http://payanpu.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

paya

Author:paya
野山に出かけて花を愛でるのが大好きな一家です。

訪問者

カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
今回は少々暑苦しい色ですが、どうかご容赦下さいませ


コオニユリ(小鬼百合) ユリ科ユリ属
北海道、本州、四国、九州に分布  花期7~8月
山地に生える多年草です。
51コオニユリ1
古くに中国から帰化したと思われているオニユリに似ていますが、
オニユリは葉の付けねにムカゴがつき、こちらのコオニユリにはつきません。


ヒオウギ(檜扇) アヤメ科アヤメ属
本州、四国、九州、沖縄に分布  花期8~9月
山地の草原に生える多年草です。
52ヒオウギ
種子は黒く光沢があり『ぬば玉(うば玉)』と呼ばれ
黒、髪、夜などにかかる枕詞として使われました。


ヒメユリ(姫百合) ユリ科ユリ属
本州、四国、九州(熊本県、大分県、宮崎県)に分布  花期6~7月
山地の日当たりのよい草原に生える多年草です。
53ヒメユリ2
名前から優しげな色をなんとなく想像してしまいますが、
意外と強烈な色をしています。
この個体も朱色というよりは“赤”なのですが・・・朱色に見えてしまいますよね
54メユリ3
盗掘の被害が多い花です。
以前はもっと沢山あったと聞きます。
こんな風に草原にぽつん…ぽつん…ではなく、昔の様子を見てみたかったな・・・・。


ユウスゲ(夕菅) ユリ科(キスゲ科)ワスレグサ属
本州、四国、九州に分布  花期7~8月
山地の草原に生える多年草です。
56キスゲ2
『キスゲ』とも言いますが『ユウスゲ』の方が素敵かな
55キスゲ3
草原を散策中も、この花が開き始めるとちょっと焦ります。
「そろそろ帰る時間ですよ」と言われているようで
26キスゲ
黄昏てきました。 夜には眠ってしまう合歓木(ねむのき)と暫しの語らい
57キスゲ1
阿蘇の草原に出かけて行く時に、
行きは花が閉じているので存在に気づきませんが、
帰りは薄暗くなった草原にレモンイエローの花が開き
忘れていた存在に気づかされます。

朝が来ると花は午前中のうちにしぼんでしまいます。 
スポンサーサイト
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(3) 
花の名前に「ツクシ(筑紫)」と付くと、九州をあらわします。

ここ最近会った花で、名前が九州(っぽい)のを集めてみました。

最後の花以外は、基本的には阿蘇山系と(九重にも咲く物も)の草原のみに生える花です。

ツクシクガイソウ(筑紫九蓋草、筑紫九階草)
ゴマノハグサ科ルリトラノオ属→オオバコ科クガイソウ属
九州(熊本県、大分県、宮崎県)に分布  花期8~9月
43ツクシクガイソウ2
日当たりのよい阿蘇の草原に生える多年草です。

蝶はブロ友さんに名前を教えていただきました。「ヒメシロチョウ」です。
ありがとうございました。
44ツクシクガイソウ1
草丈の高い草原に、他の草に紛れるようにして咲いていました。
7月20日撮影

次は、上のツクシクガイソウに、雰囲気が似た花です。

ツクシトラノオ(筑紫虎の尾) 別名 ヒロハトラノオ ゴマノハグサ科ルリトラノオ属
九州(熊本県、宮崎県)に分布  花期7~9月
阿蘇の草原に生える多年草です。
ツクシトラノオ
花も違いますが、葉の付き方も大分違います。
45ツクシトラノオ (2)
草丈の高い草原で、ススキと一緒に風に揺られている姿は
ぱやんぷ一家全員で、しばし見とれる程の美しさでした。


アソノコギリソウ(阿蘇鋸草) キク科ノコギリソウ属
九州(熊本県、大分県、宮崎県、福岡県)に分布  花期7~9月
阿蘇および九重山麓の草原に生える多年草です。
42アソノコギリソウ (11)
阿蘇山系以外に生えているものは、
阿蘇の芝を移植した時についていったものだとか。
41アソノコギリソウ (1)
基本的には白ですが、ピンク色もままあります。


ヤツシロソウ(八代草) キキョウ科
九州(熊本県、大分県)に分布  花期7~9月
阿蘇、九重の草原に生える多年草です。
47ヤツシロソウ (42)
八代という熊本の地名が名前につきますが、八代には生えません。

こちらは阿蘇地域だけに咲く花ではありませんが、折角『ヒゴ』と名前につくのでご一緒に。

ヒゴタイ(肥後躰、平江帯) キク科ヒゴタイ属
本州(東海、中国地方)、九州に分布  花期8~9月
日当たりのよい、やや乾いた山野に生える多年草です。
46ヒゴタイ (7)
まだほんのりと色付き始めたくらいでした。

撮影は、ツクシクガイソウ以外は7月27日です。 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(6) 
2014.07.28/ 22:04(Mon)
2週続けて、阿蘇の草原で色んな花に会ってきまして、両方の週が混じりますが・・・

お花畑の丘です。
37お花畑の丘
7月20日撮影

先ずは、この中に一番沢山咲いている花の一つから。

オオバギボウシ(大葉擬宝珠) ユリ科ギボウシ属
北海道、本州、四国、九州に分布  花期7~8月
山地の草原などに生える多年草です。
31オオバギボウシ
立派な株がありました。
ここだけ草刈りをせずに残されたんですね


ノハナショウブ(野花菖蒲) アヤメ科アヤメ属
北海道、本州、四国、九州に分布  花期6~7月
山野の湿原に生える多年草です。
33ノハナショウブ
赤とんぼと一緒に。


クサフジ(草藤) マメ科ソラマメ属
北海道、本州、九州に分布  花期5~7月
日当たりのよい草地に生える多年草です。
32クサフジ
青紫色と一言で言えないくらいの色のグラデーションが素敵ですね。


ノブドウ(野葡萄) ブドウ科ノブドウ属
日本全土に分布  花期7~8月
山野や野原に生えるつる性落葉低木です。
34ノブドウ
実は白や水色、青、紫とカラフルで目立ちますが、お花は小さくて目立ちません。


ハンカイソウ(樊噲草) キク科メタカラコウ属
本州(静岡県以西)、四国、九州に分布  花期6~8月
山地のやや湿った草原や林下に生える多年草です。
35ハンカイソウ
とっても大きくて、母ちゃんの目の高さぐらいありました。(母ちゃんは164cmです)
「樊噲(はんかい)」とは、中国の漢の武将の名前です。
この花が大きく豪快な姿をしているところから、その人の名前を付けられたのではないかと
「大和本草(1709年)」に書いてあるそうです。


ムカゴソウ(零余子草) ラン科
日本全土に分布  花期6~8月
山地の草地に生える多年草です。
36ムカゴソウ
この色、この姿。目立たないですよ~
変わった形のお花ですよね。宇宙人かクラゲか?って感じです。
7月26日撮影

ちょっと先の方には、17日に花の撮影したヤマサギソウが、もう実になっていました。
花の入れ替わりが早くてついていけません 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(6) 
2014.07.26/ 23:52(Sat)
1週間前にはちらほらと咲き始めていたカワラナデシコが、
今日はあちこちで満開でした。

カワラナデシコ

まだ1週間前の写真が残ってますが、今回はとりあえず、
今日見てきたこの花があまりに綺麗でしたので
 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
前々回のまだ出していなかった花です。
ちょっと多いので、分けてます。残りもう1回あります


カワラナデシコ(河原撫子) ナデシコ科ナデシコ属
本州、四国、九州に分布  花期7~10月
日当たりのよい草原や河原に生える多年草です。
23カワラナデシコ
秋の七草のひとつですが、気の早い花がぽつぽつと咲き始めていました。


オグラセンノウ(小倉仙翁) ナデシコ科センノウ属
本州(岡山、広島)、九州(熊本、大分)に分布  花期7~8月
山間部の原野の湿地に生える多年草です。
オグラセンノウ1
一見カワラナデシコに似ています。
色は、カワラナデシコはピンク色ですが、こちらは朱色がかった赤です。
オグラセンノウ2
アップで見ると、色も形も、燃えているような花ですね。


チダケサシ(乳茸刺) ユキノシタ科チダケサシ属
本州、四国、九州に分布  花期7~8月
山野に生える多年草です。
チダケサシ2
名前の由来はチチタケというキノコを
この茎に刺して持ち運んだことからだそうです。
チダケサシ3
草原の湿地に群れて生え、キスゲと一緒に風に揺られて綺麗でした。


クサレダマ(草連玉) サクラソウ科オカトラノオ属
北海道、本州、九州に分布  花期7~8月
山地の湿地や、草原の凹地などの湿り気のありそうな所に生える多年草です。
クサレダマ1
誤解を招きそうな名前ですよね・・・名前の漢字を見てくださいね
名前の由来は、レダマというマメ科の木に似ているからとか。

ただし、あまり似ていないそうな
そう言われると見てみたい・・・・・・検索して見てみました。
レダマは、エニシダに似てました。
色は似ていましたけど、思いっきりマメ科の花の形をしていました

クサレダマの花は、こんな形の花なのに・・・
クサレダマ2
赤い縁取りもおしゃれ


高原の畑に、タバコの花が咲いていました。
タバコの花
葉の方に栄養が行くように花は摘んでしまわれるそうで、
あまり目にすることがないそうです。
タバコ畑
花も大きくて綺麗でしたが、
きっちりと真っ直ぐ並べて植えてある様子も見事でした。 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
2014.07.24/ 23:01(Thu)
7月に入ってから見た緑色のランを3つご紹介します。

ヤマサギソウ(山鷺草) ラン科
北海道、本州、四国、九州に分布  花期6~7月
日当たりのよい山野の草地に生える多年草です。
22ヤマサギソウ

生き物の名前がついたランって多いですね。
花の形というよりも、生物を連想させる形のせいでしょうか?

トンボソウ(蜻蛉草) ラン科トンボソウ属
北海道、本州、四国、九州に分布  花期7~8月
山地の林下に生える多年草ですが、
これは草原の湿地の様な水の多い所で見ました。
トンボソウ
花はとっても小さいです。

オオバノトンボソウ(大葉の蜻蛉草) ラン科ツレサギソウ属
本州(関東以西)、四国、九州に分布  花期5~7月
丘陵や山地の林下に生える多年草です。
24オオバノトンボソウ
トンボソウよりも葉が大きいので、大葉のトンボソウです。
葉も大きめですが、花の大きさの違いの方がもっと顕著なのになぁ・・・と思いました 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(4) 
2014.07.23/ 22:10(Wed)
今週の日曜とか、その頃とかに阿蘇方面で見てきたお花です。

テリハノイバラ(照葉野薔薇) バラ科
本州(東北地方以南)、四国、九州、沖縄に分布  花期6~7月
山野や海岸に生える落葉低木です。
21テリハノイバラ
地面を這って伸びています。
花数はノイバラよりも少ないですが、花の大きさはこちらの方が大きいです。


イタチササゲ(鼬豇豆) マメ科
北海道、本州、九州に分布  花期7~8月
山地の日当たりのよい草原や林縁に生える多年草です。 
イタチササゲ1
葉っぱが大きいですね。
イタチササゲ2
花の色は初めクリーム色ですが、のちに茶色がかってきます。
名前の由来は、この花の色が
イタチの毛の色に似ているということでだそうです。


スズサイコ(鈴柴胡) ガガイモ科カモメヅル属
北海道、本州、四国、九州に分布  花期7~8月
日当たりのよいやや乾いた草地に生える多年草です。
スズサイコ1
名前の由来はつぼみが鈴に似ていて、
全体が漢方薬の柴胡(サイコ=ミシマサイコ:セリ科)に似ているからとのこと。
スズサイコ2
小さなお花でしょ

ちょっと変わり者で、お日様が出ていると花が開いてくれません。
この日は雨が降ったり止んだり。いい具合に開花していてくれました。
お天気がいい日は、早朝や夕方が狙い目です。 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(4) 
花ではありませんが、山で見かけたキノコとか・・・マムシ・・・です。

形が少々基本的なものとは違うようですが、多分、サンコタケだと思います。
11サンコタケ
まだ見ぬカエンタケと勘違いして、ビクビクしました


笹の根元にサンゴのような形のムラサキホウキタケが生えていました。
12ムラサキホウキタケ
指を比べている写真の手前に葉っぱが写り込んでしまって、分かり難くてすみません。
こんな写真でも、大体の大きさが分かられるかな・・・と思いまして。


こちらもサンゴみたいなハナビラタケです。
13ハナビラタケ
突然の雨に、父ちゃんはこの写真を撮った後、慌てて帰ってきました。


このキノコは名前がわかりませんでした。
(ブロ友さんから、ヒトヨタケの仲間とお教えいただきました。ありがとうございます
14今日のキノコ
右下の方に、もっと何倍も生えていたのですが・・・このくらいが可愛いですね。


林道を歩いていると、道脇にニョロさんが・・・


約10カ月ぶりにマムシとの遭遇でした。




15マムシ (1)

こっち見てるし・・・

踏まなくてよかった~ 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(10) 
梅雨明け直前に山野で出会った花たちで~す

カキラン(柿蘭) ラン科カキラン属
北海道、本州、四国、九州に分布  花期6~8月
日当たりのよい湿地、湿り気のある草原などで見かける多年草です。
1カキラン
明るい草原で出会った子達は、もう終わりそうで実を付け始めていました。

こちらは林縁で出会った子。まだ初々しかったです
2カキラン


オカトラノオ(岡虎の尾) サクラソウ科オカトラノオ属
北海道、本州、四国、九州に分布  花期6~7月
山地、丘陵、野原などの日当たりのよい所に生える多年草です。
3オカトラノオ
この子だけ、尾っぽの部分が短くて・・・
どうしたのかな?先の方にはお花が来なかったんだね・・・。
でも、小さくまとまった姿もカワイイよ

この道、綺麗だね車を停めて思わずパチリ
奥からオカトラノオ、1本だけヒメジョオン、ノアザミ、テリハアカショウマです。
4テリハアカショウマ

テリハアカショウマ(照葉赤升麻)  ユキノシタ科 チダケサシ属
九州に分布  花期6~8月
山地の草原や、林縁に生える多年草です。
5テリハアカショウマ

この後急な大雨に遭い、林に入っていて
キノコを撮影していた父ちゃんはずぶ濡れになって出てきました
 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
ハナハタザオの近くに、属は違いますが同じアブラナ科の
ヤマハタザオが生えていましたので、比較してみました。

ヤマハタザオ(山旗竿) アブラナ科ヤマハタザオ属
北海道、本州、四国、九州に分布  花期5~6月
山野の日当たりのよい所や林縁に生える越年草
51ヤマハタザオ1
スリムでひょろひょろ~っとしたお花です。


初めてハナハタザオらしき株を見つけた日に、
ヤマハタザオの撮影もしまして、その時の写真です。
5月2日撮影
52ヤマハタザオと
名前は似ていますが、こうして並べてみると、全く違いますね


毛の様子です。
ハナハタザオの毛は男性のすね毛の様な?湾曲した形で、
ヤマハタザオの毛は叉状毛(さじょうもう:毛先がまたになって分かれたもの)が生えています。
53ヤマハタザオの毛と
毛の違いも特徴的ではありますが、肉眼では難しく
ルーペ等で拡大してみないとなかなか見えません。


葉の様子です。
ハナハタザオの葉は、細長い感じで、
ヤマハタザオの葉は、ハナハタザオよりも幅が広く、
葉の基部は耳状となって、茎を抱いています。
54ヤマハタザオの葉と

蕾の様子です。
ハナハタザオは、がくにも毛が生えていますが、
ヤマハタザオのがくはつるつるです。
55ヤマハタザオの蕾と
撮影の日も、ハナハタザオは7月1日で、
ヤマハタザオは5月2日と、2カ月の違いがあります。


花の形は、アブラナ科に特有な花冠の形で、4枚の花弁が1対ずつ対生して
十字形をしてるので『十字形花冠(じゅうじけいかかん)』というそうです。
57花1
アブラナ科は6本の雄ずい(ゆうずい:おしべ)をもっていますが、
そのうちの4本が他よりも長いものを『4強雄ずい』といい、
内側に長い4本と外側に短い2本があり、
これもアブラナ科の植物に特徴的なものなのだそうです。
56ヤマハタザオ2


ほんの5~6分の間に入れ代わり立ち代わり
ジガバチの仲間(上)と、ハナバチの仲間(左下)と、ヒラタアブの仲間(右下)が訪れていました。
58蜂

ハナバチの背中にランの黄色い花粉塊がついているのを見られても分かりますように、
この場所の周りはまだ自然が残っています。
(ちなみに、この山では、同じ時期に4種類のラン科の植物を見かけました。)

この場所にこれから先も環境の変化が無いようにと、
色々な方のお力をお借りしました。
ぱやんぷ一家だけではとても無理なことで、本当に有り難いことでした。

追記
残念ながら、ここは植林の予定地で変更がきかず、野焼きが中止されるそうです。
地元の方のご協力で除草剤は撒かれずにいますが、
日当たりのよい場所を好むこの花にとって
これからこの場所は住みにくい環境になっていくでしょう。
どうにかして助けてあげられるものなら・・・。
自然の物に人の手を加えることは不自然なのでしょうか?
しかしこの場所の環境が変わることもまた人の手によるものなのに・・・。


もしブログをご覧になられて
この花に、お心当たりがあられれば、
土地の造成や、除草剤を撒かれる等からの脅威から
あなた様の近くの花も守ってあげて欲しいのです。

訪れてくださる方も少ないブログで、弱小な力ではありますが
自分ではアピールできない植物に代わって
伝えることができて、少しでも力になれればいいな・・・と、そう思うのであります。

その他
※根については、掘って調べていませんが、図鑑によると
「根は白色で主根は地中に真直に入り、痩せた側根を出す。」そうです。

※腺毛のあるものを、ネバリハナハタザオと呼び、
本州(神奈川県の小田原)の記録があるそうです。

種ができましたら、そちらの方もアップできればと思います。

以前の記事はこちらからどうぞ
ハナハタザオ その1
ハナハタザオ その2 茎、葉
ハナハタザオ その3 花


参考文献
『新牧野日本植物図鑑』北隆館 2008年
『原色日本植物図鑑 草本編Ⅱ』保育社 1994年
『日本の野生植物 草本Ⅱ 離弁花類』平凡社 1982年
『新訂増補 原色日本野外植物図譜2 夏・高山植物』誠文堂新光社 1983年
『レッドデータプランツ 絶滅危惧植物図鑑』山と渓谷社 2003年
『レッドデータプランツ 日本絶滅危機植物図鑑』宝島社 1994年
『観察する目が変わる植物学入門』ベレ出版 2012年 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(10) 
 
Copyright © 2014 ぱやんぷ一家参上, all rights reserved.
まとめ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。