http://payanpu.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

paya

Author:paya
野山に出かけて花を愛でるのが大好きな一家です。

訪問者

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
昨年の秋に会った外来種のお花のつづきです。


アカザカズラ  ツルムラサキ科アカザカズラ属
南アメリカ原産の多年草
5アカザカズラ22-11-2-3
オカワカメという名前で売ってあったりします。 結構美味しいです。 10月6日福岡県にて撮影
近所に民家も畑も無い所なのに、どこから来たのかな?


フウリンユキアサガオ(風鈴雪朝顔)  ヒルガオ科
中国原産の1年草     別名 アワユキヒルガオ
6フウリンユキアサガオ2-6-18-4
真っ白いお花が沢山ついていて、とっても奇麗でした。       10月12日宮崎県にて撮影


アレチイボクサ(荒地疣草)  ツユクサ科イボクサ属
新しい外来植物らしいです。
ネットに、一昨年名前が決まったことが載っていました。
7アレチイボクサ7-2-4
ムラサキツユクサのミニチュア版のようでした。    10月28日鹿児島県にて撮影


ノゲイトウ(野鶏頭)  ヒユ科ケイトウ属
熱帯アメリカ原産の1年草  花期 6~10月
8ノゲイトウ2-9
江戸時代に渡来したそうです。    11月6日大分県にて撮影


最後は・・・ニガクサみたいだけど、なんだか違うかも・・・?
ネットで調べるとニガクサにも外来種があるみたいです
9ニガクサ?26-4-18-20
以前会ったニガクサはこんな感じでした
9ニガクサ22
外来ニガクサ?の方は蕾の数が多く、ガンガン日が当たる場所で元気に咲いていました。
在来ニガクサの方は、花数が少なく、ひ弱な雰囲気。 林下の明るい影に生えていました。

ちゃんと比べられる写真が無かったので、また機会があれば写真を撮って来たいと思います。 
スポンサーサイト
編集[管理者用] Trackback(0) 
家の外に出ると周辺は帰化植物だらけなのですが、
我が家の近所ではあまり見かけない帰化植物さんなどや、たまたま写真を撮った物などです。


ナガボノウルシ(長穂野漆)  ナガボノウルシ科ナガボノウルシ属
熱帯アフリカ原産の1年草     田んぼの中に生えていました
1ナガボノウルシ1
何科か見当もつかず、当然名前も分からなくて図書館へ。
『ナガボノウルシ科』て名前と同じじゃそりゃ見当つかなくても仕方ない
1ナガボノウルシ5-8-9
しかも驚いたことに「1965年に熊本県玉名市で初めて採集」とのこと。 熊本が最初?
撮影は熊本市に隣接する嘉島町です。(9月4日撮影)
嘉島町は今まで他にも「外来種の・・・」でアップしたような花もあって、田畑が多いので
普通の道端で見るものとはまた違った外来種が入って来やすいのかな?と思います。

もう一つ驚いたのは、実はこれ食用になるそうな。 あまり食欲そそるフォルムではないなぁ



タマザキフタバムグラ(玉咲二葉葎)  アカネ科フタバムグラ属
鹿児島県に行った時に、道の駅の駐車場に生えていました
4タマザキフタバムグラ1-5
とにかく小さい小さいお花でした。     9月23日撮影


ウキアゼナ(浮畦菜)  ゴマノハグサ科(オオバコ科)ウキアゼナ属
北アメリカ原産の1年草  花期 秋     鹿児島県の田んぼにて
3ウキアゼナ4-27-6
熱帯魚用の水草として輸入したものが逸出したそうです。   9月24日撮影


ウォーターバコパ  ゴマノハグサ科(オオバコ科)ウキアゼナ属
アメリカ原産の多年草   大分県の湿地にて
ウォーターバコパ36-19-5
このお花も水草として輸入したものが逸出したようです。     8月27日撮影
誰かここに捨てたのかな・・・希少植物も生える所なのに、無責任なことするなぁ


ナルトサワギク(鳴門沢菊)  キク科キオン属
アフリカ南部マダガスカル原産の1年または多年草
2ナルトサワギク12-3
1976年に徳島県鳴門市で発見されたそうです。

見た目からはちょっと意外なのですが、
アルカロイドを含み有毒なため、家畜が食べたことによる中毒死の例もあるそうで
特定外来生物に指定されています。

9月24日鹿児島県の海岸近くにて撮影

もう1回つづきます  
編集[管理者用] Trackback(0) 
2016.12.21/ 17:07(Wed)
前回の残りで、2種です。  10月になると流石に花の種類も少ないですね・・・


アキノワスレグサ(秋の忘れ草 別名トキワカンゾウ)?  ススキノキ科(ユリ科)ワスレグサ属
九州南部に分布  花期 秋
アキノワスレグサ25-1
10月28日 鹿児島県にて撮影
ハマカンゾウやニシノハマカンゾウなど似ているお花が他にもあって、はたして正しいのかどうか・・・
すみません・・・全く自信がありません。間違っていましたら、どうかご教示ください



アカササゲ(赤豇豆、赤大角豆)  マメ科ササゲ属
九州(長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島)に分布  花期 9~10月
草地や林縁に生えるつる性の多年草です
アカササゲ2-11

アカササゲ34-18-7
10月1日 熊本県にて撮影
奇形じゃないんですよ。 もともとこういう形です。
以前、似たようなお花も一緒に載せていますので、よかったらこちらもご覧ください→秋の田を行く 
編集[管理者用] Trackback(0) 
2016.12.19/ 22:26(Mon)
年末が近づき、毎日目が回るほど忙しくて大変です

取り急ぎ少しずつだけでも・・・ってことで10月に福岡県で会ったお花を2種です。


ヤナギアザミ(柳薊)  キク科アザミ属
本州(山口県)、四国、九州に分布  花期 8~10月
山地の明るい草原に生える多年草です
ヤナギアザミ9-5-2-8
先日アップしたオイランアザミと比べると、なんと優しげな葉や総苞なんでしょう


カリガネソウ(雁金草)  シソ科(クマツヅラ科)カリガネソウ属
北海道、本州、四国、九州に分布  花期 8~9月
低山の林縁などに生える大型の多年草です
カリガネソウ69-21
初見のお花でした。  もうほぼ終わっていて、5輪しか残ってなかったけど、会えてよかった~。
カリガネソウ3-36-6-15
全草に強い臭気があるってことは図鑑でも読んでいたのですが、葉を千切ったりしていないのに
写真を撮る時に、気付かぬうちに葉に触れてしまっただけで、こんなにも臭うとは驚きでした。

名前の由来は花の姿が雁が飛んでいる様子に似ていることからだそうです。

撮影はどちらも10月7日です。 
編集[管理者用] Trackback(0) 
2016.11.11/ 11:26(Fri)
アケボノソウ(曙草)  リンドウ科センブリ属
北海道、本州、四国、九州に分布  花期 9~10月
山地の湿地や川のそばなど、湿り気のある所に生える多年草です
9アケボノソウ2-11-8
花冠(花弁)にある2つ並んだ丸い黄色い部分が蜜腺です。
アブの仲間かな?蜜を舐めに来ていました。


モロコシソウ(唐土草)  サクラソウ科オカトラノオ属
本州(関東地方南部以西)、四国、九州、沖縄に分布  花期 7~8月
暖地の海岸近くの常緑樹林内などに生える多年草です
10モロコシソウ35-23-18-4-9
撮影は鹿児島県ですが、以前熊本の内陸の山でも見かけました。
(石灰岩の山なので、昔は海だったなごり?)
その時はもう花は終わっていたので、お花が見れたのはこれが初めてです。


ヤマジノホトトギス(山路杜鵑草、山路油点草)  ユリ科ホトトギス属
北海道(西南部)、本州、四国、九州に分布  花期 8~10月
山野の林内や林縁に生える多年草です
11ヤマジノホトトギス15-9-4
花被片(花弁)が反り返らず、平開します。


ついでに10月に会ったお花ですが、ホトトギスも並べてご紹介

ホトトギス(杜鵑草)  ユリ科ホトトギス属
本州(関東地方以西)、四国、九州に分布  花期 9月下旬~10月
山地の林道沿いの崖などに生える多年草です
12ホトトギス20-17-4
こちらはヤマジノホトトギスのようには花被片(花弁)は平開しません。

熊本では会うことが出来なくて・・・珍しいのかと思いきや、
鹿児島県でまだ葉ばかりの時だけど沢山見かけました。

10月末に鹿児島に行った時に花に会えるかもと、凄く期待していたのですが・・・
花期が過ぎていました。 会えたのは写真に写っているほんの少しだけ。

宮崎県でも会えましたが、その時は少し時期が早くて、これまた少しだけ

沢山咲いている姿が見たいなぁ~。 
編集[管理者用] Trackback(0) 
 
Copyright © 2017 ぱやんぷ一家参上, all rights reserved.
まとめ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。