http://payanpu.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

paya

Author:paya
野山に出かけて花を愛でるのが大好きな一家です。

訪問者

カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
2015.02.25/ 17:06(Wed)
もう1ヶ月近く前のことになってしまいましたが、2月1日は高畑山へ行って来ました。

熊本県阿蘇郡西原村大字河原にある795.8mの山です。
1高畑山1
冠ヶ岳の方は一昨年の3月に登りました。
地蔵峠からですと、片道1時間~1時間20分位(駐車場次第で…)で行けます。

高畑山も冠ヶ岳と同じ『グリーンロード南阿蘇
(益城の方から入り阿蘇ミルク牧場の前を通り、高森、久木野方面へ行ける道)』へ。

益城方面から行かれると、ミルク牧場や『駒城』という看板がある牧場を過ぎ、
暫く進まれますと左カーブの左側に脇道があり、そこから斜めに入ります。
2高畑山67
車は入ってすぐの少し広くなっている所に置いて出発しました。

高畑山へは3年前に登ったのですが、
今回は登山道を含む範囲に動物避けネットが新しく張り巡らされていて、
以前の登山道が歩けなくなっていました。

ネットに沿って新しい踏み跡ができているようですが
歩き難いので、ネットの左の林の方へ迂回しました。 歩き易いのでかえって早いです。

ネットが終わりになる手前辺りからネット沿いの道に戻り、
それから先は昔からの登山道と合流します。

先ずは・・・歩き始めてすぐの林道の分岐は左へ。 
3高畑山登山道
林から抜け出るとススキが茂った山頂です。

山頂には三等三角点があります。
4高畑山山頂

石仏もあります。
下方には「塩井」の文字。
南阿蘇にある『塩井神社の水源』か、
山の下の方にある益城町の『潮井水源』とでも関係があるのかな?
5高畑山石仏

展望は3年前と変わらずよかったです。
高畑山山頂から
ぼんやりですが、金峰山山系が見えます。
逆モヒカン的な・・・こんな山頂の植林が無い所から眺めました。
6高畑山84

新しい道に印を付けたり、薮を掃ったりしながらでしたので時間は計れませんでしたが
ほぼなだらかな道ですし、駐車した所から山頂まで直線で800mぐらいなので
片道15分、往復30分かからない位かな?と思います。 
スポンサーサイト
編集[管理者用] Trackback(0) 
2015.02.23/ 23:30(Mon)
昨日の大岳の記事で書いておりました神風連なのですが、
近くについでがあったので『神風連資料館』へ行って来ました。

『桜山神社』の境内にあります。

入館料 大人300円 中高生200円 (20名以上は団体割引あり) 
  
休館日 毎週火曜日、年末年始
開館時間 10:00~16:30

熊本市中央区黒髪5丁目7-60  桜山神社境内
(熊本大学の前を通っている県道337号線沿いにあり、熊大のすぐ近くです。
 浄行寺交差点方面から龍田方面へ向進まれると
 熊大を過ぎられて500m程行かれた所の左側に木が茂った所があります。) 

駐車場は熊本大学方面から行かれると、神社を過ぎた先の道を左折。
曲がってすぐに6台ぐらいとめられます。

神風連志士列墓
桜山神社 神風連志士列墓
170人ほどで挙兵。
戦死者27名 その他の多くは自刃で亡くなられたそうです。

神風連の乱が単なる政府に対する
武士としての不満からの反乱ではない理由からだったこと。

この時代の人々が其々やり方や方向性は違っていても
誰もが国のことを思ってのことだったこと。
そのために命を懸けてもいいと思うほど真剣に考えていたこと。

しかも多くの人が若い。

今の日本とつい比べてしまいました。

いい勉強になりました。


こちらは昨日行った谷尾崎梅園の梅です。
紅梅

白梅

写真の樹は満開ですが梅園の開花状況はまだまだ。

途中のよそ様のお庭は満開なのになぁ・・・
品種によって時期が違うにしても、少々寂しいお花見でした。 
Category: 熊本オススメ
編集[管理者用] Trackback(0) 
2015.02.22/ 23:21(Sun)
前回の雄岳の後、
宇土市上網田町と宇城市三角町の境にある大岳(477.4m)へ向かいました。

大岳の東側の登山口は県道58号線の途中にありますので、
一旦、県道243号線へ出て、網田小学校辺りまで戻り、
東へ。 笹山の下を通り県道58号線へ抜ける道があります。

  大岳だけに登られる場合は
  国道57号線から『あじさいの湯』や『馬門石石切り場』の方面へ曲がられると
  県道58号線に入ります。

県道58号線に出たら右折し3km程進むと、峠で宇土市と宇城市の境があり、
道の右側にチェーンがある道があります。
11大岳へ入り口2
登山口はここから入って600~900m程先にあります。

手前(600m先)にある登山口と、電波塔横(900m先)の登山口です。
12大岳登山口2
途中、以前、宇土の他の山でも見かけたタイワンリスの罠が仕掛けてありました。

我が家は電波塔の所から登りました。
10分間はひたすらゼイゼイしながら階段を登ります。
13大岳登山道1
じっとしているととても寒い日だったのに、汗だくです。

階段の途中から見下ろすと不知火海の方が見えました。
14大岳から

階段の後は山頂までは(2箇所また階段がありますが)ほぼなだらかな道が続きます。
両側から自然木が伸び、トンネルの様になった森の中を歩くとても気持ちいい道でした。
15大岳登山道2
雄岳からの縦走が、ガソリンの無駄が無くてよかったかなぁ・・・と
後悔もしたのですが、東から来てこの道を歩けたことは良かったです。

山頂には大岳山神社(石祠)と、二等三角点があります。
16大岳山頂2
登山道が他にも2方向から来ていました。
少し先に行ってみましたが、いずれも奇麗に草刈りをしてありましたので
どの道から登ってきても薮漕ぎはなさそうでした。

登りが22分。下りが11分。往復30分ちょいです。

山頂には他に、明治9年に熊本で起こった
神風連の乱(しんぷうれんのらん:明治政府に対する反乱)の時に
ここで自刃した六士の慰霊碑もありました。
17大岳山頂1
辞世の歌が彫ってありましたのでご紹介します。
18大岳 すみれ
「手にふれて 夷(えびす:異民族・野蛮人)を攘(はら)ふ梓弓 ひくにつけてもつよき心は」
「益良雄が くもりし御代を太刀風に はらふ心は神ぞ知るらむ」
「はらはばや 鉾とりもちて大丈夫(ますらお)が 浦の戸たヽく千々の異船」

写真の一番最初に書いた歌の方は40歳。
他は21歳~28歳と若い方ばかりです。
何を思われながら山道を登ってこられたのでしょうか。

約140年前・・・それほど昔ではありませんよね・・・。
世の中の移り変わりの早さと、それによる人の変わり方。
色々と考えさせられました。 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(8) 
2015.02.20/ 23:16(Fri)
1月31日は熊本県宇土市上網町にある雄岳(347.7m)と
上網田町と宇城市三角町の境にある大岳(477.4m)へ行って来ました。
1雄岳と大岳

先ずは雄岳から。
雄岳へは、国道57号線の途中から網田小学校の方(県道243号線)へ入ります。
曲がるとすぐ橋を渡る道なので、国道より斜め上にあがる道です。
2雄岳へ1
線路を越えた先の丁字路を右へ。 網田小学校に突き当たったらまた右へ。

道なりに進むと途中、左側に神社があります。そこをもっと先へ。
ずっと先の方の左側に九州自然歩道の道標がありますので、ここから入ります。
3雄岳へ2

曲がってから1.1kmほど進むと左に入る狭い道があり、この道の途中に登山口があります。
ちなみにこの狭い道は先で元の道と繋がっています。
4雄岳へ3

登山口の所に1台だけなら車をとめることができます。
5雄岳へ4

入口辺りは雑木、少し進むと竹が両側に生える道になり、
やがて植林と雑木が混在する林に入って行きます。
6雄岳登山道1

4~5分歩くと3mぐらいの高さで70°くらいの勾配がある所に突き当たります。
無理に登れないこともないけど、無理をしなくても左に小さな巻道があります。
登り上がると平らな所に出ますので、そこが山頂です。
7雄岳 (12)

山頂を右(東端)に進まれると四等三角点があります。 展望はありません。
8雄岳 (24)

四方に梵字を刻んだ石塔もありました。 いつの頃の物かは分かりませんでした。 
9雄岳山頂
文字も・・・「金」「五」「十」「円」かな? 「円」が「田」にも見えるけれど・・・。
「金」から読み始めると「金50円」。「金15円」ではなさそうです。

行きは6分、帰りは5分でした。

狭い道に入る所まで戻り、コンクリート道を
行き止まりの所まで進んで大岳へも行けたらしいですが、
いかんせん、何故かそちらから登ることは全く考えもせず・・・
下調べをした方の登山口から登りましたので、
車でぐるっと向こう側(東側の登山道)へ移動しました。

次回、大岳へつづく・・・。 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
2015.02.16/ 22:35(Mon)
昨日は福岡県久留米市城島で行われていた『城島酒蔵びらき』と
九州国立博物館へ行って来ました。

城島の酒蔵びらきは3年前にも行きました。
あの時は夜明け前から家を出て、
父ちゃんと二人で列車を乗り継いで行ったっけ。

今回は・・・父ちゃんごめんね
父ちゃんは運転手で母ちゃんと娘だけ飲みました。

到着した頃にはもうとっても賑わっていました。
1城島酒蔵びらき食べ物ブース
おつまみ売り場も充実しています。

500円でお猪口に6杯(3つのランクからそれぞれ2杯づつ)
城島の色んな酒蔵から出されている中から選びます。
2城島酒蔵びらき飲み比べ

次は何を飲もうかな~?
3城島酒蔵びらきチケット
娘と違うものを頼んで、お互いちょっとずつ味見
どれを飲んでも美味し~い♪

気に入ったお酒はここで購入できます。 父ちゃん用に2本買ってきました。
4城島酒蔵びらき販売コーナー

酒の祭りと言えば、東広島の酒祭りも思い出されます。
あちらは全国から酒蔵が来るので、色んな県のお酒が飲めます。
娘が居る頃に1度だけ行きましたが、もう昼間っから超楽しかったです。
勿論、城島のも楽しかったです。 会場の近くに住みたいぐらいでした。

他には珍しかったので“エツ”という魚のバーガー『エツバーガー』を食べてみました。
5城島酒蔵びらきエツバーガー

エツのつみれを焼いた(茹でた?)のと、
レタス、キャベツ、玉ねぎ、トマト、レモン等がはさんであります。
少し生臭いかな・・・温かかったらなぁ・・・レモンがいい仕事してるけど、
やっぱりフィッシュバーガーの様にフライにするか、
もしくは、天婦羅をはさんで照り焼きのタレで
思いっきり和風にするとかした方が生臭さは減るかも・・・。

今回は酒蔵の方には行かなかったのですが、
其々の酒蔵でもきっと賑わっていたことでしょう。

城島を後にして、太宰府にある九州国立博物館へ。

周辺まで行くと、途中の渋滞が酷くてなかなか近寄れません。

九州国立博物館では『百済展』があっているし、
隣接している太宰府天満宮は
この時期は受験シーズンだし、梅もあるしで賑わうのでしょうね。

展の方は、熊本の鞠智(きくち)城跡から出土した菩薩立像とかもあって嬉しかったりして
(「古代日本と百済の交流」の図録より)
6九国 古代日本と百済の交流
娘は大学の頃、授業の題材で取り上げられていた物の
実物が来ていると感激しておりました。

充実した楽しい1日でございました。 つくづく、父ちゃん、ごめんねぇ 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(4) 
前回の女岳(雌岳)の後、
姫御前岳(ひめごぜんだけ)、男岳(雄岳・おだけ)、南岳(みなみだけ)へ行きました。

女岳からその林道を進んで行くと左側に登山口があります。
倒木を越えて出発!
7姫御前岳 (26)
姫御前岳514mも急登ですが、女岳よりも山頂までは近いです。
8姫御前岳 (23)
6分で山頂に到着。
こちらも展望はありません。 同じ道を戻りました。
往復で11分です。


林道をまた先に進むと男岳の登山口があります。
9男岳5
男岳(雄岳)532mは、急登とゆっくりコースが選べます。
行きは急登を登り、下山はゆっくりコースを歩きました。
10男岳登山道
山頂には三角点があります。
11男岳 (47)
登りが3分、下りが7分です。
遠くに有明海が見えたりと、眺めがよいので山頂で40分ゆる~っと過ごしました。

山頂には大きな岩があって「ここ通れる?」と書いてあります。
男岳山頂
チャレンジしてみました。
あとちょっとでって感じなんですがねぇ・・・・・・聞き流してくださいまし


南岳546mは、帰りに寄りました。
林道を戻って、この登山口から登りました。
12南岳登山口
階段を4か所ばかり登った先
特に山頂という印はありませんが、ここが山頂です。
13南岳
途中グリーンピアが見下ろせます。
登りが7分、下りが5分。 往復で12分です。

カメラの修理は今日戻ってきました。保証期間内だったので無料で済みましたが、
車の修理には4万かかるそうで、ちょいと近道のつもりが痛い出費となりました 
編集[管理者用] Trackback(0) 
2015.02.13/ 19:29(Fri)
1月25日は女岳(雌岳)、姫御前岳、男岳(雄岳)、南岳へ行って来ました。

南岳以外は熊本県山鹿市鹿北町岩野と
福岡県八女市黒木町木屋にまたがる県境の山です。

4つ連なっているので、登山口へは同じ所から入ります。

目指すは『グリーンピア八女』行き方はこちら→グリーンピア八女

  ちなみに、熊本から行くので男岳から行って、
  グリーンピアからの道に繋がっているんじゃないか?と
  八女市黒木町木屋の脇道から男岳を目指したのですが、
  随分先まで行って、あまりの道の狭さに車をぶつけ・・・トホホとなったところで
  たまたま地元の方に会い、この先は繋がっていないと教えていただきました。
  素直にグリーンピア八女に行けばよかったです。
  おかげでまた午後からのスタート・・・
  毎回登り始めるのが午後からなので、すぐ夕方になっちゃいます

グリーンピアの敷地に入ると登山口の案内看板があります。
車で進んで行くとこんな所に出ます。
1女岳他への入口 (2)
南岳だけこの手前で、女岳、姫御前岳、男岳はこの先にあります。
南岳はどうしようか?と話している間に通過

ここに車をとめて歩くのが正道でしょうけれど、
先の様子がとにかく見てみたいので、そのまま車で直進

女岳(雌岳)595.6mの登山口は手前にもありましたが、
通過してしまい、時間も時間だし・・・ってことで脇に車をとめて
出口?といいますか・・・先の方にある登山口の方から登りました。
3女岳 (1)
7~8分位かなぁ・・・山頂に到着です。 山頂には三角点があります。
展望はありませんが、登山道の途中に展望できる所があります。
4女岳 (21)
車で来る途中にあった登山口に向かって下山しましたが、
下山する時にとっても後悔しました。こっちから登っておけばよかった。
とっても急勾配なんですよね。 下り終えた後、振り返って撮影です。
5女岳 (37)
登る時には「きつい」けど、これを下るとなると「きつい+危ない」
掴まれる樹もあまり無く、腰が引けて大変でした。
(杉があるじゃん!って思うでしょ?
 幹が大きくて掴めないから頼れないんです)

手前の方の登山口です。
ピンクの矢印で下りて来ましたが、登りは緑の方向へがいいと思います。
6女岳 (44)

下山してくる前に、姫御前岳まで稜線を縦走できるかな?と
山頂の先から入る脇道から下りましたが、急勾配なうえに薮がどんどん酷くなりました。
女岳に登り始めたのが午後1時からだったので、
このまま進むと4座全部は無理!ということになり断念。 
正規のルートで下山し、林道に出て車まで戻りました。

下りが13分、林道歩きが7分でした。
ちゃっちゃと行けば、トータルで30分位でしょうか・・・。

帰り道、夕方に撮影した女岳と姫御前岳です。
2女岳と姫御前岳

いらん薮漕ぎをしたりと無駄な動きをしてしまいました。
おまけに修理から戻って来たばかりのカメラを試しに持って来たのに直っておらず、
相変わらず急に調子が悪くなるので困りました

結局、我が家は女岳に1時間40分も時間を使ってしまい、
(山頂でポーズとって写真撮ったりと、多少遊びの時間もありましたが・・・)
まだ1座登っただけなのに、なんだかもう精神的にもすっかり疲れちゃいました。

女岳の紹介がえらく長くなってしまいましたねぇ・・・
次回は他の3座をまとめてアップいたします 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
2015.02.11/ 22:05(Wed)
見岳山は熊本県上益城郡山都町男成にある632.7mの山です。
山の写真がろくなのが無くて分かり難いですが・・・
見岳山
前回の城山と同じ日に行きました。
本当はもう1座、万坂山へも行きたかったのですが、
向かう途中が工事中で大きく迂回しなければならなかったので
断念して3番目に行く予定だった見岳山へ。

行き方は国道218号線を蘇陽方面へ進みます。
消防署を過ぎ、聖橋(見え難いですが、隣は石橋です)の
信号交差点を左折して県道141号線に入ります。
1.3km程進むと『円形分水』の公園がありますので、ちょこっと見学。
1円形分水

『通潤橋』ってご存知でしょうか?
石橋の真ん中から滝の様に放水する姿をテレビとかで
ご覧になられた方もいらっしゃるかも。
円形分水はその橋と関係しています。

通潤橋方面に送る水と、他の地域へ送る水を
水田面積に応じて不公平が無いように水を分配する仕組みになっているそうです。

中から水が溢れるように出てくるのをじっと見つめていると
不思議と反対に引き込まれそうな気持になります。

円形分水の公園駐車場の交差点から東に車を走らせます。
1.6km程先の右手に見岳山へ入る道があります。
左側は少し広くなっていますので、そこに車をとめました。
2見岳山へ-2

植林の林ですが、なんだか気持ちの良い道です。
3見岳山3

山頂には石仏があるので、お参りの人はここまで車で入って来られているようです。
4見岳山 (22)2

6見岳山 山頂2
ずっと明瞭な道がありますので迷わず10分位で山頂に到着です。
5見岳山 山頂
二等三角点がありました。 往復で20分位です。

車に戻り、ついでにその先にある『池尻の唐傘松』へ向かいました。

今居る道をさらに東へ進みますと、交差点に出ます。
そこを直進すると丁字路に当たりますので、左折。
ちょっと先の右側に唐傘松の案内の看板があります。

ゆっくり見学される方は看板の駐車場へ。
車からでいい~という方は、狭いですが車でも通り抜けられる道です。

樹齢300年を超えるとのこと。
ここに来るのはかれこれ4回目ですが、いつ見ても枝振りが素晴らしい
見る度に、こんな盆栽が欲しいと思います。
7池尻の唐傘松
ここからは九州脊梁の山が見えました。
8九州脊梁
あちらは雪が積もって白く光って奇麗でした。 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(4) 
2015.02.10/ 22:27(Tue)
1月23日は熊本県上益城郡山都町長田にある城山へ行って来ました。
1城山 山都町
高さは621.7mです。

国道445号線を熊本市内方面から矢部方面に向かい、
県道223号線に入る一つ先の道を右折します。
右斜め先へ下りて行くような脇道です。

芦屋田まで行くと道が突き当りますので、左折。
ちょっと進むと県道219号線に出合いますのでその丁字路を右折します。
2.3km程進むと左側に入る道がありますので、そこを左折します。
左脇にはお墓とコンテナのような倉庫があります。
2城山 山都町1

1分も行かないうちに右に入る狭い道がありますので、その道に入ります。
左手は田んぼで、右手は林です。
城山は田んぼの向こう側、すぐ左隣に見えています。
3城山 山都町2

道が狭くなる手前に車をとめて、
左下に下りる道がありますのでそこからスタートしました。
4城山 山都町3

林道を上がって、道が分かれている所は広い方へ。
5城山 山都町4

植林されたまだ若い杉が植えられた中の道を登って行きます。
6城山 山都町5
鹿や猪の糞が多くて、避けながら歩きたくても
踏まなければ進めないような所もありました。

上まで上がってくると杉林の中に入り、
正面(西へ)進み稜線に出たら高い方を目指すと山頂です。
7城山 山都町6
最近地籍調査があったと思われ、
稜線付近はすっきりしていて、真新しい標が点々とありました。

山頂には四等三角点があります。
8城山 山都町三角点
展望はありません。

途中で見下ろした景色です。
9城山 山都町7
この景色もいずれ杉が育ってしまえば見えなくなります。
何年後かに来ると、苗木は育って花粉が・・・とか考えたくないですね

往復で40分かからないくらいでした。 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(4) 
2015.02.05/ 22:41(Thu)
小萩山(おはぎやま)は熊本市北区貢町にある415mの山です。
(写真は撮り忘れました

前回の記事の荒尾山の後に行きました。
同じ車道を通って車で先へ進みましたが、
荒尾山の時に車をとめた所から脇の登山道に入り縦走もできます。

小萩山は山頂まで車で行けるのですが、
途中に放牛石仏があるのでそこから歩くことにしました。
1小萩山 (2)
ここの放牛石仏も探すのに苦労しました。
石仏には大抵番号が彫ってあるのですが、
彫って無かったり、分からなかったりするものもあります。
ここの石仏は番号が判らない内の1つで『無番号6体目』となっています。
残念なことに割れて可哀想な姿です。
日頃は登山者しか通らないような所ですが、
昔はこの先にある東門寺辺りに行くための道だったのかな?

2小萩山 (7)
車道はくねくねと上に向かって伸びています。
登山道は時々車道に出ては横切ったりして真っ直ぐ登って行きます。
3小萩山 (9)
一番下から歩くのが正道なのでしょうけれど、
くねくねな車道のどこからでも登山道に入れるので
体力に合わせてお好きな所からどうぞって感じです。
4小萩山 (11)

放牛石仏から10分で山頂です。
5小萩山 (13)
下りは6分で車に戻ってきました。

山頂からはいい眺めです。 でもこの日は多分PM2.5が酷かったのかな・・・
ぼんやりとしか街が見えませんでした。
7小萩山23
熊本城、市役所、藤崎台球場、等です。

阿蘇も見えます。 噴煙の影響は熊本市内にはほとんどありませんが、
風下になる町は大変なようです。
6小萩山19

この後、帰り道にある天狗山に登りました。
天狗山は以前アップしておりますので山の様子はこちらからどうぞ→天狗山と本妙寺山
ちなみに天狗山は、以前登った時には山中で迷いましたが、
今回は歩き易いようにして、印もバッチリ付けて来ました 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(8) 
 
Copyright © 2015 ぱやんぷ一家参上, all rights reserved.
まとめ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。