http://payanpu.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

paya

Author:paya
野山に出かけて花を愛でるのが大好きな一家です。

訪問者

カレンダー

10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
昨日のつづきです。

昨日の記事の十字路から、蕗嶽(つわたけ)320mへ向かいます。

帰りがけ下から撮った蕗嶽です。
10蕗嶽5

蕗嶽で会った季節外れのシハイスミレ(かな?)と、ツワブキです。
17シハイスミレ3ツワブキ2

山の様子は下の >>>Read more からどうぞ。 

>>>Read more

スポンサーサイト
編集[管理者用] Trackback(0) 
2015.11.28/ 21:54(Sat)
2週間前は、上天草市姫戸町の
鋸嶽(のこたけ)344mと蕗嶽(つわたけ)320mへ行ってきました。

登山口は上天草市姫戸町姫浦にある白嶽森林公園キャンプ場から登りました。

駐車場は、管理棟の隣にあります。
1鋸嶽蕗嶽1
管理棟入口の脇に白嶽湿地に下りる所があり、そこから一旦湿地に入ります。

隣りにある白嶽へ登る途中から以前撮影した鋸嶽です。
0鋸岳2012月10月7日
横に長い山です。

山の様子は下の >>>Read more からどうぞ。  

>>>Read more

編集[管理者用] Trackback(0) 
2015.11.23/ 17:37(Mon)
ブログアップの間が空いてしまいましたが・・・

前回の酒呑童子山の下山後は、チーゴ岳へ向かいました。

チーゴ岳ヘは、国道387号線をさらに北上し、
都留地区から右折して橋を渡り、白草地区方面へ。
白草地区で県道712号線に入ります。
712号線を北上していると熊戸地区手前のカーブに林道への入口があります。
1チーゴ岳2-1
入口には向かって右手に「林道熊戸支線 起点」の白い杭のような標識
左手には白いポールが3本(長い物が2本と短い物が1本)立っています。

道の真ん中が溝になっているのか凹んでいるので、若干、走りにくい道です。


山頂は植林の中で、視界は良くありません。
2チーゴ岳17

山の様子は下の >>>Read more からどうぞ。 

>>>Read more

編集[管理者用] Trackback(0) 
2015.11.19/ 17:26(Thu)
先週は大分県日田市にある
酒呑童子山(しゅてんどうじやま)1180.7mに登って来ました。
1酒呑童子山3-6

登山口は2カ所(?)あるようですが、やはり我が家は最短で

山の名前の由来は、ウィキペディアに
お乳の代わりにお酒を飲む子供が、鬼と呑み比べをして勝った話が載っていました。

山頂からの眺めです。
8酒呑童子山67
この日は天気が今一つで、山頂に着いた時には雲の中で
雨もぱらぱら降っていたのでよく見えなかったです。
折角眺めの良い山なのに、少々残念でした。

山の様子と登山口へはこちらから↓どうぞ。 

>>>Read more

編集[管理者用] Trackback(0) 
2015.11.14/ 21:36(Sat)
ヤッコソウは熊本ではなかなかお会いできないので、
足を延ばしてお隣の鹿児島県まで行ってまいりました。

ヤッコソウ(奴草) ヤッコソウ科ヤッコソウ属
四国、九州、沖縄に分布  花期 11月
シイ属のスダジイやツブラジイの根に寄生する一年生の寄生植物です
1ヤッコソウ 59

沢山生えていて羨まし~
2ヤッコソウ77
奴さんの集会です。

高さは4~7cm。図鑑で観てイメージしていたよりももっと小さかったです。
3ヤッコソウ103-85
万歳しているみたいで可愛いです。

根っこに寄生している様子です。
4ヤッコソウ 59

ヤッコソウには、オスの時期と、メスの時期があって
順番は先にオス。オスの時期が終わるとメスになります。
ヤッコソウ120
パッと見は似ていますが、雄性期には帽子を被っています。

雄しべが全部合着し、先がやや尖った形の帽子の様になっていて、
帽子が外れると、中にあった雌しべが顔を出します。

帽子が外れかかったのがあったので外してみました。
6ヤッコソウ116-119
まるで脱皮したようにあちこちに奴さんの帽子が転がっていました

奴さんの大行列です。
7ヤッコソウ115
時期が少々遅かったので、ほぼ雌性期の、しかもあまり初々しくない奴さん達でした。

蜜を吸いに虫も訪れますが、メジロが訪れ受粉を手伝う鳥媒花でもあるそうです。 
編集[管理者用] Trackback(0) 
2015.11.13/ 22:41(Fri)
今月の5日に、とある場所へナメラダイモンジソウに会いに行ってきました。

用事のついでだったので、母ちゃんはスカート姿ゆえ近づくことができず
写真は父ちゃんにお任せして、遠くからしか見れなかったのですが・・・。


ナメラダイモンジソウ(滑大文字草) ユキノシタ科ユキノシタ属
本州(中部地方以西)、九州北部に分布  花期 8~10月
滝、渓流の周辺の岩の上に生える多年草です
ナメラダイモンジソウ13

可愛いね 母ちゃんも近くで見たかったなぁ。
ナメラダイモンジソウ6

リンクさせていただいている「私の遊歩道」のぼん天棒さんも書かれていらっしゃいますが、
ほんの30分ほど前に、ここにぼん天棒さんもいらしていたそうです。

お隣の県とはいえ、偶然でビックリしました。
できることならお会いしたかったな・・・

我が家よりナメラダイモンジソウを沢山撮影されていらっしゃるので、
是非ぼん天棒さんのブログもご覧になられて下さいね。 
編集[管理者用] Trackback(0) 
2015.11.10/ 21:30(Tue)
先ずは花ではありませんが・・・

コムラサキ(小紫) クマツヅラ科(シソ科)ムラサキシキブ属
本州(東北地方以南)、四国、九州、沖縄に分布  花期 6~8月
山野の湿地や、湿った林縁に生える落葉低木です
5コムラサキ5
コムラサキは以前少し詳しくご紹介しています→コムラサキ


センボンヤリ(千本槍)  キク科センボンヤリ属
北海道、本州、四国、九州に分布  花期 4~6月
山地や丘陵に生える多年草です
5センボンヤリ5
春には外側が赤紫色で内側が白いこんな花→(草原の乾き気味の所にて)
を咲かせるのですが、秋には名前の由来にもなっている槍のような閉鎖花をつけます。
上の写真では種の左隣の三角っぽいやつです。
5センボンヤリ1
槍が千本です。ウソウソ ざっと数えて40~50本ぐらいですかねぇ。


ツチトリモチ(土鳥黐) ツチトリモチ科ツチトリモチ属
本州(三重、和歌山)、四国、九州、沖縄に分布  花期 10~11月
ハイノキ、クロキ、シロバイなどハイノキ属の根に寄生する多年草です
5ツチトリモチ4-2
この道は踏みそうなくらい生えていました。
名前の由来は、根茎をすり潰し水と混ぜて鳥もちを作ることからとのことです。


ミツバベンケイソウ(三つ葉弁慶草) ベンケイソウ科ムラサキベンケイソウ属
北海道、本州、四国、九州に分布  花期 8~9月
山地の岩場、林内、草地に生える多年草です
5ミツバベンケイソウ46-75-72
10月11日の撮影ですが、見に行くのが少々遅かったようで
ほぼ花が終わっていました。
指と一緒に写っているものは辛うじてまだ咲いていたお花です。


ヤマラッキョウ(山辣韮) ユリ科(ヒガンバナ科?)ネギ属
本州(秋田県以南)、四国、九州、沖縄に分布  花期 9~11月
山地に生える多年草です
5ヤマラッキョウ0
阿蘇方面に行くとあちこちにあって珍しくないので
ついついスルーしちゃう花なのですが、この花が終わると寂しくなりますねぇ・・・。

10月に会ったお花はこの回までです。
数回にわたりお付き合いいただき、ありがとうございました  
編集[管理者用] Trackback(0) 
タデ科も似ているお花が多くて、日頃から咲いていても
横目で見て通り過ぎることが多いのですが・・・

あまり自信はありませんが、折角撮影したので出しちゃいます
間違っていたら、ごめんなさい


ミゾソバ(溝蕎麦) タデ科イヌタデ属
北海道、本州、四国、九州に分布  花期 8~10月
田んぼの畔、休耕田、池の脇、川辺など、水気の多い所に生える一年草です
4ミゾソバ12-1
別名のウシノヒタイ(牛の額)は、葉の形からです。


ヤマミゾソバ(山溝蕎麦) タデ科イヌタデ属
本州、四国、九州に分布  花期 7~10月
山地の湿り気のある林下に生える一年草です
4ヤマミゾソバ23-5
ミゾソバの変種だそうです。

隣同士に生えていたので写真を撮ったのですが、
オオミゾソバというのもあるらしいので、写真にはミゾソバと書き込んでいますが
オオの方かも・・・・・・さっぱりわかりません。
いや~難し~い
4ミゾソバ1


タニソバ(谷蕎麦) タデ科イヌタデ属
北海道、本州、四国、九州に分布  花期 8~10月
低地や山の湿った所に生える1年草です
4タニソバ7-2-1-5
葉の柄には広いひれ(翼)があり、基部は茎を抱きます。


ヤノネグサ(矢の根草) タデ科イヌタデ属
北海道、本州、四国、九州に分布  花期 9~10月
水辺や、休耕田、水田の側溝、湿地などに生える一年草です
4ヤノネグサ3-5-18
名前の由来は、葉の形を矢じりに見立ててつけられたそうです。
4ヤノネグサ22-14
葉の写真がいまいちっすよね


こんなんですが、10月に会ったお花、もう1回お付き合い下さい  
編集[管理者用] Trackback(0) 
2015.11.07/ 22:41(Sat)
ミヤマウズラは本来は8月の終わり頃~9月の初め頃に見かけるのですが、
3年前の10月7日に、ある場所でミヤマウズラを沢山見ていたことを思い出し、
本当にそんな遅い時期に咲いていたのか、
それとも当時のカメラの日付がおかしかったのか、確認しに訪れてみました。

でも、じっくり探してもあんなにあったはずの株が見当たりません。
花は終わっていても、葉は残るのに・・・。

3年前も根っこから抜いて捨ててあって、父ちゃんが植え直したりしたけど
全部盗られちゃったかな・・・とガッカリしていたら・・・
あったあった! 1本だけだけど、こんな時期にやっぱりミヤマウズラが咲いていました。

ミヤマウズラ(深山鶉) ラン科シュスラン属
北海道、本州、四国、九州に分布  花期 8~9月
山地の林内に生える多年草です
3ミヤマウズラ4-79-71
10月10日撮影です。
右側の葉の写真は、同じ日の全く別な場所のミヤマウズラの様子です。

ミヤマウズラって花が咲いたら枯れてしまうのかな?
それともやっぱり盗られたのかなぁ・・・遊歩道沿いっていうのがねぇ・・・。


ホソバノヤマハハコ(細葉の山母子) キク科ヤマハハコ属
本州(福井、愛知以西)、四国、九州に分布  花期 8~10月
山地の日当たりのよい草地や岩場に生える多年草です
3ホソバノヤマハハコ9-12
阿蘇以外で初めて見ました。
阿蘇のような草原では無く、石がゴロゴロの斜面に咲いていました。


シマバライチゴ(島原苺) バラ科キイチゴ属
九州(長崎、熊本)  花期 10~11月
3シマバライチゴ15-9
以前、実を見に行ったので、今回は花に会いに。
実の写真はこちらからどうぞ→シマバライチゴ


キッコウハグマ(亀甲白熊) キク科モミジハグマ属
北海道、本州、四国、九州に分布  花期 9~10月
山地の林内に生える多年草です
3キッコウハグマ5-31
やっぱり閉鎖花が多いですねぇ。 咲いていても1~2輪ずつでした。


ヒメナエ(姫苗) マチン科アイナエ属
本州、四国、九州、沖縄に分布  花期 8~10月
日当たりのよい湿地や河畔の草地に生える一年草です
3ヒメナエ15
以前、宮崎の湿地で会ったのですが、どうしても熊本のにも会いたくて
いつの日か・・・と思っていたところ、やっと今年思わぬところで会えました

似たものにアイナエがあります。
機会があれば並べてご紹介できればいいなぁ・・・と。


ジンジソウ(人字草) ユキノシタ科ユキノシタ属
本州(関東以西)、四国、九州に分布  花期 9~11月
山地の湿り気の多い岩壁や斜面などに生える多年草です
3ジンジソウ14
花の時期、湿り気が多い山道を走っていると車道沿いにも沢山咲いていて、
とても奇麗で目を楽しませてくれます。

10月に会ったお花は、もうちょっとつづきます  
編集[管理者用] Trackback(0) 
2015.11.06/ 17:00(Fri)
エンシュウツリフネソウ(遠州釣船草) ツリフネソウ科ツリフネソウ属
本州(中部地方南部)、九州(福岡、大分、熊本)に分布  花期 8~10月
山地の湿った林縁などに生える一年草です
2エンシュウツリフネ64-100
ハガクレツリフネの変種だそうで、大きさは小さいですがよく似ています。
花冠の紫色の斑点模様が、無い、もしくは少ないです。


ヒモヅル(紐蔓) ヒカゲノカズラ科
本州(紀伊半島、山口県)、九州に分布
2ヒモヅル5
日本では、天草の念珠岳で初めて発見されたそうで、
県の天然記念物に指定されています。
国内では珍しいシダらしいです。


ツルギキョウ(蔓桔梗) キキョウ科ツルギキョウ属
本州(中西部)、四国、九州に分布  花期 8~11月  
山地にややまれに見られるつる性の多年草です
2ツルギキョウ2
ツルギキョウは以前、少し詳しく載せております→ツルギキョウ


ツルリンドウ(蔓竜胆) リンドウ科ツルリンドウ属
北海道、本州、四国、九州に分布  花期 8~10月
山地の林内や林縁に生える、つる性の多年草です
2ツルリンドウ2


リンドウ(竜胆) リンドウ科リンドウ属
本州、四国、九州に分布  花期 9~11月
山野に生える多年草です
2リンドウ、ムラサキセンブリ1
ムラサキセンブリと一緒に咲いていました。
 ムラサキセンブリ(紫千振) リンドウ科センブリ属
 本州(関東以西)、四国、九州に分布  花期 10~11月
 日当たりのよい草地に生える2年草です

ツルリンドウ、リンドウと秋に会いましたが、
山道ではフデリンドウがもう顔を出していました。
まだ蕾はありませんが、来年の春に向けて準備が始まっているんですね。

10月に会ったお花はまだつづきます  
編集[管理者用] Trackback(0) 
 
Copyright © 2015 ぱやんぷ一家参上, all rights reserved.
まとめ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。