.