http://payanpu.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

paya

Author:paya
野山に出かけて花を愛でるのが大好きな一家です。

訪問者

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
2015.05.04/ 23:59(Mon)
雨で山登りを諦めた日に、あちこちしていて会ったお花です。

図鑑では見たことあったけど、写真とかなり印象が違うので悩みましたが・・・
図鑑の写真の方がちょっと特殊な形にしてあったので
ネットで他の方の写真を拝見して、
多分、キリシマテンナンショウではないかと思います。

間違っていましたら、どうかご教示をお願いいたします

キリシマテンナンショウ(霧島天南星) サトイモ科テンナンショウ属
九州(大分県以外)に分布  花期 4~6月
山地の林内に生える多年草です
1キリシマテンナンショウ15
葉より花の方が下にあります。
仏炎苞の色は濃紫色が主で、緑色の方が珍しいらしいです。

舷部は筒部に蓋をするように垂れ下がっています。

草丈は30cm前後です
2キリシマテンナンショウ3
別名ヒメテンナンショウ
全体的な高さは他のテンナンショウと比べて低いですが、
仏炎苞や葉が極めて小さいというわけでもないので
別名の“姫”からくる小さなイメージとは少々違いました。
もっと小さくまとまっているテンナンショウ属を見かけたので・・・。

葉は5~7枚の小葉からなる鳥足状複葉が、普通1枚つき、
葉の縁は全縁か鋸歯が(縁にギザギザがあるものも無いものも)ある。
3キリシマテンナンショウ4
葉には中肋に沿って白斑が入ることが多いそうですが、
この個体には入っていませんでした。

↓はテンナンショウの部位の名称です
キリシマテンナンショウ12
お花は仏炎苞の中の付属体の下の方にあります。

キリシマテンナンショウの付属体は白くて太いこん棒状で、下端切形
4キリシマテンナンショウ6-7-1
(真ん中の写真)舷部の長さは筒部よりも長かったです。

成長過程において後頭部に何かがあった模様・・・少々凹んでおりますが・・・

(右端の写真)仏炎苞の口縁(口辺部)は斜め切形で反曲しない様子です。

中を覗かせてもらいました。
子房と柱頭が並んでいるので雌花のようです。
黒く見えるのは、中で虫がお亡くなりになっている姿です。
5キリシマテンナンショウ8

テンナンショウの仲間は(一部を除き)雌雄異株なので
雄株、雌株(まれに両性花の株)とあります。

若いうちの栄養状態が良くない時は雄株で、
株が育ってくると雌株になる(性転換をする)そうです。

花はにおいで虫を誘うそうですが、花に虫が入った後、上からは出難い構造になっていて
虫は下方にある穴から抜け出します。

しかし穴があるのは雄株だけ。

雌株には穴は無く、虫は出て行けずに花の中で死んでしまうそう。

受粉するための仕組みなのだとか・・・虫も命がけですよね。 
スポンサーサイト
編集[管理者用] Trackback(0) 
2015.05.01/ 23:59(Fri)
4月28日は天気予報では雨になりそうでした。

それでもこの日は登りたい山があったのであきらめきれず、
その周辺まで行ってみました。

初めての山なので天気が不安定な日にはちょっとですね・・・・。

少しだけ登ってみて我慢して、後日に回したのですが
とりあえずその日はこの花に会えたのでOKとしときました。


ヤマシャクヤク(山芍薬) ボタン科ボタン属
本州(関東以西)、四国、九州に分布  花期4~6月
山地の林下に生える多年草です
1ヤマシャクヤク3

2ヤマシャクヤク35
まだ乙女という感じです。 雄しべの葯がくるっとして可愛い。
3ヤマシャクヤク11
こちらは熟女?
4ヤマシャクヤク31
林の中で風に揺れていました。
5ヤマシャクヤク20

この山には今日再チャレンジしてきましたが、
この写真の花達はもう散っていました。

他の所のは、まだ咲いていましたが、つくづく・・・今年は花が早いです。 
編集[管理者用] Trackback(0) 
2014.05.10/ 17:24(Sat)
エヒメアヤメ(愛媛菖蒲) アヤメ科アヤメ属

本州(中国地方西部)、四国、九州に分布
山地の草原に生えます。

日当たりのよい、草丈の低い草地に咲いていました。
エヒメアヤメ5
これは、ちょっと濃い色。
もう少し薄い色の方が多かったです。

蕾のようすです。
エヒメアヤメ2
上の写真の花が、そろって開花した姿が見たかったなぁ・・・
2回目に訪れた時には、もう花は終わっていました。

こうして見ると、普通のアヤメかな?でしょう?
エヒメアヤメ3

でも、大きさを見てびっくり


このくらいで~す。
エヒメアヤメ6
どのくらいの大きさをイメージされていましたか?
思われていたよりも、結構小さかったでしょ

ちなみに、こちらも同じ大きさくらいで花も似ていますが、別物です。
チリアヤメ
熊本市内の湧水池、江津湖を散歩していて見つけた
園芸品種のチリアヤメです。
誰かが植えたという場所でもなかったので、
園芸の為というか・・・“外来種”ってことになるのかな・・・。


別名タレユエソウ(誰故草)
誰のために(タレユエニ)可憐な花を咲かせるのか
という詠嘆(えいたん※感動を声に表すこと)の言葉に由来しているそうです。
エヒメアヤメ4
こんなに可愛いので、盗掘の被害に遭ってしまうんですよね
全国的にも自生場所が少なくて、絶滅が危惧されている植物です。
熊本県指定の植物なので、採取すると罰せられます。

育てたければ、ちょっと似ているチリアヤメを育てとけばいいのに・・・

花期は4~5月 多年草

撮影は4月27日~5月4日です。 
Genre: 趣味・実用 Theme: 草花 Category: 4月に会った花
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(6) 
2014.04.26/ 22:05(Sat)
今日は、とっても小さくて可愛いサクラソウの仲間です。

4月19日に撮影しました。

リュウキュウコザクラ(琉球小桜) サクラソウ科
本州(中国地方西部)、四国、九州、琉球に分布
1リュウキュウコザクラ3

アップにすると立派にサクラソウでしょう?
間から見えているガクも可愛い
2リュウキュウコザクラ1
3~4月の早春に咲く1~2年草です。

指と大きさを比べてみると、このくらいです。
3リュウキュウコザクラ (30)

高さは4~10cmくらいです。
4リュウキュウコザクラ2
花の付き方が変わってますよね。

ベビーベッドに取り付ける回転オルゴールのような・・・

こんな感じです。もう実になっていますね。
5リュウキュウコザクラ (46)

根生葉はロゼット状で、こじんまりとついています。
6リュウキュウコザクラ4

アップにしてみました。なかなか毛深いです。
7リュウキュウコザクラ5

8リュウキュウコザクラ (31)
背が低くて、か弱いので周りの草に埋もれてしまって
写真を撮るのが大変でした 
Genre: 趣味・実用 Theme: 草花 Category: 4月に会った花
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(6) 
2014.04.18/ 16:51(Fri)
レンプクソウは緑色で目立たない花ですが、
なかなか味のある形をしています。

4月6日撮影
レンプクソウ(連福草) 別名 ゴリンバナ  漢名 五福花
レンンプクソウ科レンプクソウ属 北海道~九州に分布 多年草
レンプクソウ1
別名や、漢名にあるように
茎先に小さな5個の花を横向きに4個、上向きに1個つけます。
小指の爪位の大きさかな・・・まぁ・・爪のサイズも色々ありますが

この時は娘が一緒に来れなかったので
サイズが分かり易いように比べている手の写真が無いのが残念

低い個体で6cm、背の高いものでも15cm位の大きさでした。
レンプクソウ5

根生葉は長柄があり、3~9個の小葉に分裂し、茎とほぼ同長。
茎葉は1対で対生し、3裂する。
・・・・・文字で読むと分かり難いしピンとこないですね
レンプクソウ3

パッと見、ケマンのような・・・セリのような・・・葉なのですが、
それがまた群生していると綺麗で目を引きました。

図鑑には
 本種はスイカズラ科のガマズミ属やニワトコ属に近縁であり、
 最近はこれらの属をレンプクソウ科に含めることがあるが、
 主に草本であることを重視して
 中国産のSinadoxaなどと共に独立の科とされることが多い。
 また、本種はかつては1種だけでレンプクソウ属を構成すると
 考えられていたが、現在は東アジアを中心に数種が認められている。
と書いてあります。

大分と熊本にはマンセンレンプクソウといわれるものもあるようですが、
レンプクソウと染色体が違うとか・・・見た目で判断できればいいけれど・・・う~む・・。

3月16日撮影 まだ葉が1枚出ただけです
レンプクソウ7

3月28日撮影 つぼみの写真です。
レンプクソウ6
5つの花が、まだギュッとしていますね。でも、もう並びがハッキリしています。

上向きの花は、4裂し、雄しべは8個
横向きの花は、5裂し、雄しべは10個あります。
レンプクソウ2

上向きの花だけ4裂っていうところが、
よくできてるなぁと感心するのですが、
(下から4枚来るのを上手く避けるつくりかな?と思うのです)
けど・・・隣りどうしは・・・ま、まぁそれは何枚でも当たるもんは当たりますもんね

こうしてみてみると、1枚目の写真もそうですが
5個一斉に開くのではなく、順に開くようです。

咲く場所は図鑑では、山地林内に生えると書いてありますが、
林の中でも、日当たりのいい土手でも見かけました。

4月上旬に花を咲かせ、5月下旬には地上部は枯れて休眠してしまう
スプリング・エフェメラルです。

レンプクソウ (26)

和名は、その昔、たまたま福寿草の根に
本種の長い地下茎がからまっているのを見た人が、
連福草と名づけたものといわれています。

ってことは、その時もし、他の根に絡まっていたら・・・
なんてこと、つい考えちゃいますよね



参考文献
『新牧野日本植物図鑑』北隆館 2008年、『身近な野草・雑草』主婦の友社 2011年
『野草検索図鑑』学習研究社 1985年 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(6) 
 
Copyright © 2017 ぱやんぷ一家参上, all rights reserved.
まとめ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。