http://payanpu.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

paya

Author:paya
野山に出かけて花を愛でるのが大好きな一家です。

訪問者

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
2016.03.18/ 14:57(Fri)
遠征して会ってきたお花です。

ミスミソウ(三角草) キンポウゲ科ミスミソウ属
本州(中部以西)、九州に分布  花期 2~4月
山地の木陰(主に落葉広葉樹林内)に生える多年草です
1ミスミソウ25
蕾は下を向き、開くと上を向くのだそう。

根生葉は長い柄があり、葉身はやや三角形で、基部は心形
三つに裂け、先がとがる葉の形から「三つの角」→「ミスミソウ」の名前になったそうです。
2ミスミソウ20
葉は、常緑で枯れずに冬を越します。

総苞葉は柄が無く、3枚。 卵形で輪生。 
3ミスミソウ25-56

雄しべと雌しべは多数。   花弁は無く、花弁の様に見えるのは萼片で、6~10枚あります。
4ミスミソウ63
太平洋側はほとんど白花だそうで、白い花にしか会えませんでしたが、
花色は他にも淡紅色、紅紫色など変化が多いそうです。

花柄は長さ5~10cmで、長い開出毛(立った毛)が生えています。
ミスミソウ4-9
この個体は小さくて5cmもありませんでしたが・・・

花の大きさは直径1~1.5cmほど
6ミスミソウ99

とっても可愛いお花でした。 遠くまで行った甲斐がありました


ちなみに・・・

本州の日本海側(秋田県~福井県)にはオオミスミソウと呼ばれ
葉が大型(葉身5~10cm ※ミスミソウの葉身は3~6.5cm)で、先は鈍頭の物が多い。
(花の直径(1.5~2cm ※ミスミソウは1~1.5cm))


本州(山形県、宮城県以南)、四国にはスハマソウと呼ばれ、
葉の先がとがらず、鈍頭、やや丸い。 (総苞葉も円頭)
しかし、中間の形が多く区別できないことも多い。


本州(近畿地方以西)、四国には、葉の先が円頭、両面に毛があり、
染色体に違いがあるケスハマソウというのもある。

だそうです


参考文献
『原色日本植物図鑑・草本編Ⅱ』保育社 平成10年
『里山・山地の身近な山野草』主婦の友社 2010年
『レッドデータプランツ』山と渓谷社 2003年
『野草検索図鑑』学習研究社 1985年
『日本の野草』小学館 1991年
『九州の野の花』西日本新聞社 1997年 
スポンサーサイト
編集[管理者用] Trackback(0) 
2016.03.13/ 23:16(Sun)
昨日、会ってきたお花です。

九州に生える物は栽培品の逸出だそうで、
残念ながら元々自生している花ではないそうです。

セリバオウレン(芹葉黄連) キンポウゲ科オウレン属
本州、四国に分布  花期 3~4月
山地の林内に生える多年草です
1セリバオウレン1

               花の大きさは1cmほど
2セリバオウレン13

葉は、2回3出複葉。 (オウレンは1回3出複葉、コセリバオウレンは3回3出複葉)
3セリバオウレン21

萼片は5~7個  花弁はへら形で小さく、10個前後 
4セリバオウレン7

雄花、雌花、両性花とあるようですが、雌花には会えませんでした。

両性花
5セリバオウレン47

雄花
6セリバオウレン12
寒くて氷がついています

花茎の高さは10cm程
7セリバオウレン52

初見のお花でした。

もう少し小さいイメージで会いに行ったのですが、思ったよりは大きかったです。

寒い中、凍りながらも懸命に咲いている姿が、けなげで凛々しくもありました。 
編集[管理者用] Trackback(0) 
2015.04.01/ 16:58(Wed)
アズマイチゲ(東一華) キンポウゲ科イチリンソウ属
北海道、本州、四国、九州に分布 花期3~5月
山地や山麓に生える多年草です

透けるように白くて奇麗
1アズマイチゲ13

花弁に見える部分は萼片です。
2アズマイチゲ21

今年のお花には火山灰が少しついています。
3アズマイチゲ11

お花は日が当たらないと開きません。
4アズマイチゲ5
でも、日が当たったからってパッとすぐには開きませんよ

野草の中でも別嬪さんの部類ですね。
5アズマイチゲ54-

撮影は3月末です。

もう少し詳しくはこちらからどうぞ→アズマイチゲ 
編集[管理者用] Trackback(0) 
2015.03.21/ 23:01(Sat)
昨日はフクジュソウを愛でに行ってまいりました。

去年はミチノクフクジュソウかどうかでとっても頭を悩ませましたが、
今回は深く考えないでフクジュソウそのものの美しさを楽しむことにしました。
フクジュソウ看板

1フクジュソウ179

2フクジュソウ182

3フクジュソウ73

4フクジュソウ172

5フクジュソウ197

6フクジュソウ34
開花のピークのようでした。 今週過ぎたらもう終わりかな・・・。
7フクジュソウ226

8フクジュソウ233

登山ガイドの本には
「以前は登山口にも沢山あったが、近年ひとつも見ない」と書いてありました。
嘆かわしいことですね 
編集[管理者用] Trackback(0) 
2014.04.07/ 20:43(Mon)
世の中、桜の話題ばかりで
フクジュソウはもうちょっと
古い話題になってしまったかも知れませんが・・・。

忙しくて、写真が溜まってきて
先延ばししているうちになんだか
今さらですが、お蔵入りも可愛そうなので

3月21日にフクジュソウでアップしていたのですが、
今日の写真の分は、
全部ミチノクフクジュソウとお墨付きをもらって撮影してきました。


左が、今回撮影のミチノクフクジュソウで、
右が、前回撮影した、?フクジュソウです。
フクジュソウ2つ

ミチノクフクジュソウの
ガク片は、花弁の半分~3分の2位らしいので
左の写真は、そのくらいの長さですよね。
日当たりのいい、草地に生えていました。

右は、ガク片が花弁くらいの長さがあって、
石灰岩の山の林の中に生えていました。
ちぎれた茎を見たら、中実に見えたのですけれど・・・。

ちなみに、右のフクジュソウの近所の山のは
咲いている場所の条件、時期が同じで
ミチノクフクジュソウと看板に書いてありました。

もう、さっぱりわからなくて、あたま痛いのです。

まぁ・・・考えても判らないものは判らないですもんね。
素人には難し過ぎるので
花として、純粋に美しさをたのしみましょうか
ミチノクフクジュソウです。
3ミチノクフクジュソウ2

花弁の外側には、茶色がかった色がついていました。
2ミチノクフクジュソウ10

2ミチノクフクジュソウ8

まぶしいくらいの黄色ですね~
4ミチノクフクジュソウ5

5ミチノクフクジュソウ7

撮影は10日ほど前の、3月28日でした。

蕾が沢山ありましたので、まだ暫くは見れると思います 
Genre: 趣味・実用 Theme: 草花 Category: 3月に会った花
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(6) 
 
Copyright © 2017 ぱやんぷ一家参上, all rights reserved.
まとめ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。