http://payanpu.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

paya

Author:paya
野山に出かけて花を愛でるのが大好きな一家です。

訪問者

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
2016.03.03/ 17:44(Thu)
念珠岳の下山後、大矢野岳に登ろうと思って行ったのですが、
途中で道が無くなりギブアップ。

時間が余ったので、周辺を散策していて会ったお花などです。(1月15日撮影)


シマカンギク(島寒菊)  (別名アブラギク)  キク科キク属
本州(近畿地方以西)、四国、九州に分布  花期 10~12月
日当たりのよい山麓に生える多年草です
1シマカンギク大矢野岳61


ユウゲショウ(夕化粧)  (別名アカバナユウゲショウ)  アカバナ科マツヨイグサ属
南アメリカ原産の帰化植物  
花期 5~9月   多年草
2アカバナユウゲショウ大矢野岳111-114


ヤブチョロギ  シソ科
ヨーロッパ原産の帰化植物で2年草  花期 3~5月
3ヤブチョロギ大矢野岳81-77


ツルナ(蔓菜) ツルナ科ツルナ属
日本全土に分布  花期 4~11月
海岸の砂地に生える多年草です    花弁は無く、萼の内側が黄色い色をしています。
4ツルナ大矢野岳126-127


ツルソバ(蔓蕎麦) タデ科
本州(伊豆半島以西)、四国、九州、沖縄に分布  花期 5~11月
海岸近くに生える多年草です
5ツルソバ大矢野岳73


ハスノハカズラ(蓮の葉葛) ツヅラフジ科ハスノハカズラ属
本州(東海地方以西)、四国、九州、沖縄に分布  花期 7~9月
海辺に近い山地、道端、林縁などに生える、多年生のつる性植物(つる性の木)です
6ハスノハカズラ大矢野岳59-60
珍しくないらしいけど、実物を見るのは初めてなので・・・次は花にも会いたいな


アコウ クワ科  
紀伊半島以南の海岸に分布する常緑高木  花期 5月
小さい実が付いていました。 形はイヌビワやイチジクに似ています。
7アコウ大矢野岳96-94


タンキリマメ(痰切豆) マメ科タンキリマメ属
本州(千葉以西)、四国、九州、沖縄に分布  花期 7~9月
山野の草原や林縁などに生える、つる性の多年草です
8タンキリマメ大矢野岳69
よく似たものにトキリマメがあります。
葉の形が微妙に違います。 載せている記事はこちらから→益城の奥の方


フウトウカズラ(風藤葛) コショウ科コショウ属
本州(関東地方以西)、四国、九州、沖縄に分布  花期 5~6月
海岸に近い林内に生える常緑つる性の木です
9フウトウカズラ大矢野岳47-27
コショウの仲間ですが、香辛料にはならないそうです。 
スポンサーサイト
編集[管理者用] Trackback(0) 
2014.01.18/ 23:59(Sat)
天草では、他にもこんな花が咲いていました。

林の中にぽつぽつと咲いていました。
こんな時期なのに、多分・・・
アキノタムラソウ シソ科
本州、四国、九州、沖縄に分布 花期7~11月
1アキノタムラソウ

海岸べたの野生化した水仙の足元に咲いていたシマカンギクです。
キク科 本州(近畿地方以西)、四国、九州に分布 花期10~12月
2シマカンギク

小さくて肉厚の可愛い葉が紅葉していました。
タイトゴメ ベンケイソウ科 本州、四国、九州に分布 花期5~7月 
3タイトゴメ

道路わきにこんな花も咲いていてビックリ
タカサゴユリ・・・かしら?
ユリ科 台湾産の帰化植物 花期 夏
4タカサゴユリ2

ツルソバ タデ科
本州(伊豆半島以西)、四国、九州、沖縄に分布
花期5~11月 と、なっていますが…天草では冬場あちこちで結構見れます。
5ツルソバ

テリハノイバラ バラ科
本州、四国、九州に分布 花期6~7月
6テリハノイバラ

他のは枯れてしまっていましたが、一株だけ綺麗な株が残っていました。
ハマサジ イソマツ科
本州(宮城県以南)、四国、九州に分布 花期8~11月
7ハマサジ

ハマナデシコ ナデシコ科 別名フジナデシコ
本州、四国、九州、沖縄に分布 花期6~11月
8ハマナデシコ

図鑑とちょっとずれてる?けれど、
花が長く観れて、天草はいいなぁ 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(4) 
2014.01.07/ 23:36(Tue)
12月末からこっちで見た植物です。

花が無いから名前がさっぱり分からないのですが

何か、ラン科だろうなぁ・・・ぐらいしか見当が付きません。
ラン2
こちらは違う場所ですが、
なんだか同じっぽいような、葉のふちが違うような・・・。
ラン

これもラン科・・・多分、サイハイランではないかと。
北海道、本州、四国、九州に分布  花期 5~6月
ラン3

こちらもラン科・・・多分、カヤランではないかと・・・。
本州(東北地方以南)~九州に分布  花期 春~初夏
ラン4

花がある!と思ったら果実が割れたあとでした。
モロコシソウ サクラソウ科 本州(関東南部以西)、四国、九州に分布
7~8月に黄色い花が咲くそうですが、まだ見たことはありません。
モロコシソウ

こちらも花が終っていますが、
トラノオスズカケ ゴマノハグサ科 
四国、九州に分布  花期 8~9月
トラノオスズカケ

撮影したほとんどの株に、もう会えないだろうなぁ・・・
なんせ、たまたま足を踏み入れた場所とか、
迷った先でとか、二度と行かない場所だから・・・。

元気に花の時期に、人知れず咲いてくれるのを願っています 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(4) 
2013.12.26/ 16:55(Thu)
タンキリマメ マメ科 本州(関東地方以西)~沖縄に分布
もう、さやの色がずいぶんと色あせていました。
11タンキリマメ

シロノセンダングサ キク科 帰化植物
12シロノセンダングサ
色々読んでみると
舌状花の大きさがシロノセンダングサは5~7mm。
オオバナノセンダングサは15mm内外とか・・・
ちゃんと測ってきていないので困ったなぁ・・・と思っていたら、
『とくに区別しない場合は「シロノセンダングサ」で』と
ネットに書いてあったので、ここはシロノセンダングサということで

コセンダングサ キク科 帰化植物
13コセンダングサ
頭花が黄色く、舌状花が無いことでアメリカセンダングサに似ますが、
アメリカセンダングサは総苞片が大きいので、区別できます。
(まれに、小さい白い舌状花が少しあることもあるそうです)

シマカンギク キク科 別名アブラギク
本州(近畿地方以西)、四国、九州に分布
シマカンギクの綺麗なものもだいぶ減ってきたかな・・・。
14シマカンギク

ネズミモチ モクセイ科 常緑小高木 高さ2~8m
本州(中部地方以西)、四国、九州、沖縄に分布 
15ネズミモチ
名前の由来は、果実がネズミのふんに似ることからです。

タチバナモドキ バラ科 常緑低木 高さ2~4m
中国南部原産で明治時代に渡来
16タチバナモドキ
トキワサンザシに似ていますが、こちらは実がオレンジ色です。
鳥が種を落としてここに生えたのかな?
「名前の由来は、葉がタチバナに似るから、
また実をカラタチバナに模したともいわれるため」とのことです。

フデリンドウ リンドウ科 北海道~九州に分布
17フデリンドウ
山道をゼイゼイしながら登っていると、枯葉の隙間からコンニチワ
ガンバレ!ガンバレ!って言われてるみたいで元気が出ました。
これからもっと寒くなるから、
フデリンドウさんも、他の花も受験生もみんな負けずにガンバレ

参考文献
『野山の樹木観察図鑑』成美堂出版 1998年、『街の樹木観察図鑑』成美堂出版 1999年
『身近な野草・雑草』主婦の友社 2011年、『原色日本帰化植物図鑑』保育社 1976年 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(4) 
2013.12.09/ 22:36(Mon)
昨日はいい天気だったので、
また益城の山の方に行ったのですが、
滅多に人が来ない所なのに
車が2台も停まってる・・・・・。

なんかヤバくない?

散策しようと暫く歩いたものの、
やっぱりそうでした。
パーンパーン
(母ちゃん的には「ドシュルル~!」って感じです。)
間近での銃声に、思わず「キャ~!

これまで山歩きの際、銃声を聞くのはしょっちゅうでしたが、
こんなに近かったことは未だかつてなかったです。
ホント怖かった~

すぐに引き返して、事なきを得ましたが
ああいう時ってどうすれば身の安全がはかれるのでしょうか・・・。

ってことで、ここ最近見た植物です。

ジャノヒゲ ユリ科 北海道、本州、四国、九州に分布
瑠璃色のつやつやな実が宝石みたい
51ジャノヒゲ

サラシナショウマ キンポウゲ科 北海道、本州、四国、九州に分布
袋果の種子はもう無くなっていて、外側だけになっていました。
52サラシナショウマ

ボタンヅル キンポウゲ科 本州、四国、九州に分布
モールみたいな長い毛がキラキラ クリスマスの飾りみたいでしょ
53センニンソウ実

フユイチゴ バラ科 本州(関東以西)、四国、九州に分布
こんなにあるけど、鳥さんは食べないのかな?
ほぼ酸っぱいけど、たまに「おっ」と驚くくらい甘いのがあってラッキー
54フユイチゴ (4)

マツカゼソウ ミカン科 本州(宮城県以南)、四国、九州に分布
ほぼ実になっていましたが、まだ綺麗な花を咲かせているものもありました。
はかなげなのに、結構強いんですね。
55マツカゼソウ

ハナミョウガ ショウガ科 本州(関東地方以西)、四国、九州に分布
図鑑によると『実は割ると香りが強い』
・・・しまったぁまた、嗅ぎそこなったです。
56ハナミョウガ

シダは難しいので、手を出すまいと思っていたのですが、
綺麗な葉をみるとついつい気になります。
名前に自信がないので、間違っているかも知れませんが、
その際は、ぜひご教授お願いします。

ナガバヤブソテツ オシダ科 
57ナガバヤブソテツ?
メヤブソテツ オシダ科
58?ヤブソテツ
ヤマヤブソテツ オシダ科
ヤマヤブソテツ?
散策は楽しいですが、命あっての物種です。
猟場には気を付けましょう 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(6) 
 
Copyright © 2017 ぱやんぷ一家参上, all rights reserved.
まとめ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。