http://payanpu.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

paya

Author:paya
野山に出かけて花を愛でるのが大好きな一家です。

訪問者

カレンダー

05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
2016.06.30/ 11:37(Thu)
6月7日に森で会ったお花です。


イチヤクソウ(一薬草)  ツツジ科イチヤクソウ属
北海道、本州、四国、九州に分布  花期 6~7月
丘陵や山地の林下に生える常緑の多年草です
イチヤクソウ11-3
咲き始めで初々しかったです
イチヤクソウは、以前、少し詳しく載せております→イチヤクソウ


ウメガサソウ(梅笠草)  ツツジ科ウメガサソウ属
北海道、本州、四国、九州に分布  花期 6~7月
山地や丘陵地の林下などに生える常緑の多年草です
ウメガサソウ2-0
こちらはまだ蕾でした。
ウメガサソウも以前、少し詳しく載せております→ウメガサソウ


ワニグチソウ(鰐口草)  キジカクシ科(ユリ科)アマドコロ属
北海道(西南部)、本州、四国、九州に分布  花期 5~6月
山地の草原や疎林に生える多年草です
ワニグチソウ81-62
初めて会ったのに、ほぼ花は終わっていました。 とっても残念
ワニグチソウ70-6
高さは30cmくらい。 大きな苞に隠れるようにして2つの花をつけます。


ミドリヨウラク(緑瓔珞)  キジカクシ科(ユリ科)アマドコロ属
本州(中国地方)、四国、九州(大分、熊本、宮崎)に分布   花期 6月
山地の草原や林内に生える多年草です
ミドリヨウラク6-10
                    沢山のつぼみ・・・花の数の苞がついていました。
ミドリヨウラク19-16
高さは腿ぐらい~手首ぐらいまで色々ですが、残念ながらどれもまだ蕾でした。
今頃はこんなお花が開いているかな→6月の出しそびれです 
スポンサーサイト
編集[管理者用] Trackback(0) 
2016.06.28/ 21:44(Tue)
5月の末、隣の県の薄暗い森の中を散策中に出合いました。
(会ったのは5月ですが、まだ咲き始めだったのでカテゴリは6月にしています)

クモキリソウかな?と思ったのですが、
帰ってからよくよく手持ちのクモキリソウの写真と見比べると、全然違う・・・

セイタカスズムシソウでした。

図鑑やネットの写真と雰囲気が違うので迷いましたが、
九州の人の写真はこの色と形なので大丈夫そう


セイタカスズムシソウ(背高鈴虫草)  ラン科クモキリソウ属
北海道、本州、四国、九州に分布  花期 6~7月
山地の林下に生える多年草です
1セイタカスズムシソウ2
花茎は高さ10~40cmで直立

唇弁はスズムシソウのように強くそり返らず、
倒卵形 円頭で微凸端 縁に細歯牙があり平坦 長さ7~9mm 幅4.5~5.5mm
2セイタカスズムシソウ12-17

淡緑色、または帯紫色の多数の花をまばらにつけます
3セイタカスズムシソウ33-4
花が下から上へ先進んでいくにつれて花茎は伸びます

葉は広楕円形で2個  鈍頭 基部はくさび形  長さ6~12cm  幅2.5~6cm
基部は鞘状の柄となる
4セイタカスズムシソウ55
スズムシソウに似るが、花茎の高さが高く、
花数は多いが形は小さく、まばらにみえる点も違いだそう。

他には、裏側に隠れた側萼片の先がスズムシソウより長く出ることだそうです。

スズムシソウの他に似たものに

  (フガクスズムシソウ 花期 5~6月
  樹上(主としてブナ)に着生し、高さ3~10cmで全体が極めて小さい
  唇弁が強く反り返る  唇弁に紫色が必ず出る)があるそうです。


葉を見てクモキリソウと勘違いしてしまったので、クモキリソウと
ついでに他のクモキリソウ属の花も、写真がある分はセイタカスズムシソウと一緒に並べてみました。
5クモ3-9セイタカ13コク37-78ジガ2
コクランは暗紫色が普通ですが、緑の個体もあるので一緒に並べてみました。
花期がほぼかぶるので、少し紛らわしいです。

他にササバランも似ていますが、生える場所が草原なので
まず間違えることはないかと・・・。 
編集[管理者用] Trackback(0) 
2016.06.22/ 21:36(Wed)
今年の熊本は厄年なのか、地震が来たかと思えば大雨・・・

禍福はあざなえる縄のごとしといいますから、
そんなに悪いことばかりは続かないだろうと信じて、
梅雨が明けるのを地道に・・・後1ヶ月ぐらいですかねぇ(長っ)待つしかないですよね。

どうせその後に猛暑が来るのでしょうけど、
乾かないと崩壊した所の修理もできないし・・・雨降って地固まる・・・固まって欲しいです。


地震のことは今回でおしまいです。 
(また大きいのがきたらわからんけど 来ないことを願っております)

地盤が下がって、大抵の橋の付け根に段差ができました。
20160612秋津川0258
雨に備えて大きな土嚢が並べてありますが、今回の雨で一部流れたそうです。

地震で割れてしまいました↓ 小さい川ですが、以前、溢れたことがあります。
20160422益城0029
ここにも今は土嚢が並べてありますが、雨はどうだったのかな・・・

高速道路は今も修理中なので、一部、片方向1車線の対面通行で渋滞が酷いようです。
20160612益城福富高速修理

こんなになっている道もありました。
20160612俵山山麓0172

竹林も崩れるんですね・・・雨のせいではありません。 大雨では、こちらも大丈夫だったか心配です。
20160612益城0193

横井小楠(よこいしょうなん 幕末維新の思想家)の旧居『四時軒(しじけん)』も倒壊してしまいました。
20160612四時軒0249
子供の頃、その頃はまだ資料館の方は無かったのですが、父と来たことがあって
「坂本竜馬もここに来たことがあるとばぃ」と柱を撫でながら教えてもらった思い出があったのに・・・。

熊本城は、角石だけで上の櫓を支えている部分の倒壊防止の工事が始まったそうです。
20160430熊本城1

6月12日 近くの公園の横を通った時、仮設住宅ができつつあるのを見かけました。
20160612秋津仮設住宅0268
「がまだす」は「がんばる」という意味です。  「がまだせ」=「がんばれ」と、なりますです。

婆ちゃん家の納屋に今年もツバメが巣を作りました。
納屋も傾いているので、取り壊すことが決まっています。
来年からどうするのかな・・・どこかいい所が見つかるといいね・・・。
ツバメ1

婆ちゃんの家は倒壊はしていませんが、
全体が斜めに傾いて、壁は落ちてガラス戸は全部外れて
玄関部分は無くなってしまって危ない状態です。
罹災証明書は全壊だそうです。

父ちゃんはそんな危ない家に入って生活に必要な物を色々と取り出しました。

 (その前に・・・先ずは、被害の状況を写真に残しておくことが大事みたいです。)

本当はいつ大きな余震が来るかも知れないので
危ないからしちゃいけないと思うけど、
婆ちゃん達は服も布団も何も無いので取りに入らないと仕方がないのです。
タンスもベッドも出しました。

罹災証明書の被害認定調査が終わるまでは、
さっさと片付けることもできませんが、終わったので後は解体を待つばかりです。


友人から少し話を聞きましたが、
調査結果が一部損壊だと支援金は出ませんので、色々とあるようで・・・

1次審査で不服だった場合、2次審査を受けられます。
2次審査は屋内も見て判断されるそうなので、
見た目だけでは無く、ぐらぐらするとか、ぶわぶわするとか、
色々気になる所もみてもらって判断してもらえるといいのでしょうけれど
後になって気付くと遅いので、調査に来られる前に、よく調べておくのも大切かと。



今回の地震で断層の位置が分かった場所がありますよね。
これからそこは、どうされるのかな・・・。

東北の「ここより下に家を建てるな」みたいな石碑を参考に
「ここには断層があるから家を建てるな」という朽ちない警告を残して欲しいものです。

土地の価値が下がるでしょうけれど、市や町が買い取ってでも
家を建てないとか、何か手立ては無いものかと思います。

父ちゃんは、益城の場合はいっそのこと、主に畑になっている北側に居住地を移動し、
断層の周辺は畑や田んぼにしてしまえばいいとか言っていました。
その方が道も空港線の広いのが通っていて便利だから、と。

確かに、熊本市内から益城町に入った途端、道が急に狭くなるので、
結構車の流れはいつも悪いのです。

でも、そんな大規模なこと、無理だろうなぁ・・・。


何十年も経って何代も世代交代すると、
現代の人達が「熊本で地震なんて!?」と言っていたように
その頃の人達にも忘れられてしまっているかも知れないですね。

被害を回避できるのなら、繰り返さないように行政には
しっかり覚えておいて欲しいものです。


最後になりましたが・・・
復旧、復興の為に他県からも沢山の方々が来られて、手助けをして下さいました。

水道も、電気も(ガスも)、通れなかった道が開通したのも、
水が無い時に水を頂いたことも、
山のようなゴミがいつの間にか片付いていったのも。
その他にももっと諸々の沢山のことも

こんなに熊本を助けて下さっていると思うと
色々なことがありがたくて、嬉しくて、胸が熱くなり、涙が出るほどでした。
と、同時に、凄いなぁと感動もしました。

ありがとうございました。 心からお礼申し上げます。

地震の話に長々とお付き合いいただき、ありがとうございました  
Category: 未分類
編集[管理者用] Trackback(0) 
2016.06.19/ 22:01(Sun)
5月の後半に会ったお花の続きです。


サワギク(沢菊)  キク科サワギク属(キオン属)
北海道、本州、四国、九州に分布  花期 6~8月
山地の木陰、沢沿いなど湿気の多い所に生える多年草です
サワギク2-3
名前の由来は、沢の側など湿った所に生えることからとのことです


サワルリソウ(沢瑠璃草)  ムラサキ科サワルリソウ属
本州、四国、九州に分布  花期 5~6月
山地の林内、渓流沿いなどの湿り気のある所に生える多年草です
サワルリソウ8-6
色はブルーもあるそうですが、今まで会ったお花はみんな白でした


コクワガタ(小鍬形)  オオバコ科(ゴマノハグサ科)クワガタソウ属
本州(中部地方以西)、四国、九州に分布  花期 春
やや湿り気のある落葉樹林内に生える多年草です
コクワガタ男池102-41

コクワガタ男池62
大分県の男池に咲いていたお花です。この数日前に熊本でも会いましたが、
男池のコクワガタは熊本で見たのよりお花が大きめで奇麗でした。


地震のこと7

車にガソリンを入れに行くと、何軒も売り切れで閉店でした。
長蛇の列に2時間位だったかな・・・並んでやっと給油できましたが、
日頃から無くなりそうと気付いたら、早めに入れておくべきだったと後悔・・・。


本震から2日経った18日には、県外の甥っ子が支援物資を持って来てくれました。

近所のスーパーはどこも閉店でしたが、
18日は我が家から2~4Km離れた所では、
駐車場で少しだけ商品を並べて営業しているスーパーが1軒と、
建物の被害が少なかったスーパーが1軒開店していました。

 開店しているとの情報は、もっと日が経ってからはネットやテレビ等で知ることが出来ましたが、
 本震から2日しか経っていないので、そういう情報は無く、店が開いていることは知りませんでした。

 甥っ子から「○○は開いていたよ!」と教えてもらったおかげです。

生鮮食料品は少ししかありませんでしたが、それでも随分助かりました。

それからは、段々と日増しに商品の種類も増えていきました。


備蓄は3日分準備しておけば(最近は7日分と言われていますが)と聞いていましたが、
その意味がよく分かりました。
(今回の場合は、前震から考えると3日分じゃ足りなかったかも。)


乾パンと、缶詰と、カップラーメンは、日頃から備蓄していましたが、
カップラーメンは水が無い時には食べられなくて、そのまま食べられるような物を
もう少し用意しなければと思いました。 

とりあえず、冷凍ご飯を切らさないようにはしておこう・・・と。


日にちが前後しますが、風呂に入れなかった翌日の17日、山鹿市の温泉まで出かけました。
ついでに婆ちゃんや娘の為にも、買い物をしようと店に寄りましたが、
生鮮食料品は売ってあっても水が無いから調理はできませんし・・・
(家に帰ったら水道が復旧していて、買ってくれば良かったと後悔しましたが・・・)

ポリタンクや水、ウエットティッシュ、カセットコンロのガス、
防災グッズ、カップラーメン等は売り切れでした。
もっと遠くまで行けばあったのかも知れませんが、そこまではしませんでした。


車を運転できないご年配や、車庫が潰れて車が出せないなど
買い出しに行けなかった方も沢山いらっしゃったのではないかと思います。


後でラジオで聴いたのですが、買い出しの人による買い占めや、
車の渋滞で緊急車両の通行が困難になるなど問題も多かったそうで
知らずに出かけたとはいえ、
結果的に我が家もその中の1台になってしまったのだと反省しました。


やっぱり自分である程度は備蓄しておかないといけないなと思いました。

次回につづきます。 
編集[管理者用] Trackback(0) 
2016.06.17/ 14:16(Fri)
前回の続きです。


フタリシズカ(二人静)  センリョウ科チャラン属(センリョウ属)
北海道、本州、四国、九州に分布  花期 4~6月
山地の林内に生える多年草です
フタリシズカ1-1-2
ヒトリシズカより花期が遅く、
この近くに生えていたヒトリシズカは下の写真のように実になっていました。


ヒトリシズカ(一人静)  センリョウ科チャラン属
北海道、本州、四国、九州に分布  花期 4~5月
山地の林内や草原に生える多年草です
ヒトリシズカ2-1
3月末~4月初め頃には、こんなお花が咲いていました→3月末~4月初めに会った花


ミヤマハコベ(深山繁縷)  ナデシコ科ハコベ属
北海道、本州、四国、九州に分布  花期 5~7月
山の渓流沿いや、やや湿った林内に生える多年草です
ミヤマハコベ27-5-3-12
ハコベに似ていますが、花は大きめです。
萼の裏や花柄に毛が生えています。茎には1列に並んだ毛が生えていました。


地震のこと6

深夜に本震がきた16日。
夜が明けて・・・電気の復旧は結構早くて、確か・・・朝には使えるようになっていたと思います。
(2ヶ月も経つと、記憶があやふやに )

我が家はすぐでしたが、益城の婆ちゃんのお隣は、前震から5日後に電気が復旧しました。
婆ちゃんちは、家がもうダメなので、その数日後、納屋の方に復旧しました。


食事は水道が使えないので、ご飯は炊けませんでしたが、
冷凍ご飯があったので困りませんでした。


ラップを、お皿やお椀に敷いたり。
これは、東日本大震災から学ばせていただいた知恵・・・助かりました。


一番困るのはトイレなのですが・・・買い置きしていた期限切れのペットボトルの水と、

我が家は、日頃から雨どいの下にバケツを置いておいて、
雨水をペットボトルに移して溜めて、花の水撒きに使っています。何本もそういうのがあったのと、
水道が復旧するまでに降った雨をまた溜めて、どうにかまかなえました。


後悔したことは、
水の期限が切れていたのを知っていたのに、新しく買わずにいたことと、
前震があった後、水道が使えるうちに
水を浴槽か、洗濯機にでも溜めておかなかったということ。


本震後の午前中、自転車で飲み物を買いに出かけましたが、
店はどこも開いていないし(前震後に開いていた店も閉まっていました)、
自販機も水とお茶はどれも売り切れでした。


その後、給水車に水を貰いに行きましたが、ポリタンクは持って無いし・・・
持ち帰れたのは期限切れのペットボトルが空になったものの分と、水筒2つ分。
(テレビでは容器も貰われていたのが映っていましたが、あれってどこの地域だったのかな・・・
 母ちゃんが貰いに行った給水車ではそういうのは無かったです)

無くなったら婆ちゃん家に行くついでに井戸水を貰って来たり。


復旧はかなり先だろうと半ば諦めていたのですが、
翌日の17日の夕方には水道が復旧していました。
(濁っているので飲食はできませんでしたが)トイレとシャワーが使えるようになりました。


風呂桶には、早速、今度こそもしもの為の水を溜めておきました。
(最近は、洗濯機の方に溜めていますが・・・)

我が家の断水は幸いにも2日間だけでしたが、
娘は前震から2週間水道が使えなかったので大変でした。

水は運ぶのも重たくて大変・・・
もし、マンションの上の方の階で、停電や故障でエレベーターが使えなかったら・・・
実際、そういう方は沢山いらっしゃったのではないかと思います。

次回につづきます。 
編集[管理者用] Trackback(0) 
2016.06.15/ 16:42(Wed)
5月20日頃に会ったお花です


ナツトウダイ(夏燈台)  トウダイグサ科トウダイグサ属
北海道、本州、四国、九州に分布  花期  4~6月
山野に生える多年草です
ナツトウダイ9-4-1
名前は『夏』ですが、春に咲きます。
このお仲間の中では一番に花をつけるので「ハツ(初)燈台」から「ナツ(夏)燈台」に
訛ったのではないかと言われているそうです。


コケイラン(小蕙蘭)  ラン科コケイラン属
北海道、本州、四国、九州に分布  花期 5~7月
深山の湿った腐植質の多い林内に生える多年草です
コケイラン59-6-7
葉は普通2枚ありますが、虫か鹿でも食べるのかな? 葉が無い物も沢山見かけます。
コケイラン


コバノフユイチゴ(小葉の冬苺)  バラ科キイチゴ属
本州、四国、九州に分布  花期 5~7月
山地の林下に生える常緑の小低木です
コバノフユイチゴ3-6-5-4
別名マルバフユイチゴ
可愛い~♪と触って、凄い棘にギョッとしました


地震のこと5

前震の当日、ガスは止まっていましたが、
カセットコンロで食事の支度はできました。

 娘の家の卓上コンロはカセットボンベではなく、電気らしいのですが、
 これって電気が復旧しないと使えませんよね・・・。

 電気の復旧って本震の時も思ったよりかなり早かったですけど、
 地域によって差があると思います。
 日頃の手軽さを考えると電気の方がいいのでしょうけれど、
 いざという時に使えないかも・・・。

 ただ、電気の復旧は都市ガスよりも早いので、
 オール電化のお宅だと、水がどうもなければ
 早いうちからほぼ通常の生活ができるのではないかと。

 我が家はプロパンガスです。 異常さえなければ、こちらもすぐに使えます。
 実家や娘の所は都市ガスですが、復旧するのに2週間かかりました。

夜にガス屋さんが点検に来て下さってOKを出されたので
お風呂は浴びることが出来ました。

その頃には余震の間隔も少し空いてきていたし、
何より前夜にほぼ眠れなかったので、かなり疲れていたのもあって、
いつもより少し早めに就寝しました。


で、1時25分、本震が来ました。
揺れが強くて長いし、音も凄かったです。本当にとても怖かった・・・。


今度は電気も水道も(ガスも)全部使えなくなっていました。
折角片付けたのに、前震の時よりも部屋の中はぐちゃぐちゃになりました。
・・・今度はちょっとやそっとじゃ片付けられないくらい

大きな余震が何度も来るし、さすがに屋根のある場所は怖くて居られません。
車に毛布を持ち込んで、前夜に続きまた車中泊をしました。

それから1週間は毎夜(母ちゃんのみ)車中泊をしました。
え?父ちゃん?寝違えるから嫌なのだそうです。 そんなことより怖くないんかぃ?

次回につづきます。 
編集[管理者用] Trackback(0) 
5月の中頃に会ったお花です。


キンラン(金蘭)  ラン科キンラン属
本州、四国、九州に分布  花期 4~6月
丘陵や山地のやや明るい林下に生える多年草です
キンラン11


ギンラン(銀蘭)  ラン科キンラン属
北海道、本州、四国、九州に分布  花期 4~5月
丘陵や山地の林内に生える多年草です
ギンラン7


サイハイラン(采配蘭)  ラン科サイハイラン属
北海道、本州、四国、九州に分布  花期 5~6月
山地の林の湿った所に生える多年草です
サイハイラン4



地震のこと4

最初の震度7の翌15日は、幸運にも我が家は水と電気は使えましたので、
家事はそこそこに、益城の婆ちゃん家へ
何か必要そうな物を見繕って届けなければとスーパーに自転車で出かけました。
(道は驚くほどの渋滞で、車では動けそうにも無かったので)

 被害が酷かった益城に向かう車が多く、我が家は益城と隣接しているため、
 特に渋滞が酷かったのではないかと思います。


自転車はこの後も結構活躍しました。
娘のお下がりで、日頃はほったらかしの古い物ですが、
自転車があってよかったとつくづく思いましたよ。


いつも利用している近所のスーパーは閉まっていました。
(やがて2ヶ月を迎えようとしている昨日、やっと再開しました。)


仕方なく、坂を登って一つ遠いスーパーへ。
ここも大きな被害を受けていましたが、店舗の入口付近だけを開放して、
こんな時に必要そうな商品を並べてくれていて、とっても助かりました。

缶詰、魚肉ソーセージ、パン、ペットボトルのお茶等、すぐに食べられそうな物と、
ホッカイロ等を購入し、その足で婆ちゃん家へ。
(水は売り切れでした。まぁ・・・婆ちゃんとこは井戸水が使えるので水はいいんですけど)


後で思えば、どうして我が家の分は買わなかったのかと後悔したのですが、
この時はまだ、この翌日、日付が変わってすぐに
もう1回震度7が来るとは思いもしなかったですもんねぇ。

次回につづきます。 
編集[管理者用] Trackback(0) 
2016.06.10/ 00:00(Fri)
5月の中頃に会いに行ったお花です。

カザグルマ(風車) キンポウゲ科センニンソウ属
本州、四国、九州(大分、熊本、宮崎)に分布
山地の林縁などに生える、つる性の多年草です
カザグルマ38
もう終わりがけで、奇麗な花にはあまり会えませんでした。
カザグルマ21
辛うじて残っていたお花です。
カザグルマ5

カザグルマは以前、少し詳しく載せております→カザグルマ



地震のこと3

非常袋は作っていたのに、いざという時に持ち出すのを忘れてしまいました。
駄目ですねぇ


前震があった晩は、父ちゃんは結局は職場に詰めたので、独りで車中泊でした。

 (余談ですが、父ちゃんの職場に
 「ライオンが逃げたらしい」と非難してきた人がいたそうです。
 あんな非常時に、どういうつもりでデマを流すのか、
 心無い人がいることはとても残念でなりません。)

父ちゃんは家を出る際、ガスの元栓と、電気のブレーカーを切って行きました。

後で聞いた話によるとそれらプラス、
コンセントからプラグも全部抜いた方が良かったらしいです。
でも、めっちゃ揺れている時に、なかなかそこまでは実際には難しいかも・・・。


前震は4月14日で春とはいえ、夜中は結構冷えました。

大きな余震が何回も来るので、独りで非常袋を取に入る勇気が無く・・・
(私のバカバカ!どうして日頃から玄関に置いとかなかったんだよ~
上着しか持たずに出て来たことを後悔しました。

で、思いついたのが、山用のリュック(いつも車に積んでいたので)の中身。
もしもの為の保温のシートと、使い捨てカイロが入っていたので助かりました。
(でも、保温シートってさほど暖かくは無いかな・・・無いよりはあった方がいい、くらい。)


東日本大震災の時は、時期が1ヶ月前ですし、雪も降っていましたよね・・・
熊本はまだ何倍もまし・・・
あの時被災された方々は、どんなにか大変だったろうと改めて思いました。

次回につづきます。  
編集[管理者用] Trackback(0) 
5月の前半に湿地で会ったお花です。


ホザキキカシグサ  ミソハギ科キカシグサ属
九州、沖縄に分布  花期 5月
日当たりのよい湿地に生える多年草です
ホザキキカシグサ9-2-21
今年は葦が刈ってなくて、日当たりが悪くなりそうで心配です。


サワオグルマ(沢小車)  キク科キオン属
本州、四国、九州、沖縄に分布  花期 4~6月
日当たりのよい湿地、田んぼの脇、川べりなどに生える多年草です
サワオグルマ3-18-12
よく似たオカオグルマは、日当たりのよい乾いた草地や土手に生えます。


ノアザミ(野薊)  キク科アザミ属
本州、四国、九州に分布  花期 5~8月
山野や河川敷でよく見かける多年草です
ノアザミ3
アザミで春に咲くのは、ノアザミだけです。



地震のこと2

食器棚は壁にL字金具が付けられなかったので、
大きな方は手前が斜めに高くなるように敷き込む物を入れていただけでした。
倒れはしませんでしたが、少々心許なくて今回の地震後、突っ張り棒も併用しています。

でも、倒れなくても中身は飛び出してきました。
観音開きの扉には、今は外側にフックみたいな大きめのあおり止めを取り付けました。

あおり止めは取り付けてみたものの、下から軽く跳ね上げただけで簡単に外れます。
地震が来たら、下からの突き上げでも外れるかも知れないなぁ・・・

かんぬき型にすればよかったかな?と後悔しています。

取り付けてから震度7が来ていないので、失敗だったかどうかはまだわかりませんが・・・。

娘の所は突っ張り棒を1本だけ使っていたそうですが、震度7で折れたそうです。
やはり1本では効果がないみたい。

2本セットなので、ケチらず2本立てて使って下さい。
立てる位置もどこでもいいわけではないので注意です。(説明書に載っています)

もう一つの小さい方の食器棚は何もしていなかった為か?本震の時に倒れてしまいました。
2回の震度7で結構食器が減ってしまって・・・
しかも勿体なくて使えないわ~みたいな食器ばっかり割れちゃって

これを機に、大皿や割れて欲しくない物は、棚の一番下に、
プラスチック容器のような軽い物を上へと入れ替えました。

ちなみに、益城の婆ちゃん家では、食器棚の大きさに係わらず、
最初の震度7で、全部倒れて来たとのこと。(棚の地震対策は全くしてありませんでした)
婆ちゃんは台所に居たらしく、座っていたギリギリの所に色々と倒れて来たそうです。

次回につづきます


追記です

地震用の突っ張り棒は、震度3が来たら、その都度、締め直さないといけないそうです。
設置してから震度3が何回かきていたので、触ってみたら弛んでいました。

それと、サイズは3種類ありましたので、
買に行かれる前に、箪笥など~天井板の高さを計ってから行かれた方がいいです。 
編集[管理者用] Trackback(0) 
2016.06.05/ 22:04(Sun)
先月、美里町を通った時に、いつもの習慣で二俣橋を見下ろしてビックリしました。

地震で壊れたって全く聞いていなかったもので・・・

思えば今年の1月10日、中嶽に登ったので、その記事で一緒にご紹介したばかり。

3ヶ月後にはこんなことになるなんて思いもしませんでした。

橋の側まで行ってみました。
二俣橋13

違う角度からですが、以前はこうだったのですが・・・
二俣橋12

二俣橋17-20

倒壊した家屋もまだそのままで沢山見かけます。

最近は余震の数も減ってきて、気付けばいつの間にか
体や頭がふわふわ揺れている感覚も無くなっていました。

まぁ・・・余震は減ったかと思えば、翌日は増えたりしての繰り返しのようなので
時々ドキッ!とする揺れがきたりもしています。



「熊本に地震が来るなんて」というのをよく耳にしましたが、
活断層があることは以前から言われていたのに・・・。

近所を活断層が通っているっぽいってことで、
以前から寝る部屋の本棚を父ちゃんがL字金具で壁に固定していました。

本棚は勿論倒れることはなく、それどころか
最初の地震では1冊の本も落ちず、本震でも落ちたのは3冊程度。
L字金具って凄いなと思いました。 とってもお勧めです。


地震のことは、もう耳にタコかも知れませんが・・・
 忘れる前に、自分の記録としても、これから少しずつ書こうと思いますので、
 よかったらお付き合い下さい。 
Category: 未分類
編集[管理者用] Trackback(0) 
 
Copyright © 2016 ぱやんぷ一家参上, all rights reserved.
まとめ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。