http://payanpu.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

paya

Author:paya
野山に出かけて花を愛でるのが大好きな一家です。

訪問者

カレンダー

04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
2015.05.30/ 17:19(Sat)
先週末から、今週の初め(22~24日)に会ったお花です。

先ずは日当たりのあまり良くない所で会ったお花から・・・。

サワギク(沢菊) キク科サワギク属(キオン属)
北海道、本州、四国、九州に分布  花期 5~8月
山地の木陰、沢沿いなど湿気の多い所に生える多年草です
1サワギク1
大人のひざから太もも辺りの高さになるお花です。


オニノヤガラ(鬼の矢柄、鬼の矢幹) ラン科オニノヤガラ属
北海道、本州、四国、九州に分布  花期 6~7月
山地の枯葉などの腐植の多い樹林下に生える多年草です
2オニノヤガラ1
以前は草原でしか見たことが無かったのですが、図鑑通り林の中で会えました。
3オニノヤガラ3
このお花に会うと、どうしてもカシューナッツを想像しちゃいます 
この日はまだ蕾が多かったけど、もう開いたかな?
こちらは草原にて。
2オニノヤガラ6
以前の記事はこちらからどうぞ→オニノヤガラ


スズラン(鈴蘭) スズラン亜科(ユリ科)スズラン属
北海道、本州、九州に分布  花期 4~6月
草原などに生える多年草です
4スズラン9
この場所は開花が早かったようで、この日に会えたのは
この株以外には終わりかけたもう1株だけ・・・危うく会えないところでした。


カノコソウ(鹿の子草) オミナエシ科カノコソウ属
北海道、本州、四国、九州に分布  花期 4~7月
やや湿った明るい林の下や、草むらなどに生える多年草です
5カノコソウ1
薄ピンク色の可愛いお花で、草丈は40~80cmです。
6カノコソウ2
秋の七草のオミナエシ(黄色)に姿が似ていて、
春に咲くのでハルオミナエシの別名があります。

草原を歩いていると、突然草陰からヒバリが飛び立ちました。
足元を覗いてみると・・・
7ヒバリの卵6-4
親鳥が飛び立たなかったら危うく踏んでしまったかも・・・
巣に気付いてからは、他にもあるのでは?と心配で心配で

それにしても、こんな所に巣を作ってヘビは来ないのかな? 
スポンサーサイト
編集[管理者用] Trackback(0) 
2015.05.25/ 22:57(Mon)
昨日、阿蘇方面で会ったお花です。

ハナウド(花独活) セリ科ハナウド属
本州(関東地方以西)、四国、九州に分布 花期 5~6月
丘陵、山野の草地のやや湿り気のある場所に生える越年草(多年草)です
ハナウド9
わ~お花畑~
ハナウド2
大人の身長を超える高さになるほどの大きさで豪快なのに、
1つ1つのお花は繊細で、そのギャップがまた素敵。
ハナウド久石第二牧野入口14
ハナウドは、この時期に会える好きなお花の一つなんです。
ハナウド6
ほんのりピンク色もありました。


イワガラミ(岩絡み) アジサイ科イワガラミ属
北海道、本州、四国、九州に分布  花期 5~7月
山地の岩や木に絡み付いてのびる落葉つる性の木です
イワガラミ6
   (あ!そうそう、この花は22日の菊池方面でした
中央の小さくチラチラしている部分が両性花で、
周りに白い大きな1枚の萼片を持つ装飾花があります。
イワガラミ9ツルアジサイ8
よく似たツルアジサイの装飾花の萼片は3~4枚です。


ウツギ(空木) アジサイ科(ユキノシタ科)ウツギ属
北海道、本州、四国、九州に分布  花期 5~7月
山野に生える落葉低木です
ウツギ6
ほんの2週間前、この近くのマルバウツギが花盛りだったのに
この日はほぼ見かけなくなり、
代わってこのウツギの木が花盛りになっていました。
ウツギ5


南外輪の観音桜公園から見た阿蘇の中央火口丘群です。
前日の雨が空気中のホコリを落としてくれて、一段と綺麗でした。
観音桜公園から12
えっと・・・ぱやんぷ家の母ちゃんは、元々病気がちなのですが
最近ちょっと体調的に気がかりなことがありまして・・・
いえ、本人的にはいたって元気(なつもり)なのですが、生活を少々見直すにあたり、
ただでさえマイペースなブログを益々マイペース化するために
拍手コメントの方を今までと変更いたしますです。
間違いのご指摘や、ご意見、ご質問等の返事は、申し訳ありませんが、
コメントを頂いた方のブログの方に直接いたしますことをお許しください。
勝手なことを申してすみません
つたないブログですが、今後ともどうぞ宜しくお願いいたします 
編集[管理者用] Trackback(0) 
2015.05.24/ 00:23(Sun)
今年はエビネを見かける回数が多くて、その度に綺麗だわ~と
感動して撮影してくるので、少々しつこいかもですが・・・
人があまり訪れないような林の中に
ひっそりと咲いていたお花をどうぞ観てあげてください

エビネ(海老根) ラン科エビネ属
北海道(南西部)、本州、四国、九州、沖縄に分布  花期 5月頃
山林や竹林などに生える多年草です
エビネ 高森3

エビネ 菊池

エビネ 高森6
撮影は5月17日と22日です


同じ日に見かけたラン科のお花です。

コケイラン(小蕙蘭) ラン科コケイラン属
北海道、本州、四国、九州に分布  花期 5~7月
深山の湿った腐植質の多い林内に生える多年草です
コケイラン1-4

サイハイラン(采配蘭)  ラン科サイハイラン属
北海道、本州、四国、九州に分布  花期 5~6月
山地の林の湿った所に生える多年草です
サイハイラン13-2
片側に並んで咲いています。
姿が采配(さいはい)に似ているということが名前の由来だそうです。
以前の記事もよろしければこちらからどうぞ→サイハイラン 
編集[管理者用] Trackback(0) 
2015.05.21/ 21:20(Thu)
今年の4月~5月10日の間に会った色違いのお花です。

花の時期が早い順からです。

ミチノクフクジュソウ(陸奥福寿草)  キンポウゲ科フクジュソウ属
本州、九州に分布  花期 4~5月
山野や草原などに生える多年草です
ミチノクフクジュソウ7-13-4
オレンジ色のミチノクフクジュソウです。
4月11日撮影


ムラサキケマン(紫華鬘) ケシ科キケマン属
日本全土に分布  花期 4~6月
山麓や平地の日陰などに生える越年草です
ムラサキケマン5ユキヤブケマン5
ムラサキケマンの白花を『ユキヤブケマン(雪藪華鬘)』というそうで、
先端部のみに紫色がついているものは『シロヤブケマン(白藪華鬘)』というそうです。
5月2日撮影


ノアザミ(野薊) キク科アザミ属
本州、四国、九州に分布  花期 5~8月
山野や河川敷でよく見かける多年草です
ノアザミ4

ノアザミ2
5月10日撮影


ギンリョウソウ(銀竜草) シャクジョウソウ科(イチヤクソウ科)ギンリョウソウ属
日本全土に分布  花期 5~8月
山地の湿り気のある腐植土の多い所に生える腐生植物(菌根植物)です
青みがかった色
ギンリョウソウ25
普通の色はこんな感じの白です
ギンリョウソウ5
ピンク色
ギンリョウソウ ピンク5
花が終わりそうなので少々傷んでいます。 もう少し早く会いたかったな・・・。
5月10日撮影 
編集[管理者用] Trackback(0) 
前回の残りのお花です。

チゴユリ(稚児百合) イヌサフラン科(ユリ科)チゴユリ属
北海道、本州、四国、九州に分布  花期 4~5月
丘陵地や山地の落葉樹林下に生える多年草です
8-11チゴユリ1
群生しているのをよく見かけますが、地下茎で無性繁殖するからだそうです。


キバナチゴユリ(黄花稚児百合) イヌサフラン科(ユリ科)チゴユリ属
本州(紀伊半島)、四国、九州に分布  花期 4~6月
山地の林下に生える多年草です
8-12キバナチゴユリ15
林の中に咲いていました。
8-13キバナチゴユリ17
黄色い花を咲かせ、チゴユリよりもやや大形です。
8-14キバナチゴユリ23


タチシオデ(立牛尾菜) サルトリイバラ科(ユリ科、シオデ科)シオデ属
本州、四国、九州に分布  花期 5~6月
山野、草原に生える多年草です
8-15タチシオデ8
雌雄異株です。 左は雄花で右は雌花の写真です。
8-16タチシオデ雄花4雌花16


フナバラソウ(船腹草) ガガイモ科(キョウチクトウ科)カモメヅル属
北海道、本州、四国、九州に分布  花期 6~7月
山地の草原に生える多年草です。
8-17フナバラソウ26-21
名前の由来は袋果(たいか:果実の一種)の形が船の胴体に似ることからとのことです。
8-18フナバラソウ8
渋い色ですね。 
葉を触ったら、毛が生えていてふわふわ滑らかな手触りでした。 
編集[管理者用] Trackback(0) 
2015.05.18/ 22:04(Mon)
5月8日は前回のギンラン、キンラン以外にも沢山の花に会いました。

一気に春が来て、すでに実になり見逃した花もあったのですが
なんとか間に合った花や、咲き始めの花をもあったので
2回に分けてご紹介いたします


フタリシズカ(二人静) センリョウ科チャラン属(センリョウ属)
北海道、本州、四国、九州に分布  花期 4~6月
山地の林内に生える多年草です。
8-1フタリシズカ1
ヒトリシズカよりもやや全体的に大きいです。
お花の感じもこんな風に違います。
8-1フタリシズカ7ヒトリシズカ25
フタリシズカの葯は内側にチラッと見えている
薄黄色い部分ですが・・・分かりづらいですよね


アマドコロ(甘野老) クサスギカズラ科(キジカクシ科、ユリ科)アマドコロ属
北海道、本州、四国、九州に分布  花期 4~5月
山地に生える多年草です。
8-2アマドコロ5
このアマドコロ、やけに大きくて花数も一カ所から4つ出ている所もあったりして
アマドコロなのかどうか自身が無いです。
図鑑には1~2つの花をつけると書いてありますので・・・。
北の方にはオオアマドコロという種もあるそうですが、
熊本にもあるとは思えず・・・多分、栄養状態の良い、大株のアマドコロかなぁ・・・と。


ヒメナベワリ(姫舐割、姫舐破) ビャクブ科ナベワリ属
本州(中国地方)、四国、九州に分布  花期 4~5月
山地の林内や林縁に生える多年草です
8-3ヒメナベワリ全体4
有毒です。  名前の由来は、
舐めると舌が割れる、もしくは破裂するといわれる「ナベワリ」よりも
花が小さいことから「姫ナベワリ」です。


コミヤマスミレ(フイリコミヤマスミレ) スミレ科スミレ属
本州(関東以西)、四国、九州に分布  花期 5月
山地の森林内、林縁の斜面の湿り気の多い所、渓流の側などに生える多年草です
8-4コミヤマスミレ26
毛深くて、萼が後ろに反り返っているので多分・・・コミヤマさんではないかと・・・。



オオキヌタソウ(大砧草) アカネ科アカネ属
北海道、本州、四国、九州に分布  花期 5~7月
山地の林内、林縁に生える多年草です
8-5オオキヌタソウ25-4-15
まだ見たことは無いのですが、
よく似ているらしいキヌタソウは葉に柄が無いそうで、
属も別であちらはヤエムグラ属とのことです。


クマガイソウ(熊谷草)  ラン科アツモリソウ属
北海道、本州、四国、九州に分布  花期 4~5月
山地の林内に生える多年草です
8-6クマガイソウ10
名前の由来は、唇弁が袋の形になり、
これを熊谷直実(くまがいなおざね)の背負った母衣(ほろ)に見立てたことからだそうです。
8-6クマガイソウ2
母衣というか・・・私には犬の顔に見えます

次回につづきます。 
編集[管理者用] Trackback(0) 
2015.05.16/ 23:07(Sat)
同じ所でギンランとキンランに会いました。

ギンランの方はもう終わり方で花が・・・なのですが

ギンラン(銀蘭) ラン科キンラン属
北海道、本州、四国、九州に分布  花期 4~5月
丘陵や山地の林内に生える多年草です。
8ギンラン19

8ギンラン25
咲いていた場所は、林内ではなかったのですが、岩陰でした。

岩の南側にはキンランが生えていました。

キンラン(金蘭) ラン科キンラン属
本州、四国、九州に分布  花期 4~6月
丘陵や山地のやや明るい林下に生える多年草です。
8キンラン40

8キンラン20

8キンラン8

8キンラン24

8キンラン17
キンランはギンランより明るい所が好きなようです。
別な所のもっと木が茂った薄暗い林でも見かけましたが、貧弱な株ばかりでした。

撮影は5月8日です 
編集[管理者用] Trackback(0) 
前々回の続きです。

ツクシシオガマ(筑紫塩竃) ゴマノハグサ科シオガマギク属
九州(中部)に分布  花期 4~5月
山地の草原に生える一年草です
8ツクシシオガマ8

ツクシシオガマ8-1
草原や道路脇の、日当たりの良い斜面や少し水分がありそうな所で見かけます。


オカオグルマ(丘小車) キク科キオン属
本州、四国、九州、沖縄に分布  花期 4~6月
日当たりの良い乾いた草地や土手などに生える多年草です
3-3オカオグルマ3
以前、今年の4月3日撮影の写真を載せました。
あの頃が咲き始めで、この写真(5月3日)にはもう終わりの花が多かったです。


ヤマムグラ(山葎) アカネ科ヤエムグラ属
本州、四国、九州に分布  花期 5~6月
山地の林縁や林内に生える多年草です
3-2ヤマムグラ3
葉も茎も他の“○○ムグラ”と名のつくものより細い印象でした。


ホタルカズラ(蛍蔓) ムラサキ科ムラサキ属
日本全土に分布  花期 4~5月
山野の日当たりのよい乾いた草原や、林縁に生える多年草です
5-1ホタルカズラ
娘が遠出の途中で撮影してきてくれました。
ホタルカズラは以前にも載せておりますので、よろしければこちらもどうぞ→ホタルカズラ


イズハハコ(伊豆母子) キク科
本州(関東以西)、四国、九州、沖縄に分布  花期 4~6月
暖地の日当たりの良い崖、斜面に生える1年あるいは越年草です
3-1イズハハコ54
初見のお花でした。
車で通りざまになんだろう?と、目に入り車を止めました。
パッと見はヒメジョオンやハルジオンの舌状花が無い感じの立ち姿です。

花期の本番はこれからのようでした。



GW頃に会ったお花は今回までです。
長らくご覧いただきありがとうございました。

次回は先週末に会ったお花になります・・・・え?1週間しか変わらない?

1週間違うと、先週は咲いてなかったお花が咲いていていたり、
終わっていたりと結構違ったりしますので・・・ 
編集[管理者用] Trackback(0) 
2015.05.14/ 22:53(Thu)
最近訪れた観光地です。

ブログの名前は『ぱやんぷ一家参上』ですが、今回は一家バラバラでした。

大分県の日田の豆田町です
日田豆田1

大分県の湯布院の金鱗湖です
大分由布院金鱗湖3
湯気が出てるとか以前聞いていた気がしたので期待して行ったのに、
ただのこじんまりした池でした。 どうして勘違いしていたのかしら・・・。

湯布院の土産物の通りです
湯布院7

宮崎県の高千穂峡です
5-2高千穂渓谷
ボートの待ち時間が4時間半だったそうです

皆さんはどんな連休を過ごされましたか?
我が家は観光地はやっぱり苦手だな~と改めて思いました。

楽しかったことといえば・・・宿泊先で
愛知県から来られていたご夫婦と話しが弾んだことぐらいかな 
編集[管理者用] Trackback(0) 
未だにGWの頃の花を引きずっております。
一度に沢山会ったので写真が沢山でして、後何回か続きます


オオヤマフスマ(大山衾) ナデシコ科オオヤマフスマ属
日本全土に分布  花期 5~8月
山地の草原、林縁、道端などに生える多年草です
2-4オオヤマフスマ3-1
別名はヒメタガソデソウ(姫誰袖草)です


サクラソウ(桜草)  サクラソウ科サクラソウ属
北海道、本州、九州に分布  花期 4~5月
山間の湿地や河岸の原野に生える多年草です
2-6サクラソウ26
最近側を通りましたが、もう花はすっかり終わっていました。
2-6サクラソウ20
ほんの10日前のことなのに・・・。


ユキザサ(雪笹、鹿薬) ユリ科ユキザサ属
北海道、本州、四国、九州に分布  花期 5~7月
山地の林内に生える多年草です
2ユキザサ2
あまり下草が無いくらいの暗めの林の中でしたが、そこだけ日が刺して
スポットライトを浴びた女優さんのようでした。


カイジンドウ(甲斐竜胆) シソ科キランソウ属
北海道、本州、九州に分布  花期 5~6月
山野の日当たりの良い所に生える多年草です
2-5カイジンドウ9
初見のお花でした。
2-5カイジンドウ34
名前の由来は、甲斐の国(現在の山梨県)に産するリンドウ(竜胆)の意味だそうです。

撮影はいずれも5月2日です。 
編集[管理者用] Trackback(0) 
 
Copyright © 2015 ぱやんぷ一家参上, all rights reserved.
まとめ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。