http://payanpu.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

paya

Author:paya
野山に出かけて花を愛でるのが大好きな一家です。

訪問者

カレンダー

02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
2016.03.31/ 22:00(Thu)
山道を走っていると、緑の中にぽつぽつと白やピンクの山桜が見えます。

山桜10

電線と、川上の工事も邪魔だけど・・・滝の横にも山桜
山桜と滝3

ここは天狗岩というそうです。 見上げるような高さの断崖絶壁でした。
天狗岩4
この時期だけ、そこに桜があることに気付かされます。
やがて葉桜になれば、他の木々と遠目には区別がつかなくなってしまうのですが・・・。

ソメイヨシノなどが沢山植えてあるのは勿論美しいですが、
春の山桜のぽつぽつも、なかなか風情があっていいですね。
どこからともなく鶯の鳴き声が聴こえてくるのも、山ならでは 
スポンサーサイト
Genre: 写真 Theme: 季節の花たち Category: 樹木
編集[管理者用] Trackback(0) 
2016.03.30/ 22:21(Wed)
先日、出かけていると、一面のミツマタに思わず車を停めました。

ミツマタ4
ミツマタ(三椏、三又、三枝) ジンチョウゲ科ミツマタ属
中国、ヒマラヤ原産の落葉低木  花期 3~4月

製紙の原料として西日本で多く栽培され、関東南部以西では野生化してもいるそうです。
ミツマタ3

これって野生化?・・・こんだけ生えていたら、やっぱり植えてあるのかな?
ミツマタ47
林の中は、ふんわりとよい香りがしました。 
Genre: 写真 Theme: 季節の花たち Category: 樹木
編集[管理者用] Trackback(0) 
土曜は娘夫婦と飲みに出かけ、楽しくてつい飲み過ぎ・・・日曜は少~し頭痛が・・・
遠くへは行けないので、午後から低山のピークハントへと出かけました。

ってことで、一昨日、その途中の道端で会ったお花たちです。


この斜面は、中ほどから下にはサツマイナモリ。
上の方にはツクシショウジョウバカマが咲いていてとても奇麗でした。
ツクシショウジョウバカマサツマイナモリ6

サツマイナモリ(薩摩稲森) アカネ科サツマイナモリ属
本州(関東南部以西)、四国、九州に分布  花期 12~5月
湿った林縁や林内に生える多年草です
1サツマイナモリ52

2ツクシショウジョウバカマサツマイナモリ70

ツクシショウジョウバカマ(筑紫猩々袴) ユリ科ショウジョウバカマ属
九州に分布  花期 3~4月
山地の林縁の北向斜面でよく見かける多年草です
3ツクシショウジョウバカマ33

4ツクシショウジョウバカマ42

タマゴケ(玉苔) タマゴケ科タマゴケ属
5タマゴケ26

コスミレ(小菫) スミレ科スミレ属
北海道、本州、四国、九州に分布  花期 3~4月
山麓、人里などに多い多年草です
6コスミレ21


あまりに綺麗で寄り道しすぎて、結局2座とちょいで夕方になっちゃいました 
編集[管理者用] Trackback(0) 
瑞鷹株式会社 (熊本県)
大吟醸 しぼりたて無濾過生原酒 酒蔵まつり限定品
アルコール度数 17度
精米歩合 40%
米、米麹、醸造アルコール

熊本 瑞鷹 大吟醸しぼりたて無濾過生原酒 (1)

以前アップした「しぼりたて生新酒」と同じく、瑞鷹の酒蔵まつりで買ってきたお酒です。

開けてビックリ、あ~なんと嬉しいこと
瓶の口のところまでお酒がたっぷり入っていました。

前回のお酒同様、こちらも爽やか~
軽い口当たりの中口で、旨みがあって美味しかったです 
編集[管理者用] Trackback(0) 
2016.03.18/ 14:57(Fri)
遠征して会ってきたお花です。

ミスミソウ(三角草) キンポウゲ科ミスミソウ属
本州(中部以西)、九州に分布  花期 2~4月
山地の木陰(主に落葉広葉樹林内)に生える多年草です
1ミスミソウ25
蕾は下を向き、開くと上を向くのだそう。

根生葉は長い柄があり、葉身はやや三角形で、基部は心形
三つに裂け、先がとがる葉の形から「三つの角」→「ミスミソウ」の名前になったそうです。
2ミスミソウ20
葉は、常緑で枯れずに冬を越します。

総苞葉は柄が無く、3枚。 卵形で輪生。 
3ミスミソウ25-56

雄しべと雌しべは多数。   花弁は無く、花弁の様に見えるのは萼片で、6~10枚あります。
4ミスミソウ63
太平洋側はほとんど白花だそうで、白い花にしか会えませんでしたが、
花色は他にも淡紅色、紅紫色など変化が多いそうです。

花柄は長さ5~10cmで、長い開出毛(立った毛)が生えています。
ミスミソウ4-9
この個体は小さくて5cmもありませんでしたが・・・

花の大きさは直径1~1.5cmほど
6ミスミソウ99

とっても可愛いお花でした。 遠くまで行った甲斐がありました


ちなみに・・・

本州の日本海側(秋田県~福井県)にはオオミスミソウと呼ばれ
葉が大型(葉身5~10cm ※ミスミソウの葉身は3~6.5cm)で、先は鈍頭の物が多い。
(花の直径(1.5~2cm ※ミスミソウは1~1.5cm))


本州(山形県、宮城県以南)、四国にはスハマソウと呼ばれ、
葉の先がとがらず、鈍頭、やや丸い。 (総苞葉も円頭)
しかし、中間の形が多く区別できないことも多い。


本州(近畿地方以西)、四国には、葉の先が円頭、両面に毛があり、
染色体に違いがあるケスハマソウというのもある。

だそうです


参考文献
『原色日本植物図鑑・草本編Ⅱ』保育社 平成10年
『里山・山地の身近な山野草』主婦の友社 2010年
『レッドデータプランツ』山と渓谷社 2003年
『野草検索図鑑』学習研究社 1985年
『日本の野草』小学館 1991年
『九州の野の花』西日本新聞社 1997年 
編集[管理者用] Trackback(0) 
2016.03.15/ 22:58(Tue)
1月31日には熊本県葦北郡芦北町にある笠山(かさやま 別名 牧山 567.3m)に登ってきました。

1笠山121

山頂近くに『雨ヲラビ岩』というのがあります。
2笠山76
下山後、木の伐採をされていた方に
「ヲラビ」ってどういう意味でしょうか?とお尋ねしました。

その方もご存じ無いようでしたが、
岩の上で、明治ぐらいまでは太鼓や鐘を鳴らして雨乞いがされていたことや、

この山の別名は『牧山』と言うのですが、
以前は今のような林では無く草原で、佐敷の方まで石垣を組んで柵を作ってあり、
馬を放してあった。ということを教えていただきました。
江戸時代、細川家の馬の牧場があったそうです。

山頂を散策して西の方に斜面を下ってみた時、
もう崩れていてはっきりと形を成しませんが、
人工的に造られた石積みがあるな・・・と思っていたので、お話を聴いて納得でした。

ちなみに「おらぶ」をネットで調べたところ「叫ぶ、大声を出す」ような意味があるそうです。
「雨(雲)を大声で呼んで、降るように拝んだ」のが名前の由来ってことかな?

山の様子は下の >>>Read more からどうぞ。 

>>>Read more

編集[管理者用] Trackback(0) 
2016.03.13/ 23:16(Sun)
昨日、会ってきたお花です。

九州に生える物は栽培品の逸出だそうで、
残念ながら元々自生している花ではないそうです。

セリバオウレン(芹葉黄連) キンポウゲ科オウレン属
本州、四国に分布  花期 3~4月
山地の林内に生える多年草です
1セリバオウレン1

               花の大きさは1cmほど
2セリバオウレン13

葉は、2回3出複葉。 (オウレンは1回3出複葉、コセリバオウレンは3回3出複葉)
3セリバオウレン21

萼片は5~7個  花弁はへら形で小さく、10個前後 
4セリバオウレン7

雄花、雌花、両性花とあるようですが、雌花には会えませんでした。

両性花
5セリバオウレン47

雄花
6セリバオウレン12
寒くて氷がついています

花茎の高さは10cm程
7セリバオウレン52

初見のお花でした。

もう少し小さいイメージで会いに行ったのですが、思ったよりは大きかったです。

寒い中、凍りながらも懸命に咲いている姿が、けなげで凛々しくもありました。 
編集[管理者用] Trackback(0) 
2016.03.11/ 21:45(Fri)
瑞鷹株式会社 (熊本県)
しぼりたて生新酒 (本醸造酒) 酒蔵まつり限定品
アルコール度数 17度
精米歩合 70%
米、米麹、醸造アルコール

熊本 瑞鷹 しぼりたて生新酒 (1)

先日の瑞鷹の酒蔵まつりで買ってきたお酒の片方です。

見た目はほんのり黄色くて、ほんの少しオリでにごりがあります。

口に入れるととてもフレッシュで爽やか。
軽い飲み心地です。

お酒だけを飲みすすめている時は、さらっとした辛口と思ったのですが、
つまみによっては甘くもなり・・・それに伴ってフルーティにも感じました。

美味しいお酒でした 
編集[管理者用] Trackback(0) 
2016.03.09/ 19:00(Wed)
1月21日は少しだけ時間があるってことで、
以前、友人のきゃろっぱちゃんから「20分で登れる」と教えてもらっていた
居鷲岳(いわしだけ ?m)に登ることにしました。

きゃろっぱちゃん曰く「空を飛んでいるみたい」

ほぉ~・・・・・・イヤな予感が少し・・・



あ~・・・やっぱり?そうよねぇ・・・。
2居鷲岳128
岩峰に日の丸が立ててあります。  終始へっぴり腰で旗までを往復してきました。
きゃろっぱちゃんは、岩の上に立てたのかなぁ・・・。

帰りに回り込んで東側から撮った写真です。
1居鷲岳180-183


山の様子は下の >>>Read more からどうぞ。
 

>>>Read more

編集[管理者用] Trackback(0) 
2016.03.07/ 18:09(Mon)
昨日は天気予報では「雨、ところにより雷も」などと言われるので、
出掛けるのは無理かと諦めていたのに・・・
いつまで経っても雨が降りそうにも無く、んじゃ、降らないうちに出かけよう!

熊本市南区川尻にある瑞鷹(ずいよう)酒造の酒祭りへ、お酒を買いにゴ~

周辺は車が混雑して大変でした。 救急車も来るしで・・・昼間っから呑み過ぎでしょ

瑞鷹の敷地に入ると酔っぱらった人が所狭しとうじゃうじゃ
1瑞鷹酒蔵祭り10-9
こちとら買いに来ただけなんで、羨まし過ぎて見てられません

当日限定販売のお酒を2種購入して、会場からとっととおさらばです。
2瑞鷹酒蔵祭り2

河原に移動して、持参したおにぎりと、酒祭り会場で仕入れて来たおつまみなどで昼食後、
ぽかぽかというか、少し汗ばむくらいの陽気の中、適当にそこら辺を散策してきました。

河原などで会ったお花です。

ホトケノザ(仏の座) シソ科オドリコソウ属
本州、四国、九州、沖縄に分布  花期 3~6月
人里に普通に見られる2年草です
3ホトケノザ7

真っ白ではないけれど、淡くピンクがかった花もありました。
4ホトケノザ47

ヒメオドリコソウ(姫踊子草) シソ科オドリコソウ属
ヨーロッパ原産の帰化植物  花期 4~5月
似たものにモミジバヒメオドリコソウというのがあるそうです。
6ヒメオドリコソウ1

菜の花も沢山咲いていました。
7菜の花5
摘んできて、おひたしに。 ほろ苦さが美味しい春の味がしました。

梅畑も綺麗。 
8梅2
でも、もう終わっている木も見かけました。 早いなぁ・・・。

ところで、雨雲はどこに行ったのでしょうね?
結局、晴れの一日だったのでした。 
編集[管理者用] Trackback(0) 
 
Copyright © 2016 ぱやんぷ一家参上, all rights reserved.
まとめ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。