http://payanpu.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

paya

Author:paya
野山に出かけて花を愛でるのが大好きな一家です。

訪問者

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
2017.01.23/ 23:03(Mon)
未だに去年を引きずっているというのに、
色々とあって、ブログの更新にまでなかなか手が回らずの毎日です

間が空きましたが、前回の続きです。


キッコウハグマ(亀甲白熊)  キク科モミジハグマ属
北海道、本州、四国、九州に分布  花期 9~10月
山地の林内に生える多年草です
キッコウハグマ2
小さくて可愛いお花です。 閉鎖花が多いです。


シマカンギク(島寒菊)  (別名アブラギク)   キク科キク属
本州(近畿地方以西)、四国、九州に分布  花期 10~12月
日当たりのよい山麓に生える多年草です
シマカンギクジンジソウ1-2
とても良い香りがします。


ジンジソウ(人字草)  ユキノシタ科ユキノシタ属
本州(関東以西)、四国、九州に分布  花期 9~11月
山地の湿り気の多い岩壁や斜面などに生える多年草です
シマカンギクジンジソウ2-1
下の花弁の形が「人」の字に似ていることが名前の由来です。


スイラン(水蘭)  キク科スイラン属
本州(中部地方以西)、四国、九州に分布  花期 9~10月
水辺または湿地に生える多年草です
スイラン28-22-18-15
水蘭といってもラン科のお花では無く、キク科のお花です。
結構背が高くて、1m位までになります。

水が多い所に生えて、葉が細いのでこの名がついたそうです。
似たものにマンシュウスイラン(チョウセンスイラン)があり、九州の高原の湿地に生えます。 
スポンサーサイト
編集[管理者用] Trackback(0) 
2017.01.18/ 21:52(Wed)
11月に会ったお花です


佐賀県で会ったキクなのですが、ブゼンノギクだと思っていたら
図鑑には
「ブゼンノギクは大分県の産で、佐賀県や熊本県からの報告は誤認である」と載っていました。

佐賀県で会ったお花です
黒髪山16
岩の上に生えていました。 ヤマジノギクに似ていますが、葉が細いです。

次は、大分県で会ったお花です

ブゼンノギク(豊前野菊)  キク科ハマベノギク属
九州(大分県)に分布  花期 10月   岩上にまれに生える越年草です
ブゼンノギク 耶馬溪25
ほぼ終わっていたのではっきりと葉が写っていませんが・・・

ブゼンノギクの特徴は「茎や葉に毛は全く無く、葉は線形」とのこと

左は大分県のブゼンノギクで、毛がありません。   右は佐賀県の?キクです。
ブゼンノギク18黒髪山7

日頃からキク科って難し過ぎるって思っていますが、やっぱり毛があるか無いかって違いだけで
名前も変わってくるんですかね・・・。
それとも、それが大切なのよ、ってことなのかな。 素人には難しいなぁ・・・

参考文献
『日本の野性植物 草本Ⅲ 合弁花類』平凡社 2000年


リンドウ(竜胆) リンドウ科リンドウ属
本州、四国、九州に分布  花期 9~11月
山野に生える多年草です
リンドウ12
花付きが良くて、とてもゴージャスな株でした 
編集[管理者用] Trackback(0) 
2017.01.13/ 13:17(Fri)
昨年の11月に会ったお花です。

イヌセンブリ(犬千振)  リンドウ科センブリ属
本州、四国、九州に分布  花期 10~11月
山野の明るい湿地や田んぼのあぜなどに生える1~2年草(または越年草?)です
1イヌセンブリ177
葉は対生し、センブリより幅広く、長楕円状倒披針形長さ2~5cm、幅3~12mm 全縁で、先端は鈍頭
2イヌセンブリ156-155
茎はしばしば基部から分枝し高さ5~30cmぐらいになる
3イヌセンブリ95-25
花は狭い円錐状につき、花冠は径16~20mm、5深裂し、白色で淡紫色のすじがある
4イヌセンブリ41-144-178
花冠は基本的には5深裂ですが、6深裂のものもありました
7イヌセンブリ84-205
花冠の基部には2個の蜜腺溝があり、その周りに長い毛があります
5イヌセンブリ63-64-62
萼裂片は緑色、披針形で、先は尖ります

8イヌセンブリ105
花はセンブリに色も大きさも似ますが、イヌセンブリは蜜腺の毛が長くて蜜腺がよく見えません
センブリの毛はこんな感じです
センブリ23-22
顕微鏡で見ると、センブリの毛が平滑なのに対し、イヌセンブリの毛には小さな突起が多いそうです

8イヌセンブリ33
11月6日撮影
和名は、全草にほとんど苦味が無く、薬用にならないことからとのことです


参考文献
『日本の野性植物 草本Ⅲ 合弁花類』平凡社 2000年
『レッドデータプランツ 日本絶滅危機植物図鑑』宝島社 1994年
『里山・山地の身近な山野草』主婦の友社 2010年
『九州の野の花』西日本新聞社 1997年  『野草図鑑 8』保育社 1985年 
編集[管理者用] Trackback(0) 
2015.11.14/ 21:36(Sat)
ヤッコソウは熊本ではなかなかお会いできないので、
足を延ばしてお隣の鹿児島県まで行ってまいりました。

ヤッコソウ(奴草) ヤッコソウ科ヤッコソウ属
四国、九州、沖縄に分布  花期 11月
シイ属のスダジイやツブラジイの根に寄生する一年生の寄生植物です
1ヤッコソウ 59

沢山生えていて羨まし~
2ヤッコソウ77
奴さんの集会です。

高さは4~7cm。図鑑で観てイメージしていたよりももっと小さかったです。
3ヤッコソウ103-85
万歳しているみたいで可愛いです。

根っこに寄生している様子です。
4ヤッコソウ 59

ヤッコソウには、オスの時期と、メスの時期があって
順番は先にオス。オスの時期が終わるとメスになります。
ヤッコソウ120
パッと見は似ていますが、雄性期には帽子を被っています。

雄しべが全部合着し、先がやや尖った形の帽子の様になっていて、
帽子が外れると、中にあった雌しべが顔を出します。

帽子が外れかかったのがあったので外してみました。
6ヤッコソウ116-119
まるで脱皮したようにあちこちに奴さんの帽子が転がっていました

奴さんの大行列です。
7ヤッコソウ115
時期が少々遅かったので、ほぼ雌性期の、しかもあまり初々しくない奴さん達でした。

蜜を吸いに虫も訪れますが、メジロが訪れ受粉を手伝う鳥媒花でもあるそうです。 
編集[管理者用] Trackback(0) 
2013.11.21/ 23:37(Thu)
益城(ましき)町は、熊本市の東区に隣接する町です。
田園が広がりますが、東の方に行くと低山ですが、
結構山があって自然がいっぱいなので散策してきました。

イズセンリョウ ヤブコウジ科 本州(房総半島以西)~沖縄に分布
葉が虫に食われてボロボロでした。
3イズセンリョウ
照葉樹林の林床に生えます。
センリョウの名がつきますが、
赤い実が生る『センリョウ(センリョウ科)』とは科が違います。

(写真の追加です)
春にはこんな可愛い花を咲かせていました。
実の色と似ていますね。 3月31日撮影
2イズセンリョウ 花


タンキリマメ マメ科 本州(関東地方以西)~沖縄に分布
4タンキリマメ
赤いさやに黒い豆のコントラストがとても綺麗です。
葉を触るとふわっと気持ちいいくらいの毛が生えていました。

よく似たものに『トキリマメ』というのがありますが、
熊本ではまだ見たことがありません。

以前、東広島でたまたま見たのですが、
パッと見は区別がつかないくらいそっくりです。

タンキリマメとトキリマメの違いは
葉の先が急に
細くなっていない(タンキリマメ)か、
細くなっている(トキリマメ)かと、

葉の幅の一番広い部分が
中央より上(タンキリマメ)か
中央より下(トキリマメ)か、
で、判断します。
タンキリマメとトキリマメの葉1
そのうち熊本でもトキリマメを見つけて、
押し葉でない葉で比較写真を出したいものです。

追記
並べて比較はできませんでしたが、
押し葉でないトキリマメの写真をアップしております→隣の県へ



ツチトリモチ ツチトリモチ科 本州(三重、和歌山)、四国、九州、沖縄に分布 
7ツチトリモチ
ハイノキ、クロキ、シロバイなどハイノキ属の根に寄生する多年草。
見た目はきのこの様ですよね。
摘まんでみるとかなり硬いです。

山道を歩いていると、葉の裏に明らかに何かいる

色が色だけに、イヤでも目を引きます。

ひっくり返して・・・・・・ギャ~
どう見ても、カメムシ。「カメムシ 赤」で検索するとあっさりヒットです。
ベニツチカメムシ
5ベニツチカメムシ
しかも、他の赤い虫の写真にも見覚えが・・・・
確か今年、ずっと以前に赤い集団を見たような気が・・・
やっぱり撮影してました。
6月30日に、こちらも益城の山で撮影していました。
6ベニツチカメムシ 幼虫
なんと、上の写真のベニツチカメムシの幼虫だそうです。
なるほど~・・・・とか、見比べるのも結構辛かったりして


キクバエビヅル ブドウ科 北海道(西南部)、本州、四国、九州、沖縄に分布
9キクバエビヅル
エビヅルの葉の切れ込みが深いものだそうです。

食べられないノブドウならよく見かけますし、
もっと実付きの悪いブドウっぽい物なら見たことはあったのですが、
こんなにちゃんとブドウらしいのを見るのは初めてでした。

その場では何か判らないまま、
恐る恐る1つ食べてみました。

果物として売ってあるブドウの様な果肉じゃなくて、
ほぼ汁の液果でした。

味は、ちょっと渋くて、酸っぱいけど、まずくはない・・・
後でまた1粒食べたくなるような爽やかさがありました 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(6) 
 
Copyright © 2017 ぱやんぷ一家参上, all rights reserved.
まとめ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。