http://payanpu.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

paya

Author:paya
野山に出かけて花を愛でるのが大好きな一家です。

訪問者

カレンダー

06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
2016.07.30/ 20:44(Sat)
前回の続きで7月10~14日に会ったお花です。


ヤブレガサ(破れ傘)  キク科ヤブレガサ属
本州、四国、九州に分布  花期 7~9月
丘陵や山地の林下に生える多年草です
11ヤブレガサ17-10-3
どの株もやけに花が低いと思ったら、茎がぷっくりふくれています(写真 右下)
検索してみると「ヤブレガサクキフクレズイフシ」という虫こぶだそうです。

ほぼ全部の花に虫こぶができていて花茎が伸びておらず、
左の写真の様にまともなのは2本だけでした。



オオハンゲ(大半夏)  サトイモ科ハンゲ属
本州、四国、九州に分布  花期 7~8月
山野の林内に生える多年草です
12オオハンゲ9



ヤマジオウ(山地黄) シソ科オドリコソウ属
本州(神奈川県以西)、四国、九州に分布  花期 7~8月
山地の木陰に生える多年草です
13ヤマジオウ1-6



ギンバイソウ(銀梅草)  アジサイ科ギンバイソウ属
本州(関東地方以西)、四国、九州に分布  花期 7~8月
山地の林縁、林内に生える多年草です
14ギンバイソウ8-9-5
葉先が2裂の独特な形をしています。


次回につづきます  
スポンサーサイト
編集[管理者用] Trackback(0) 
2016.07.28/ 13:18(Thu)
7月10日~14日に会ったお花です。

キンバイザサ(金梅笹)  キンバイザサ科キンバイザサ属
本州(紀伊半島、中国地方)、四国、九州、沖縄に分布  花期 5~8月
低山地の林縁、樹林下、草地に生育する多年草です
1キンバイザサ1-2
お花は地面に近い所で咲きます。

次のコキンバイザサは、キンバイザサに似ますが、す~っと伸びた茎の先に花が咲きます。

コキンバイザサ(小金梅笹)  キンバイザサ科コキンバイザサ属
本州(宮城県以南)、四国、九州、沖縄に分布  花期 5~7月
低山地の日当たりのよい草原に生える多年草です
2コキンバイザサ1-3
同じ所に生えていたので、両方の葉が一緒に写っています。
比べるとキンバイザサの葉の方が幅が広いです。


マイサギソウ(舞鷺草)  ラン科ツレサギソウ属
北海道、本州、四国、九州に分布  花期 6~7月
日当たりのよい山野の草地に生える多年草です
3マイサギソウ1
ちょっとごちゃごちゃしていますねぇ・・・ここには5株がかたまって咲いていました。


ササバラン(笹葉蘭)  ラン科クモキリソウ属
本州(関東地方以西)、四国、九州、沖縄に分布  花期 7~8月
日当たりの良い草原に生える多年草です
4ササバラン5-8
小豆色で小さくて可愛いお花です。

次回につづきます  
編集[管理者用] Trackback(0) 
2016.07.25/ 18:03(Mon)
ノカンゾウ(野萱草)  ススキノキ科(ユリ科)ワスレグサ属
本州、四国、九州、沖縄に分布  花期 7~8月
原野や山麓に生える多年草です
ノカンゾウ12
初めて会ったお花です。
熊本ではどうしても会えなくて半ば諦めていたのですが、隣の県で偶然会うことができました
ノカンゾウ14
もっと柔らかな土地の湿っぽい所を想像していたのですが、ここは岩ばかり・・・
でも、水が所々に流れているような少し湿り気のある岩壁でした。
ノカンゾウ20
いつもは指を添えて実物大の写真を掲載しているのですが、このお花は大きいので手のひらまで

別な場所ですが、ヤブカンゾウも咲いていたので・・・

ヤブカンゾウ(藪萱草)  ススキノキ科(ユリ科)ワスレグサ属
北海道、本州、四国、九州に分布  花期 7~8月
道端、田畑の土手、野原などに生える多年草です
ヤブカンゾウ7
花は八重咲きで、雄しべや、時には雌しべも、花弁に変化するそうで、
ヤブカンゾウ3-7
左の写真は普通に雄しべがあるもの。(雌しべは・・・どれかな?
右は花弁の先から花粉が出ているように見えるものです。

ノカンゾウは果実ができますが、ヤブカンゾウは結実しないそうです。
ヤブカンゾウ6
ヤブカンゾウは、古い時代に中国から観賞や食用として、帰化したと考えられているそう。

ノカンゾウもヤブカンゾウも1日花で、朝に開き、夕方にはしぼみます。
撮影はどちらも7月10日前後です


別名 わすれぐさ

「わすれ草 わが紐に付く 香久山の 故(ふ)りにし里を 忘れむがため」  大伴旅人(万葉集)

(わすれ草を衣の下紐に付けました。香久山のある懐かしい故郷を忘れていられるように)
都を離れて太宰府の長官として赴任している時に詠まれたそうです。


ちなみに「忘れ草」の反対で「思い草(シオン)」というのもあります。 
編集[管理者用] Trackback(0) 
2016.07.21/ 22:37(Thu)
やっと7月のお花に取り掛かったのに、7月ももう3分の2が過ぎてしまったんですね・・・。
毎日バタバタで、なかなか花の時期に内容が追いつきません


県外まで足を延ばして7月1日に会ってきたお花です。

フガクスズムシソウ(富岳鈴虫草)  ラン科クモキリソウ属
本州、四国、九州に分布  花期 6~7月
落葉樹林内の樹木(主にブナ)に着生する多年草です
フガクスズムシソウ74
セイタカスズムシソウに似ているのかな?と会いに行きましたが、さほど似ていませんでした。
フガクスズムシソウ183-188
図鑑に書いてあるように「全体がきわめて小さい」こともなく、
むしろ花は会ったことがある他のクモキリソウ属の花より大きかったです。


タカネマンネングサ(高嶺万年草)  ベンケイソウ科マンネングサ属
本州、四国、九州に分布  花期 6~8月
山地の樹上、岩上などに生える多年草です
タカネマンネングサ15
フガクスズムシソウと同じ所に生えていました。


ケイビラン(鶏尾蘭)  ユリ科ケイビラン属
本州、四国、九州に分布  花期 7~8月
山地の岩壁や岩に生える多年草です
ケイビラン30-33-34
鎌状に曲がった葉が特徴的で、鶏の尾に似ているので名前の由来になっています。
ケイビラン23
ケイビランの撮影は7月6日です。 
編集[管理者用] Trackback(0) 
2016.07.16/ 15:27(Sat)
前回に続き、6月26日に会ったお花です。


ツクシチドリ(筑紫千鳥) ラン科ツレサギソウ属
九州(大分県、鹿児島県)に分布  花期 6~7月
山地の針葉樹林内に生える多年草です
6ツクシチドリ0-64-69
図鑑で見ていると大きさのイメージがピンと来なくて・・・
実際に会ってみると、その小ささにびっくりでした。
7ツクシチドリ2


ネバリノギラン(粘芒蘭)  キンコウカ科(ユリ科)ソクシンラン属
北海道、本州(中部地方以北)、四国、九州に分布  花期 6~8月
高山の草地に生える多年草です
8ネバリノギラン1-18-17
お花を触るとベタベタします。 お花はノギランのようには開かず、半開きぐらいだそうです。
9ネバリノギラン11


ヤマオダマキ(山苧環)  キンポウゲ科オダマキ属
北海道、本州、四国、九州に分布  花期 6~8月
深山の高原の明るい草地や林縁に生える多年草です
10ヤマオダマキ26-6-35-40
紫色の部分は萼片で、中の黄色い部分が花弁です。
11ヤマオダマキ1
初見のお花に会えると嬉しいな



昨日は山蛭が服の背中や、リュック、ズボン、長靴を履いていたのに靴下にまで
父ちゃんと合わせて7匹も引っ付いていました。
こういうヤツです
山蛭
3cm位の長さで、ミミズみたいなんですけど、シャクトリムシみたいな動きをします。

父ちゃんは以前吸われちゃったのですが、かなり痒いそうです。&暫く血が止まりません。
山に行かれたら、ご注意を 
編集[管理者用] Trackback(0) 
2016.07.14/ 23:24(Thu)
6月26日に会ったお花です


アオタチカモメヅル(青立鴎蔓) ガガイモ科カモメヅル属
本州(近畿以西)、四国、九州に分布  花期 7~9月
湿地や湿りけのある草地に生える多年草です
1アオタチカモメヅル10-4-5


クサレダマ(草連玉) サクラソウ科オカトラノオ属
北海道、本州、九州に分布  花期 7~8月
山地の湿地や、草原の凹地などの湿り気のありそうな所に生える多年草です
2クサレダマ1
名前の由来は、マメ科の落葉低木「レダマ(連玉、麗玉)」に花が(あまり似ていないのですが)
似ているということで“草”のレダマ→クサレダマです。


ショウキラン(鍾馗蘭) ラン科ショウキラン属
北海道、本州、四国、九州に分布  花期 7~8月
山地の林内に生える腐生植物で、多年草です
3ショウキラン26-3
名前の由来は、花の形を魔除けの神「鍾馗(しょうき)」に見たててあるそうです。


タマガワホトトギス(玉川杜鵑草) ユリ科ホトトギス属
(北海道)、本州、四国、九州に分布  花期 7~9月
夏緑林のやや湿った半日陰のような所に生える多年草です
4タマガワホトトギス3-11

5タマガワホトトギス9
以前も載せたのですが・・・
名前の由来は、京都の井手町の玉川がかつてヤマブキの名所で、
同じ黄色つながりで、
黄色→ヤマブキと同じ色→ヤマブキの名所は玉川→タマガワホトトギス
になったそうです。

つづきます  
編集[管理者用] Trackback(0) 
2016.07.11/ 15:16(Mon)
あちこちの山でヤマアジサイに会いました。

いろんな色があって、どの花みても奇麗だな~

ヤマアジサイ(山紫陽花) アジサイ科アジサイ属
本州(関東以西の太平洋側)、四国、九州に分布  花期 6~8月
山地の渓谷や、湿った林縁、林内などに生える落葉低木です
1ヤマアジサイ9

2ヤマアジサイ28

3ヤマアジサイ22

4ヤマアジサイ12

5ヤマアジサイ15

6ヤマアジサイ31

7ヤマアジサイ25

8ヤマアジサイ19

6月18日~7月1日の撮影です

ヤマアジサイの一変種で甘みのあるものがアマチャだそうです。

アジサイには毒があるので大丈夫なのか調べてみると、
厚生労働省のHPに以前の中毒例が書かれていて、
花祭りで甘茶を飲んだ園児や小学生で嘔吐などの例があるようです。

でも、濃く出したものを避け、薄く入れた物なら大丈夫だそうですよ 
Genre: 写真 Theme: 季節の花たち Category: 樹木
編集[管理者用] Trackback(0) 
2016.07.08/ 18:20(Fri)
お花も山もアップできずに溜まってしまって、気持ちだけは焦っている今日この頃です

とりあえず、6月後半に会ったお花です。

ウンゼンマンネングサ(雲仙万年草)  ベンケイソウ科マンネングサ属
本州(中国地方)、四国(小豆島)、九州に分布  花期 6~7月
山地の岩場などに生える多年草です
ウンゼンマンネングサ16-17-6
6月10日撮影


オオルリソウ(大瑠璃草)  ムラサキ科オオルリソウ属
本州(中部以西)、四国、九州、沖縄に分布  花期 6~8月
山地の川の側の日当たりのよい場所で見かける2年草です
オオルリソウ20-12
花序の先がくるんって曲って可愛いです
オオルリソウ3
6月18日、24日撮影


コクラン(黒蘭)  ラン科クモキリソウ属
本州(茨城県以南)、四国、九州に分布  花期 6~7月
低山の常緑林下に生える多年草です
コクラン2-16-6
6月18日撮影


クモキリソウ(蜘蛛切草、雲切草、蜘蛛散草、雲散草、雲霧草)  ラン科クモキリソウ属
日本全土に分布  花期 6~8月
丘陵や山地の林下に生える多年草です
クモキリソウ20-6-9
6月18日、26日撮影
一昨日見た場所は、全部花は終わっていました。8月に花が咲くのはだいぶ北の方なのかな・・・。


ツチアケビ(土木通)  ラン科ツチアケビ属
北海道、本州、四国、九州に分布  花期 6~7月
山の森林内に生える腐生ラン(腐生植物(菌従属栄養植物))です
ツチアケビ19-11-9
6月24日撮影
花が終わると赤い大きな実を付けます。 実は一昨年の8月11日撮影です。 
編集[管理者用] Trackback(0) 
クロカミランに会いに行ってきたので、ついでと言っては何ですが
近くから撮影できないのでピントがあまいウチョウランも一緒に・・・しかも何年か前の写真ですが


ウチョウラン(羽蝶蘭)  ラン科ウチョウラン属
本州(関東地方以西)、四国、九州に分布  花期 6~8月
渓谷や尾根筋の岩上、崖、岩壁、腐植が堆積した岩の割れ目などに生える多年草
ウチョウラン19

ウチョウラン7
6月28日撮影


クロカミラン(黒髪蘭)  ラン科ウチョウラン属
九州(佐賀県)に分布  花期 ウチョウランより早め
黒髪山の岩壁に生育する多年草
クロカミラン5
遠くの岩壁に咲いていた株です。
クロカミラン19
クロカミランはウチョウランの変種だそうです。
クロカミラン35-28-10

クロカミラン42
6月10日撮影

ウチョウラン、クロカミランはその美しさのため、乱獲され激減しているそうです。

ウチョウランの変種としては他に
千葉県の房総半島南部の岩壁に生育するアワチドリ
鹿児島県の下甑島の海岸の岸壁に生育するサツマチドリ
などがあるそうです。 
編集[管理者用] Trackback(0) 
 
Copyright © 2016 ぱやんぷ一家参上, all rights reserved.
まとめ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。