FC2ブログ
http://payanpu.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

paya

Author:paya
野山に出かけて花を愛でるのが大好きな一家です。

訪問者

カレンダー

05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

2014.06.20/ 17:44(Fri)
ウメガサソウ(梅笠草) ツツジ科ウメガサソウ属
北海道、本州、四国、九州に分布

山地や丘陵地の乾いた林下などに生える常緑の多年草です。

日陰ですが、暗くない乾いた林の脇に生えていました。
ウメガサソウ2
5月24日につぼみを見つけて、そろそろ咲く頃かな?と、
6月8日に花を確かめに行くと、6割ぐらいが開花していました。

直径1cmほどの白い花を、花茎の頂に下向きに咲かせます。
花冠は5裂して、半開のままで開ききりません。
ウメガサソウ3
前回のイチヤクソウと同じで、雄しべは10個で、葯の先端の穴から花粉を出す『孔開葯』です。

葯の先にぽっかり穴が開いてますね~
1枚目の写真の葉の上に見える、白い粉みたいなつぶつぶは花粉です。

中央の黄緑色の鏡餅の様なところが雌しべで、
つやつやとテカッている部分が柱頭です。

ガクとつぼみの様子です。
ウメガサソウ12
花茎には小さい毛が生えているようです。

図鑑によると、花は普通、花茎に1個らしく、稀に2個とのことですが
ここではそう稀でもなかったような・・・
ウメガサソウ11
4本のうち2本が、二股になっています。
下のの写真にも。
ウメガサソウ10
花は終わると上を向いてくるそうで、上を向いている途中っぽい花があります。

高さは5~12cmくらい。この個体で10cmくらいです。
ウメガサソウ1

果実は蒴果(さくか)で、扁平な球形です。径約5mm。
花の時期にも去年の実(中は未確認ですが・・・多分空っぽ?でしょう)が
残っているものもありました。
そういえば、イチヤクソウも結構残っていましたっけね。
ウメガサソウ4

「葉は互生で、2~3枚ずつ接近してつき、輪生状に見える」らしいですが、
そこまで輪生?とは思わなかったです。
輪生っぽく見えられたのは、葉の柄が、茎に沿うようにして出ているからかな。
ウメガサソウ6
主脈に沿って白斑が入っています。
花のない時期はツルマサキやイヌツゲと勘違いしそう

葉身は披針形で長さ2~3.5cm
幅6~10mmの長楕円形で鋸歯があります。

葉の裏側です。テカッてます
ウメガサソウ9
茎は花茎はほぼ丸いですが、部分的に稜がありました。

2つついている花がここにも。
ウメガサソウ7
左側の花茎は一つはつぼみのうちにダメになってしまったもよう。

赤い茎も綺麗ですね

花期 6~7月 多年草

よろしければ、ブロとも、切り撮りLittle Gardenさんの
記事も併せてご覧くださいね
和菓子が食べたい… ウメガサソウ

撮影は(つぼみ5月24日)6月8日~6月14日です。
6月19日にも行ってみましたが、花はほぼ終わっていました。 
スポンサーサイト



Genre: 趣味・実用 Theme: 草花 Category: 6月に会った花
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(6) 
 
Copyright © 2014 ぱやんぷ一家参上, all rights reserved.