http://payanpu.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

paya

Author:paya
野山に出かけて花を愛でるのが大好きな一家です。

訪問者

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
2017.02.10/ 23:16(Fri)
今回のは名前に“ラン”がついていますが、お花ではなくシダの仲間です。

マツバラン(松葉蘭)  マツバラン科マツバラン属
本州(東北地方中部以南)、四国、九州、沖縄に分布
樹上、岩上に着生、時に地面からも生える多年生常緑のシダ植物です
1マツバラン6
シダ植物中、原始的なシダなのだそうです。

去年の10月初め~11月末までの2ヵ月間に4ヶ所で出会いました。
竹林の地面から生えていたり
2マツバラン6?
樹上に生えていたり
3マツバラン1
渓谷の朽ちた樹に生える苔の中から生えていたり
4マツバラン3
岩から生えていたり
5マツバラン58
湿った所でも、乾いた所でも。
図鑑には「南に行くほど岩の上につく傾向がある」と載っていました。
6マツバラン12-34-61
岩からといっても、岩から直接ではなく割れ目とか穴から生えています。

根も葉も無く、茎だけの植物だそうで、
「根茎(地下茎)は褐色の仮根を密生し、径1~2mmで2叉状に分かれ、糸状菌が共生している」

「地上茎は2叉に数回分枝し、緑色で無毛」
8マツバラン13
「直立することも斜めに下垂することもあり、茎は束生し、長さ10~40cm」
7マツバラン45
「体はかたく、径1~1.5mmの細い棒状で、三稜線がはっきりしていて
 鱗片状の小さな突起がまばらに互生する」
9マツバラン48
「単体胞子嚢群は鱗片状の小さな突起のもとにつき直径1.5~2mm
 球形で3室に分かれ、はじめは緑色、熟すと黄色~黄褐色になる」
10マツバラン37-41
名前の由来は「姿が線形であることと、四季を通じて緑であることからついた」そうで、
姿形から『ホウキラン』という別名もあるそうです。

「江戸時代には枝のうねり方や分かれ方、色の相違などを基にして多数の園芸品種があり愛玩され、
 現在でも園芸目的で採取されることが多く、
 九州本土以北では大形の個体は手の届く範囲にはほとんど残されていない」のだそうです。

確かに、手の届く所に大きな個体はありませんでした


参考文献
『新牧野日本植物図鑑』北隆館 平成20年
『レッドデータプランツ』山と渓谷社 2003年
『野草検索図鑑 8 シダ』学習研究社 1985年 
スポンサーサイト
編集[管理者用] Trackback(0) 
2016.12.31/ 22:12(Sat)
父ちゃんが育てた(過去)と育てている多肉植物です。
かあちゃんはこの日は忙しいのです。
多肉で好きなものは主にエケべリア・ダドレア・セダム・アカベです。
単にエケべリアといっても好きだったものが50種近くあり、
日本に入ってきてないものがまだ無限にあると思います。
1.jpg
301.png
最初はエレガンスです。茎が長いものは5年くらい経ってます。青いバラの花みたいに奇麗です。
302.jpg
これは寄せ植えで、コニファ-と一緒で常にカラフルを追求します。土はまったく
見えないように植え込みます。
ただ半年くらいしか維持できず、沢山の品種を育てていると更新や植え替えにはうんざりします。
これは鉢幅は20㎝くらいあります。
303.jpg
800.jpg
これらは一例ですが、なるべく色んな品種を親株の脇芽や葉っぱから芽を出させて育てて使いました。
309.jpg
センペルビウムも沢山の種類があり、これはダドレアとセンペルビウム主体の鉢です。鉢幅30㎝です。
308.jpg
これは、タキタスベルスで花がとても奇麗です。基本花を見る場合には1種をメインにします。
560.jpg
パ-ルフォンニュルンベルグとセダムです。
570.jpg
トップスプレンダ-、バイネシ-、神刀等です。
501.jpg
セネキオの青が好きです。まだまだたくさん載せたのですが。このあたりで。
330.jpg
316.jpg
最後は、アカベ属の多線ペンキ笹の雪です。下の鉢は上のピンク鉢の3倍あります。
アカベ属は色彩豊かなものや希少品種だと価格が数万から数十万します。
これらは、超安価な子株を購入し、すべて数年から数十年かけてちっちゃな芽から育てたものです。
ホームセンターとかではまったく見かけたことはありません。
多肉自体は、最大時で200鉢くらいを育てていましたが会社員なんかやってると時間が無い。
売るわけではないのに、どうしてそんなに惹かれるのというくらい素敵な植物だと思います。
高校で経験したガラス温室の全自動の設備を持っていて、
もっと自由な時間があれば、これらの管理にひたりたいと思いますが、ほかにすることがいっぱいで、
ここ数年は鉢替えはなるべくせず、水かけのみの管理でなるべく大きく育たないようにやってます。
なるべくちっちゃな鉢の寄せ植えで沢山の種類を育てれば、多肉はおもしろいですょ。
やってみてください。
今年も私どもブログにご訪問いただきほんとうに有難うございました。
来る年は、地震がなく、皆様に楽しいことがいっぱいの1年になりますようにお祈りいたします。

来年もよろしくお願い申し上げます。

どうぞ良いお年をお迎え下さい。 
編集[管理者用] Trackback(0) 
2016.10.03/ 23:18(Mon)
お花探しをしていると、虫にも会いますし、きのこにも会います。

地震があった4月14日に撮った物から、一昨日の10月1日までに会ったきのこです。

名前は、アミガサタケとサンコタケ以外は、全く判りません

先ずは、まとまって生えていたきのこさん達から・・・。
キノコ3

大きかったきのこさん達   右上は多分、アミガサタケではないかと・・・。
キノコ1

サンゴみたいなきのこさん達
キノコ2

ちょっと変わった形のきのこさん達   右下は冬虫夏草の一種ではないかと思います。
キノコ5
追記
上の写真のコップみたいな苔はスジチャダイゴケと判明しました。


カラフルなきのこさん達   右下はサンコタケ(これは以前も見たことあるので・・・)だと思います。
キノコ6

拙いブログですが、ご覧いただきありがとうございます。
今週は野暮用が多くて忙しいので、また更新やご訪問が滞りそうです
気持ちばかり焦る毎日です・・・。 
編集[管理者用] Trackback(0) 
2015.12.31/ 23:52(Thu)
今年の最後は、今の寒々しい風景とは
対照的な春爛漫の素敵なギボウシの写真を載せます。

数十年前から、実家の庭で育てているHostaギボウシ(数百株)の一部です。

1
ハルション‘Halcyon’(中型でブルーの灰色葉で美しい青色)
アルボマルギナータ‘Albo marginata’(中型で薄い緑の葉に周辺白い斑入 フォーチュネイ系)
カーニバルCarnival
カーニバル‘Carnival‘(大型で濃い緑の葉に周辺黄縁の斑入)
ジューン
ジューン‘June‘(濃い黄緑色に濃い緑のエッジが入る)
2
クリスマスツリー‘Christmas tree’(上 大型で濃い緑葉の縁に薄い黄色の斑入)
ラブパット‘Love Pat’(左 大型でブルーグレーの明るい葉色、特に葉が丸くカップ状になる トクダマ系)
ポールスグロリイ‘Paul's Glory’(右 薄い黄色の葉に周辺濃い青緑色の斑入)
グレートエクスペクテーション‘Great Expectations’(中央 黄か、黄緑色に濃い緑の斑入)
ウォルバーリン‘Wolverine’(上 細葉で青味がかった濃い灰緑色に周辺部黄緑色の斑が幅広く入る) 
ビッダティ
金星‘montana‘(大型で明るい色の斑入 大葉ギボウシ系)
ビッグダディ‘Big Daddy‘(大型で葉が丸くカップ状となり青色が濃い 大葉ギボウシ系)
サガエ
サガエ‘fluctuans Sagae‘(灰色がかった濃い緑葉に鮮明な黄色の斑入、
名前は山形県寒河江市に由来 フォーチュネイ系)
4
フランシスウイリアムズ‘Frances Williams‘(大型の青みがかった緑に黄緑の斑入 大葉ギボウシ系)
エルニーニョ
ワイドブリム‘Wide Brim‘(上中央 濃い緑にクリーム色の斑入ボールドリボンの交配種)
サムアンドサブスタンス‘Sum and Substance‘(左下 大型で明るい黄緑色の葉で葉の裏は銀色)
エルニーニョ‘El Nino‘(右 ハルションの芽変わりで青味がかった葉に白に近いクリーム色の斑入)

母ちゃんが主にやっているブログですが、暮れで忙しいため
今年も最後は、父ちゃんのアップになっちゃいました。

今年もつたないブログにご訪問いただき有難うございました。
来る年も、皆様に楽しいことがいっぱいの1年になりますようにお祈りいたします。

来年もよろしくお願い申し上げます。

どうぞ良いお年をお迎え下さい。
 
Category: 野草以外の花
編集[管理者用] Trackback(0) 
花ではありませんが、山で見かけたキノコとか・・・マムシ・・・です。

形が少々基本的なものとは違うようですが、多分、サンコタケだと思います。
11サンコタケ
まだ見ぬカエンタケと勘違いして、ビクビクしました


笹の根元にサンゴのような形のムラサキホウキタケが生えていました。
12ムラサキホウキタケ
指を比べている写真の手前に葉っぱが写り込んでしまって、分かり難くてすみません。
こんな写真でも、大体の大きさが分かられるかな・・・と思いまして。


こちらもサンゴみたいなハナビラタケです。
13ハナビラタケ
突然の雨に、父ちゃんはこの写真を撮った後、慌てて帰ってきました。


このキノコは名前がわかりませんでした。
(ブロ友さんから、ヒトヨタケの仲間とお教えいただきました。ありがとうございます
14今日のキノコ
右下の方に、もっと何倍も生えていたのですが・・・このくらいが可愛いですね。


林道を歩いていると、道脇にニョロさんが・・・


約10カ月ぶりにマムシとの遭遇でした。




15マムシ (1)

こっち見てるし・・・

踏まなくてよかった~ 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(10) 
 
Copyright © 2017 ぱやんぷ一家参上, all rights reserved.
まとめ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。