FC2ブログ
http://payanpu.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

paya

Author:paya
野山に出かけて花を愛でるのが大好きな一家です。

訪問者

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

2014.02.17/ 23:30(Mon)
昨日は宇土市にある『白山』と、
(宇城市との境界にある)『耳取山』と『鼻崩山』へ

・・・行ってきましたが、『鼻崩山』は
山頂が分からずじまいでした。

とりあえず、今日は『耳取山』です。

無線中継所の鉄塔がある方が『耳取山』で、向かって右側が『鼻崩山』です。
1耳取山 全景
轟水源を目指して行き、
水源の駐車場手前から左折して『白山』への道に入ります。

道なりに登って行くと、左側に馬頭観音がある交差点に出ますので、
そこを右折がかった直進方向に進みます。
2馬頭観音の交差点

馬頭観音から1.4km程進みますと五叉路に出ますので、
そこを一番右の道に進みます。
3耳取山五叉路

途中、右側にある看板
9耳取山途中看板

1~2回?分かれ道がありますので注意です。

暫く進むとこんなちょっと広めの丁字路に出ます。
車はこの辺に駐車しました。
4耳取山交差点
曲がるとすぐ近くに鉄塔がもう見えています。
5耳取山の電波塔へ
無線中継所の脇を通って歩いて行きます。
6耳取山の電波塔脇へ
林の中には目印のテープがしっかりついていましたので、迷わず行けます。
7耳取山へ

この山は、ほどなく、と言いますか・・・あっけなく10分で山頂に到着でした。

石塔には「文政五年」と、
「宮庄村」「石橋村」「椋倉村」という今も残る地名と
代表者らしき人の名前が彫ってありました。
8耳取山山頂
山頂には臼杵市山岳会のプレートと
地元の高校の山岳部のプレートがありましたが
どちらも山の高さが416.9Mと誤表記してありました。
(本当は400Mです。ちなみに『鼻崩山』が416.9Mです)

もっと下の方に駐車して林道を登るのもいいかも知れませんが、
初めての山だったので、
今回はとりあえず場所の確認だけでもOKということで
スポンサーサイト



 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
 
Comment
 

こんばんは

少し高みではそちらも雪が降ったんですね。
本来だとこれより少し多いくらいが当地の平年ですが、
今回の歴史的バカっ降りには参りました。

文政5年とは由緒ある山のようですね。
僅か10分で登頂とは思えない秘境のイメージもするんですがね。

当地では目下、裏山登りさえままなりませんので、
こうして画像を拝見するにつけ、
自由に山道が歩けるのって、有り難いことなんですね。

NAME:dechnocrat38 | 2014.02.18(火) 21:04 | URL | [Edit]

 

Re: こんばんは

dechnocrat38さま、こんばんは。

雪は綺麗ですが、程々がいいんですね。

dechnocrat38さんのあの雪の量や、
この冬は特にあちこちで被害が大きかったので、
羨ましいなんて呑気なことを言っはいけないなぁ…と反省です。

キツイ山登りはできないのですが、
(10分ではいくらなんでも物足りないです(^_^;))
これではまるでピークハンター?
って思われそうですよねe-263
(あながち間違いではないかも知れませんが…)

dechnocrat38さんが以前
「山は低いからと侮るなかれ」というような意を
書かれていらっしゃいましたよね。
dechnocrat38さんの“低い”と、
我が家の行く山はケタが違いすぎますが、
超低い里山も、この山のように歴史とかがあって
それなりに楽しいです(^^)

早く雪が解けて、
登山ができるようになられるといいですね。

NAME:paya | 2014.02.18(火) 23:23 | URL | [Edit]

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2020 ぱやんぷ一家参上, all rights reserved.