FC2ブログ
http://payanpu.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

paya

Author:paya
野山に出かけて花を愛でるのが大好きな一家です。

訪問者

カレンダー

05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

2014.06.16/ 21:53(Mon)
クララ(眩草、苦参) マメ科クララ属
本州、四国、九州に分布  花期6~7月

日当たりのよい高原や山のカヤ原や、牧場、
河原の草むらの中などに生える多年草です。
1クララ

高さは80~150cmぐらいになります。
結構大きい株が点々と生えていて目立ちます。

総状花序(そうじょうかじょ:柄のある花が、花の軸にふさ状につくもの)に
多数の蝶形花(ちょうけいか)をつけます。
2クララ
花穂は25cmほどになるものもあります。

旗弁(きべん)は、先の方がやや上を向き反り返ります。
3クララ
長さ1.5~1.8cmの淡黄色い花です。
淡黄色というか・・・薄~い黄緑色かなぁ。

ほとんどのマメ科のおしべは花糸が合成して筒となっているのに、
クララでは離生で、はっきり10本に分かれているそうで、
一つ中を拝見させてもらいました。
4クララ
もう少し、下の方まで見たかったけれど・・・可哀そうで・・・
え?ここまでやってて言うことじゃない?・・・・・ですよねぇ

ハイジのお友達のような
洋風な名前ですが、れっきとした和名で、

昔は根を煮詰めた汁を、家畜の皮膚につくダニとりに用い、
その汁が苦くてなめると“くらくら”するから。とか、
根を噛むと目が眩むほど苦いから、眩草(くららぐさ)の名がついたとか・・・
とにかく苦いことが、名前の由来らしいです。

そんなもの舐めていいのかなぁ・・・
Wikipediaには「全草有毒であり、根の部分が特に毒性が強い」
って書いてありますのに

漢方薬の「苦参(くじん)」として
乾燥した根は健胃剤や、あせも、たむし治療に用いたそうですが、
素人は手を出さないでおきましょうね

5月26日撮影。 開花前の様子です。
5クララ
とりたてて綺麗な花を咲かせる、というわけではありませんが、
1つ1つの個体の全体的な姿は、美しいと思います。

オオルリシジミの食草です。

クララに止まっていると絵になるのでしょうけれど・・・オオルリシジミです。
0518オオルリシジミ
以前出した写真ですみません。
なかなかお目にかかれないもので、ご参考までに

花の撮影は6月1日~(去年の)6月23日です。

 いつもご訪問いただきありがとうございます。
遊び過ぎて?最近生活が乱れ過ぎで、どうも体がいけません
ぼっちぼちとペースが戻るまで、
すみませんが暫くコメントの方だけは、お休みいたします 
編集[管理者用] Trackback(0) 
2014.06.12/ 23:24(Thu)
6月8日に撮影した、林の中に咲いていた花です。

ベニバナヤマシャクヤク(紅花山芍薬) ボタン科ボタン属
北海道、本州、四国、九州に分布

山地の落葉広葉樹林などに生える多年草です。
ベニバナヤマシャクヤク2

まだ開いていないですねぇ。
もともとあまり開かない(全開しない)花ではありますが・・・。

高さは腰ぐらいの高さで、
花の大きさは、開ききらないので、中指と親指で丸を作った位の大きさです。
ベニバナヤマシャクヤク3

上の2枚の写真の花は、知り合いと。

こちらは誰にも(上の知り合いにも)内緒の、ぱやんぷ一家の大切なオンリーワン
ベニバナヤマシャクヤク1
我が家の可愛子ちゃんは、まだちょっと早かったみたい。

ベニバナヤマシャクヤクは、盗掘者に超~狙われています。

だから、この子に会いに行く時は、毎回ドキドキ

まだちゃんとそこに居てくれてるかな?
花が咲いていて欲しいのに、
あまり目立つと誰かに持って行かれちゃうんじゃないの?って
不安で仕方ないです。

ただ・・・「1本しかない株は、そのうち枯れるよ」と言われました。
1本しかないうえに、
森の木が育って、日が当たらなくなって、いずれは枯れる、と。

ちゃんと管理されなくなってしまった森の木の足元には
ひっそりと、いつか目覚める日を待っている
色々な命があるのにな・・・。 
Genre: 趣味・実用 Theme: 草花 Category: 6月に会った花
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(8) 
2014.06.11/ 23:33(Wed)
昨日のつづきです。


ロクオンソウ(鹿苑草) ガガイモ科カモメヅル属  別名ヒゴビャクゼン(肥後白前)
本州(岩手県、山口県)、(四国?)、九州に分布  花期6~9月
6月6日撮影         
5ロクオンソウ
茎の高さは40~100cmほどになります。

山野の日当たりのよい草地や道端、
湿地周辺や川の土手、沿海地の草原に生育する多年草です。

・・・・結構、場所を選ばず?

でも、環境省レッドリストで絶滅危惧Ⅱ類(VU) の貴重な花です。
のわりに、並んで生えている所にお構いなしに、除草剤がかけられていたりします
5ロクオンソウ2
こちらもこれからが本番の花なので、まだ開花している株はポツポツです。


ミドリヨウラク(緑瓔珞) 
本州(中国地方)、四国、九州(大分、熊本、宮崎)に分布  花期6月
6月8日撮影
9ミドリヨウラク
山地の草原に生える多年草ですが、林内でも同じぐらい見かけました。
まだ開いたところを見たことが無いので
今年は見れたらいいな~


ヤマトキソウ(山朱鷺草) ラン科トキソウ属
北海道、本州、四国、九州に分布  花期6~8月
6月8日撮影
8ヤマトキソウ
丘陵や山地の日当たりのよい草原や湿性の草地に生える多年草です。
花は、これ以上はあまり開きません。


シライトソウ(白糸草) ユリ科シライトソウ属
本州、四国、九州に分布  花期5~6月
6月8日撮影
6シライトソウ
試験管ブラシ、まだ健在です

あちこち撮影しているうちに
いつの間にか夕方近くなっていて、
高原の草原は小雨も降り始め、ちょっと薄暗くなってきていました。

そんな中、シライトソウの白い花がひと際目立ちました。

ここまで来るのが大変・・・一旦来ると帰るのが惜しくなりますが
翌日は月曜。
帰りの道のりも遠いので、後ろ髪引かれながら阿蘇を後にしました。


つづく・・・え~と・・・林の中、その他に、つづきます 
Genre: 趣味・実用 Theme: 草花 Category: 夏の花いろいろ
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(4) 
2014.06.10/ 23:24(Tue)
梅雨に入りましたが、雨さえ降らなければ、休みの日は野山へGo


オカトラノオ(岡虎の尾) サクラソウ科オカトラノオ属
北海道、本州、四国、九州に分布  花期6~7月
6月6日撮影
1オカトラノオ
山地、丘陵、野原などの日当たりのよい所に生える多年草です。
よ~く見かけるトラノオですよね。

花とつぼみがきちんと並んで几帳面なお花さんですね。
2オカトラノオ
まだちょっと早めですが、もうちらほらと咲き始めていました。


コキンバイザサ(小金梅笹) キンバイザサ科
本州(宮城県以南)、四国、九州、沖縄に分布  花期5~7月
6月6日撮影
3コキンバイザサ
低山地の日当たりのよい草原に生える多年草です。
この前(5月30日)の写真とは違う場所です。

ここのコキンちゃんは、
可哀想に・・・踏まれている花があちこちにありました


ネジバナ(捩花) ラン科ネジバナ属
北海道、本州、四国、九州に分布  花期5~8月
6月6日撮影
4ネジバナ
日当たりのよい野原の芝地、山麓の土手、
庭の芝生の中などに生える多年草です。

ねじねじしている様子が可愛い

株により右巻きと左巻きがあります。
別名モジズリ(捩摺)
一番身近なラン科の花かな

明日へつづきます 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(4) 
2014.06.09/ 23:55(Mon)
オニノヤガラ(鬼の矢柄、鬼の矢幹) ラン科オニノヤガラ属

北海道、本州、四国、九州に分布
山地の枯葉などの腐植の多い樹林下に生える

本来は林の中に生えるらしいのですが、なぜかここは草原です。
11オニノヤガラ
全体に赤褐色です。

近寄ってみると、こんな花です。
花を見て、ツチアケビを思い出しました。どちらもラン科ですものね。
12オニノヤガラ
花は、外側の花被片3個と内側の2個の花被片が一つに合成して壺状となります。
つぼみのところがカシューナッツみたい・・・。


下の写真は去年の6月30日撮影です。
去年ここで見つけたときは、こんなふうに花が終っていました。
今年は間に合ってよかった

13オニノヤガラ
茎は直立して50~100cmぐらいになります。

葉緑素を持たない腐生植物で、
きのこのナラタケ菌と共生するといわれ、
この菌糸を通して養分を取り入れるそうです。

14オニノヤガラ

名前の由来は、姿を鬼の持つ矢にたとえて。

地下の塊茎(かいけい)はジャガイモ状で、
この塊茎は漢方薬で天麻(てんま)といい、
長寿と強壮の薬に用いるそうです。

よく似た種類に
「アオテンマ」「シロテンマ」というのがあるらしいですが、
どうして「青鬼の矢柄」「白鬼の矢柄」にしなかったのかしら?
これでオニノヤガラを「赤鬼・・・」にすれば、
覚え易いのにな・・・

花期6~7月 多年草

撮影は6月8日、去年の6月30日です。 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(8) 
2014.06.07/ 23:15(Sat)
小さいお花が集まって咲いているお花たちです。

ハナウド(花独活) セリ科ハナウド属
本州(関東地方以西)、四国、九州に分布  花期5~6月 多年草
5月19日、6月6日に撮影
ハナウド1
山野の林の縁や、川沿いなどちょっと湿り気のある場所で見かけます。

高さが2mにもなるくらい大きくなります。
ハナウド2
姿は大きいけれど、とっても繊細なお花です。
真っ白いレースのようで、綺麗ですね


イブキトラノオ(伊吹虎の尾) タデ科イブキトラノオ属
北海道、本州、四国、九州に分布  花期5~8月 多年草
5月31日撮影
イブキトラノオ1
阿蘇では湿地で見ることが多いので、丘の上に咲く姿はちょっと珍しかったりします。

近づくと、こんな花です。
イブキトラノオ2

こちらは湿地にて。
イブキトラノオ (2)
地味な花も、これだけ咲くと見事でしょ


カノコソウ(鹿の子草) オミナエシ科カノコソウ属
北海道、本州、四国、九州に分布  花期4~7月 多年草
5月31日、6月6日に撮影
1カノコソウ1
やや湿った明るい林の下や、草むらなどに咲いています。

2カノコソウ4
梅雨入りしたので野草観賞の散策が、これから暫くはどうなることやら。
とりあえず、明日は天気予報では熊本は曇りみたいです 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(7) 
2014.06.06/ 23:26(Fri)
今日は山野へ出かけてきたのですが、
ノアザミの写真を撮っていると赤い虫が・・・

てんとう虫?

くも

はい、クモだったんです。

ちょっとアップにしますが・・・クモは大丈夫ですか?

こんなクモです。

くも2

もしや、セアカゴケ・・・・・

たしか、発見したら捕獲して・・・?ん?どうだったっけ?
入れ物が無い
父ちゃんがタバコの箱の外側のフィルムを外して捕獲。

これどうしよう?
念のため、セアカゴケグモの画像を検索してみようか?

あら?色の配置が逆みたい・・・。

結果、似ているけれど違ったようで、家に帰ってから調べ直すと
『フノジグモ』とのことでした。

その場でちゃんと逃がしてきましたよ~

でも、どうするか考えている途中、
生きていたら危ないんじゃ?という話しも出て、
危うく勘違いで殺してしまうところでした。
危なかったわ~ 
Category: 昆虫
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(6) 
2014.06.05/ 23:00(Thu)
シライトソウ(白糸草) ユリ科シライトソウ属

本州、四国、九州に分布
山地の林内、木陰に生える

阿蘇では草原でよく見かけます。
1シライトソウ

草原といっても、ガンガン日が当たる南側というよりは、
北向の斜面が多いです。
2シライトソウ

林の中にも咲いていますが、点々・・・というぐらい。
2シライトソウ6

花は下から咲き上がっていきます。
3シライトソウ

長さ5~20cmの
穂状花序(すいじょうかじょ:
 長い主軸に花柄のない花を多数穂状につけるもの)に
両性花と雄花を多数つける

アップですが、写真がいま一つですみません
4シライトソウ
この、一つ一つが花です。・・・・・って、どれ?・・・ですよねぇ

白い(全体的に白ですが…)線状の特に長いのが
花被片(「花びら」と思っていただくと分かり易いです)で
丸い緑の子房の上方に4つずつついています。
長いといっても、1本の長さが1cmほどで、幅1mmほどです。

花被片は下方にも2本ありまして、そちらは
退化して小さくなり、ときに消失するそうで、
超小さいってことになりますので写ってないかもです。

雄しべ6個、雌しべはごく短く、子房は丸く、
花柱は深く3裂する。
雄しべがまたちょっと分かり難い(なにせ全部白)けれど、
花柱が3裂しているのは、辛うじて分かられるかも?・・・と。


葉は披針形(平たくて細長く、先のほうがとがり、基部のほうがやや広い形)
または線形で、花茎につく葉は互生です。
5シライトソウ
根生葉は、革質(革のように硬い性質)でロゼット状に集まり、
長楕円形または倒披針形(披針形を逆さにした形)で鈍頭。
長さ3~14cmです。

果実は長楕円形のさく果(いくつかの部屋に分かれて種が入っている形の実)です。
6シライトソウ
実は、小さな虫が沢山ついているように見えました。
6月22日撮影


名前の由来は、細くて白い花の様子からです。
7シライトソウ

属名Chionographis(キオノグラピス)はギリシャ語で
chionは雪
grapheは筆を意味しているので「雪の筆」ですね。
こちらの方が綺麗な名前だけど・・・
クリンユキフデという花もあるし・・・紛らわしいっか

花を見つけたら、近づいて
鼻孔を大きく膨らませて、思いっきり深呼吸してくださいね。
それはそれは芳(かぐわ)しい香りがいたします

花期5~6月 多年草

撮影は5月26日~(去年の)6月8日です。 
Genre: 趣味・実用 Theme: 草花 Category: 5月に会った花
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(4) 
2014.06.04/ 23:13(Wed)
オウギカズラ(扇葛) シソ科キランソウ属

本州、四国、九州に分布
山地の木陰に生える

雨の時だけ流れる、枯れ沢の縁や、渓谷などで、たま~に見かけます。
1オウギカズラ
花は上部の葉の付け根に
高さ10cm前後の花茎を立て、
その上部にややまばらに2cmほどの薄紫色の花をつけます。

ここにはピンクも沢山咲いていました。
2オウギカズラ

つぼみです。縮毛がまばらに生えています。花の部分は特に多めみたいですね。
3オウギカズラ

4オウギカズラ
学名のAjuga japonica Miq.の
アユガ(アジュガ)は「対にならない」という意味で、
花冠の上唇と下唇の大きさが対応した大きさではないことを表しているそうです。
(ヤポニカは「日本の」)

葉は対生で、2~5cmの柄があり
葉身は、長さ2~5cm、幅1.5~3.5cm
5オウギカズラ

花が終わると基部の節から、
地面をはう長い走出枝(そうしゅつし:ランナー)を出します。

こんなに群生していました。
6オウギカズラ
こうして見ると、日が沢山当たる所にはあまり生えていないみたいです。

名前の由来は、扇の形をした葉や、
地に伏している様子などによるそうです。
7オウギカズラ

この日はたまたま花が盛りで一番綺麗な時のようでしたが、
悲しいかな、カメラを忘れて出かけてきていました
1枚目だけ、去年の撮影で、他は全部娘のスマホでです。

しかし、意外と撮れててビックリでした。
カメラとあまり変わらない・・・

花期は4~5月 多年草

撮影は5月25日(4月27日)です。 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(4) 
2014.06.03/ 18:21(Tue)
サイハイラン(采配蘭)  ラン科サイハイラン属

北海道、本州、四国、九州に分布
山地の林の湿った半日陰を好むようです。
1サイハイラン

葉は大きくて、普通1枚つけます。(2枚あるように見えますが、1枚は別の株です)
2サイハイラン
基部は細い柄があり、3本の主脈が・・・写真では薄~く見えます・・・よね?

葉は冬の間も残り、花の前に枯れることが多いそうです。
ってことは・・・春に入れ替わりですね。
3サイハイラン
去年の10月27日に撮影です。青々しています。

こちらは今年の5月11日に見たつぼみです。
4サイハイラン

花は10~20個をやや密につけ、
一方に片寄って下を向きます。
5サイハイラン
名前の由来は、この咲いている姿が、
戦国の武将が使っていた「采配(さいはい)」に似ているからとのことです。

花はあまり開きません。半開きです。
「唇弁(しんべん)は肥厚し、先の方で3裂し、
 側裂片は紅紫色を帯びる。
 中裂片は楕円形で大きい。」
えっと・・・・・難しいことは分かりませんが、見てのとおりの花です。
6サイハイラン
「花は淡紫褐色(たんしかっしょく)だが、変異が多い」そうですが、
私は残念ながら、この色しか見たことがありません。

ひっそりと林の中に咲く姿は、さすがランだなと思わせる品のよさです。
7サイハイラン

サイハイランは熊本では山ての
車道のアスファルト脇でも見かけるくらい、結構生えています。

いますが・・・
(以下、ウィキペディアより抜粋して引用)
長期栽培や移植が難しい植物として知られる。
採集・移植直後は発育し、開花もする。
しかし、多くの場合は数年で衰弱枯死する。
園芸店などで販売品が見られるが、
すべて野生採集個体であり、
消費的に栽培されていると推定される。

絶滅危惧種に指定 されている県もあるようです。
熊本では今のところ結構見かけますが、
それも開発で環境が変わったり、
乱獲されればいつまで普通に見られるのかな?という不安もあります。
沢山あるからと、持ち帰ってはいけませんです。
買ってもいけません。
育ちませんよ

花期は5~6月 多年草

撮影は5月12日~6月1日(開花しているもののみ)です。 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(6) 
 
Copyright © 2014 ぱやんぷ一家参上, all rights reserved.